Reuters logo
〔マーケットアイ〕金利:国債先物は横ばい、長期金利-0.005%に上昇
2017年9月5日 / 06:20 / 2ヶ月前

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は横ばい、長期金利-0.005%に上昇

    [東京 5日 ロイター] - 
    <15:12> 国債先物は横ばい、長期金利-0.005%に上昇

    長期国債先物は横ばい。前日の米国市場が休場で外部環境からの手掛かりに乏しいな
か、国内要因を材料視した売買になった。10年債入札が弱めになったことを確認すると
、下落幅を拡大する場面があったが、リスク回避から日経平均株価が軟化すると、買い戻
しがやや優勢になった。
    
    現物債は中長期債が弱含む一方で、超長期債は強含みとなった。長期ゾーンは10年
債入札の影響と、日銀オペのオファー減額への警戒感が浮上していた。超長期ゾーンは出
遅れ修正となった30年債と40年債に一部生保や年金勢の買い観測が見られた。
    
    長期国債先物中心限月9月限の大引けは、前営業日比横ばいの151円22銭。10
年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比0.5bp上昇のマイナス0.005%。
    
    短期金融市場では、無担保コール翌日物はマイナス0.050─マイナス0.075
%を中心に取引された。中心レートは前日とほぼ同水準になった。レポ(現金担保付債券
貸借取引)GCT+1レートはマイナス0.106%とマイナス幅を拡大。TIBOR(
東京銀行間取引金利)3カ月物は0.056%と横ばい。ユーロ円3カ月金利先物は閑散
。
    
    
 TRADEWEB                            
        OFFER   BID     前日比  時間
 2年    -0.162  -0.153   0.005  13:15
 5年    -0.147  -0.138   0.003  14:59
 10年   -0.011  -0.003       0  14:59
 20年    0.515   0.524   -0.01  15:01
 30年    0.798   0.808   -0.01  14:59
 40年    1.005   1.016   -0.01  14:59
 
    <14:37> 超長期債利回りに低下圧力、30年債・40年債が6月の水準に低下
    
    超長期債利回りに低下圧力。30年債と40年債の各利回りが6月下旬の水準に低下
していることが目立つ。20年債利回りはすでに昨年12月の水準に低下しており、出遅
れていた30年債と40年債へのニーズが強まっているとみられている。市場では「一部
の生保や年金勢の需要ではないか。7日に30年債入札を控えているが、需給は引き締ま
る方向になるとの判断が働いているようだ」(国内証券)とみている。
    
    
 TRADEWEB                            
        OFFER   BID     前日比  時間
 2年    -0.162  -0.153   0.005  13:15
 5年    -0.143  -0.135   0.006  14:32
 10年   -0.011  -0.003       0  14:18
 20年    0.515   0.524   -0.01  14:32
 30年    0.798   0.808   -0.01  14:11
 40年    1.005   1.017   -0.01  14:31
 
    <13:01> 10年債入札は弱め、最高落札利回り昨年11月以来の低水準

    財務省が午後0時45分に発表した10年利付国債の入札結果で、最低落札価格は1
00円83銭(最高落札利回り0.016%)、平均落札価格は100円88銭(平均落
札利回り0.011%)となった。落札価格の平均と最低の開き(テール)は5銭と前月
債(1銭)から拡大した。応札倍率は3.95倍と前回(4.21倍)を下回った。
    
    最高落札利回りは昨年11月入札以来の低水準となり、テールは今年2月入札以来の
高水準に拡大した。
    
    JPモルガン証券・チーフ債券ストラテジストの山脇貴史氏は「入札結果は、最低落
札価格が市場の事前予想を下回り弱めになった。0%近辺の利回りでは、実需が限られた
ようだ」と分析した。
    
    入札結果を受けて、国債先物は弱含みで推移している。
    
    
 TRADEWEB                            
       OFFER   BID     前日比  時間
 2年   -0.163  -0.153   0.005   12:51
 5年   -0.142  -0.133   0.008   12:52
 10年  -0.006   0.001   0.001   12:49
 20年   0.526   0.536   0.006   12:48
 30年    0.81    0.82   0.002   12:51
 40年   1.019   1.032   0.006   12:52
 
