Reuters logo
〔マーケットアイ〕金利:超長期債利回りに上昇圧力、あすの40年債入札向け調整 
2017年9月25日 / 07:51 / 3ヶ月前

〔マーケットアイ〕金利:超長期債利回りに上昇圧力、あすの40年債入札向け調整 

    [東京 25日 ロイター] - 
    <16:45> 超長期債利回りに上昇圧力、あすの40年債入札向け調整 
    
    夕方の取引に入り、超長期債利回りに上昇圧力がかかっている。日中取引では動意薄の状況で推移して
いた。市場では「あすの40年債入札を控えて、ようやく持ち高調整が入ったもようだ。前回7月債の応募
者利回りが1.045%だったので、足元の1.035%からもう一段の金利上昇も期待できる状況になっ
た」(国内金融機関)という。調整が進むことで一定の需要が喚起でき、入札は無難に通過するとみられて
いる。
   
 TRADEWEB                              
        OFFER    BID      前日比  時間
 2年     -0.145   -0.136       0  16:03
 5年     -0.118    -0.11       0  16:39
 10年     0.021    0.026   0.002  16:39
 20年     0.542    0.549   0.004  16:39
 30年     0.817    0.824   0.002  16:39
 40年     1.026    1.033   0.004  16:22
 
    
    <15:13> 国債先物は小反落、長期金利変わらず0.020%

    長期国債先物は小反落。22日の米債高を手掛かりにした買いが先行したのち、期末を控えてポジショ
ンを動かしにくい投資家が多くなり上値が抑えられた。現物債は日銀の国債買い入れオペで利回り格差の水
準がしっかりだったが、反応は乏しかった。
    
    24日の独連邦議会(下院)選では、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU
)が第1党の座を維持したが、材料視されなかった。
    政府は9月の月例経済報告で「景気は緩やかな回復基調が続いている」との判断を据え置いた。また、
黒田東彦日銀総裁は25日午後、大阪で講演し、「現実の物価が上がれば期待インフレ率が高まり、物価2
%に次第に高まっていく」などと発言したが、いずれも影響は限られた。
    
    長期国債先物中心限月12月限の大引けは、前営業日比1銭安の150円84銭。10年最長期国債利
回り(長期金利)は前営業日比変わらずの0.020%。
    
    短期金融市場では、無担保コール翌日物はマイナス0.030─マイナス0.070%を中心に取引さ
れた。一部金融機関の資金調達意欲がしっかりと示された。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レ
ートはマイナス0.065%とマイナス幅を拡大。TIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.05
6%と横ばい。3カ月物国庫短期証券(710回)は強含み。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。
    
 TRADEWEB                             
        OFFER   BID     前日比  時間
 2年    -0.147  -0.138       0   15:01
 5年    -0.119  -0.111       0   15:05
 10年    0.017   0.024       0   14:59
 20年    0.541   0.548   0.003   15:03
 30年    0.814   0.823   0.001   14:58
 40年     1.02   1.031   0.002   15:03
 
   <14:03> 40年債が横ばいで寄り付く、入札前の調整みられず
    
    40年債が横ばいで寄り付く。40年債はあす入札日を迎えるが、足元では前営業日比変わらずの1.
025%で推移している。市場では「入札へ向けて調整が欲しいところだが、節目の1%を超えていれば一
定の需要を確保できるとの見方が多いようだ。今週は超長期ゾーンを対象にした日銀オペが2営業日で入る
ことも市場参加者の心理を強気にさせているもよう」(国内証券)との見方がある。
    
    
 TRADEWEB                              
        OFFER   BID      前日比  時間
 2年    -0.146   -0.137       0   12:30
 5年    -0.119   -0.111       0   13:46
 10年    0.016    0.023       0   13:55
 20年    0.539    0.547   0.002   13:55
 30年    0.813    0.822       0   13:55
 40年     1.02    1.031   0.002   13:35
 
    <12:58> 国債先物はもみあい、安倍首相の会見待ち
    
    国債先物はもみあい。中心限月12月限は前引け水準の150円89銭近辺で推移している。日銀の国
債買い入れオペで応札倍率は3本とも前回から上昇したが、利回り格差の水準がしっかりだったため、先物
の上昇幅拡大を見込む声があった。市場では「中長期ゾーンにも反応がみられていないことから判断して、
期末を控えてポジションを動かしにくい投資家が増えるなか、夕方に予定されている安倍晋三首相の会見待
ちというところだろう」(国内証券)とみている。
    