    <11:36> 10年債入札の最低落札価格、100円86─87銭付近か
    
    財務省が午後0時45分に発表する10年利付国債(利率0.10%)の入札結果で
、最低落札価格は100円87銭─100円88銭付近になるとの見方が出ている。
    入札の新発10年債は午前、0.010%で出合いを付けた後、0.010%(オフ
ァー)─0.015%(ビッド)の気配で取引を終えた。価格に引き直すと、100円9
0銭(オファー)─100円85銭(ビッド)付近になる。
    低い利回り水準で投資家の実需に懸念があり、テールがやや流れる可能性があるとの
指摘がある一方、「前引けにかけて買いが入ったことを踏まえると、弱い結果にならない
のではないか」(証券)として、市場の見方が割れている。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.16  -0.1  0.00  11:
 年      3    53     5   00
 5   -0.14  -0.1  0.00  11:
 年      3    35     6   00
 10  -0.01  -0.0  -0.0  10:
 年      1    03    03   59
 20  0.521  0.53     0  10:
 年                      49
 30  0.806  0.81  -0.0  11:
 年            7    01   00
 40  1.015  1.02  0.00  11:
 年            7     1   00
 
    
    <11:02> 国債先物が小幅安で前引け、長期金利は-0.005に上昇
    
    国債先物中心限月9月限は前日比1銭安の151円21銭と下落して午前の取引を終
えた。前日の米国市場が休場で外部環境からの手掛かりに乏しい中、10年債入札に備え
た調整圧力に押されて売りが先行し、一時151円15銭まで水準を下げた。ただ、下値
を売る動きは見られず、朝方の売り一巡後は小幅安水準での推移が続いた。
    現物市場は、閑散取引のなか軟調。入札に絡んだ持ち高調整主体の動きとなった。1
0年最長期国債利回り(長期金利)は一時前日比1bp高い0%に上昇したが、その後マ
イナス0.005%まで水準を戻した。
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.05─マイナス0.075%中
心に取引された。全般に落ち着いた取引で、加重平均レートは前日(マイナス0.064
%)並みで推移しているもよう。ユーロ円3カ月金利先物は出合い難。
    
 TRADEWEB                                      
          OFFER     BID       前日比   時間
 2年        -0.163    -0.153    0.005     11:00
 5年        -0.143    -0.135    0.006     11:00
 10年       -0.011    -0.003   -0.003     10:59
 20年        0.521      0.53        0     10:49
 30年        0.806     0.817   -0.001     11:00
 40年        1.015     1.027    0.001     11:00
 
    
   <10:30> 財務省が10年債入札を通告、業者主導の応札か

    財務省は午前10時半、10年債入札を通告した。利率0.1%、発行予定額2兆3
000億円、発行日9月20日で、348回債の新規発行債となった。
    入札は、低い利回り水準で投資家需要が懸念されており、業者主導の応札になるとみ
られている。北朝鮮情勢を巡る地政学リスク、米政権の政策運営への懸念など、債券買い
を促す材料は健在。「テールがやや流れる可能性もあるが、入札をきっかけに相場が大き
く崩れることはないだろう」(証券)とみられている。
    
 TRADEWEB                                 
        OFFER     BID      前日比  時間
 2年      -0.163   -0.154   0.004     9:12
 5年      -0.142   -0.134   0.007    10:29
 10年     -0.006        0       0    10:30
 20年      0.521    0.531   0.001    10:17
 30年       0.81    0.819   0.001    10:30
 40年      1.016    1.027   0.001    10:30
 
    
   <09:03> 国債先物は下落スタート、10年債入札に警戒感
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比6銭安の151円16銭と下落して寄り付いた
。前日の米国市場が休場で外部環境からの手掛かりに乏しい中、10年債入札に備えた調
整圧力に押されて売りが先行した。現物市場では10年最長期国債利回り(長期金利)が
同1bp高い0.000%を付けた。
    
    市場では「現行の低い利回り水準で10年債を新規に買う投資家は限られるだろう。
入札は他年限との入れ替え需要などが中心とみられ、上値を追いづらい展開になるのでは
ないか」(証券)との声が出ている。
    
 TRADEWEB                               
       OFFER    BID      前日比  時間
 2年    -0.164   -0.154   0.004     8:56
 5年    -0.141   -0.132   0.009     9:03
 10年   -0.006    0.002   0.002     9:02
 20年    0.525    0.536   0.006     9:02
 30年     0.81    0.822   0.004     9:03
 40年    1.016    1.031   0.005     9:02
 

    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below