    
 TRADEWEB                            
        OFFER   BID     前日比  時間
 2年    -0.146  -0.137       0  12:30
 5年     -0.12  -0.113   -0.01  12:53
 10年    0.016   0.024       0  12:53
 20年    0.536   0.544       0  12:53
 30年     0.81   0.819       0  12:53
 40年    1.016   1.028       0  12:53
 
    <11:06> 国債先物が続伸で前引け、長期金利は横ばい0.020%
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比4銭高の150円89銭と続伸して午前の取引を終えた。前週
末の海外市場で、北朝鮮情勢の緊張で地政学リスクが高まり、米債が上昇したことを受けて買いが先行。日
銀が通告した中期と長期を対象とする国債買い入れで、需給が引き締まるとの思惑も買い安心感を誘った。
ただ、期末を控えてポジションを動かしにくく、買い一巡後は狭いレンジでの値動きが続いた。
    現物市場は底堅い。日銀買い入れに絡んだ持ち高調整主体の値動き。10年最長期国債利回り(長期金
利)は同横ばいの0.020%で推移。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.03─マイナス0.07%を中心に取引さ
れた。週末要因が剥落したが、前週末同様に一部金融機関の資金調達意欲がしっかりと示され、加重平均レ
ートは前週末(マイナス0.046%)並みか、前週末をやや上回って推移しているもよう。ユーロ円3カ
月金利先物は小動き。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.14  -0.1  -0.0  11:
 年      7    37    02   00
 5   -0.12  -0.1  -0.0  10:
 年      1    13    06   54
 10  0.013  0.02  -0.0  11:
 年            1    03   00
 20  0.535  0.54  -0.0  10:
 年            3    02   59
 30   0.81  0.81  -0.0  10:
 年            9    03   14
 40  1.015  1.02  -0.0  11:
 年            7    02   00
 
    
     <10:11> 日銀が中期・長期の国債買入を通告、金額は据え置き
  
    日銀は午前10時10分に国債買い入れを通告した。対象は「残存1年超3年以下」(買入予定額28
00億円)、「残存3年超5年以下」(同3000億円)、「残存5年超10年以下」(同4100億円)
。買入予定額はいずれも前回から据え置かれた。
    
    日銀買い入れは予定通り。国債先物中心限月12月限は150円80銭台後半で推移している。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.14  -0.1  -0.0  9:3
 年      5    36    01    8
 5   -0.12  -0.1  -0.0  10:
 年           12    05   10
 10  0.017  0.02     0  10:
 年            4         10
 20  0.535  0.54  -0.0  10:
 年            3    02   10
 30   0.81  0.81  -0.0  10:
 年            9    03   10
 40  1.014  1.02  -0.0  10:
 年            5    04   10
 
    
    <11:05> 国債先物が続伸で寄り付く、米債高や日銀買い入れ期待で

    国債先物中心限月12月限は、前営業日比5銭高の150円90銭と続伸で寄り付いた。前週末の海外
市場で、北朝鮮情勢の緊張で地政学リスクが高まり、米債が買われた流れを引き継いだ。また、日銀が中期
と長期を対象に国債買い入れを通告する予定であることも買い安心感を誘った。
    
    25日付読売新聞朝刊は、安倍晋三首相が同日開催される経済財政諮問会議で、消費税の増収分の使途
変更を表明した上で、2兆円規模の新たな経済対策を年内に策定するよう関係閣僚に指示する方針と報じた
。
    
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券・シニア債券ストラテジストの稲留克俊氏は、「本来であれば、
財政規律の緩みは円債市場の売り材料だが、報道があったにもかかわらず、朝方に買われて取引が始まった
のは、日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策の影響が大きいからだろう。財政問題のチェッ
ク機能が働かないことは、大きな問題だ。仮に経済対策2兆円規模の財源を国債の新規発行で対応するにし
ても、前倒し債があるので、カレンダーベースの市中発行額が増える可能性は小さいだろう」との見方を示
した。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.14  -0.1  -0.0  8:5
 年      6    37    02    3
 5   -0.12  -0.1  -0.0  9:0
 年           13    06    1
 10  0.013  0.02  -0.0  8:5
 年            1    03    3
 20  0.533  0.54  -0.0  8:5
 年            1    04    3
 30  0.807  0.81  -0.0  9:0
 年            7    05    4
 40  1.014  1.02  -0.0  9:0
 年            6    03    0
 
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below