Reuters logo
〔マーケットアイ〕金利:40年債入札結果は強め、業者の在庫需要も
2017年9月26日 / 04:18 / 3ヶ月前

〔マーケットアイ〕金利:40年債入札結果は強め、業者の在庫需要も

    [東京 26日 ロイター] - 
     <13:09> 40年債入札結果は強め、業者の在庫需要も
    
    財務省が午後0時45分に発表した40年利付国債の入札結果(利率0.9%)で、
応募者利回りは1.015%(発行価格は96円27銭)となった。
    応札倍率は3.24倍と前回(3.20倍)を小幅上回った。
    市場では、入札結果について「応募者利回りは事前予想を下回り、強めの内容。カー
ブ上のバランスとして一定の妙味があることに加えて、27日と29日に超長期対象の日
銀買い入れがある。在庫確保を目的にした業者の需要に支えられたのだろう」(証券)と
の見方が出ている。
    
    現物長期・超長期ゾーンは底堅く推移。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変
わらずの0.020%を付けた。l
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.14  -0.1  0.00  13:
 年      4    35     3   01
 5   -0.12  -0.1  -0.0  12:
 年      2    14    03   52
 10  0.017  0.02     0  12:
 年            4         51
 20  0.537  0.54  -0.0  13:
 年            5    03   07
 30  0.817  0.82  0.00  13:
 年            6     3   09
 40  1.023  1.03  0.00  13:
 年            5     4   07
 

    
    <11:07> 国債先物が反発、指標10年348回債は取引不成立
    
    国債先物は反発して午前の取引を終えた。25日の米債高に加え、北朝鮮情勢の緊迫
化が材料視されて短期筋からの買いが先行した。ただ、40年債入札を前にしたヘッジが
上値を抑える展開になった。現物債は入札を控えた超長期ゾーンが調整地合いになった。
他のゾーンは動意薄。入札は金利の絶対値が評価されて無難に通過するとみられている。
    
    日銀が26日公表した7月19、20日開催の金融政策決定会合議事要旨の主な内容
では、大方の委員が「2%の物価安定目標に向けたモメンタムは維持されているとの認識
共有」、1人の委員が「長期金利ゼロ%程度の範囲、狭く解釈するとコントロールが難し
くなる可能性」などの発言があったが、相場への影響は限られた。

    長期国債先物中心限月12月限の前引けは、前営業日比4銭高の150円88銭。指
標10年348回債は取引が成立しなかった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.035─マイナス0.065%
付近を中心に取引された。金融機関の資金の取り意欲に差が出たことで中心レートのレン
ジはワイドになった。日銀は7日物の米ドル資金供給オペをオファーした。ユーロ円3カ
月金利先物は小高い。
    
    
 TRADEWEB                              
        OFFER   BID      前日比  時間
 2年    -0.144   -0.135   0.003   10:43
 5年    -0.122   -0.114       0   10:57
 10年    0.017    0.024       0   11:00
 20年    0.543    0.551   0.003   11:00
 30年    0.822    0.831   0.008   11:00
 40年     1.03    1.041    0.01   11:00
 
    <10:36> 40年債入札を通告、金利の絶対値評価で一定需要見込む
    
    財務省は午前10時半、40年債入札を通告した。発行額5000億円程度で、第1
0回債のリオープンで発行される。
    前日夕方の取引から持ち高調整を継続させているため、一定の需要を集めて無難に通
過するとの見方が多い。「利回りが1%を上回る水準にあるのは40年債だけで、金利の
絶対値には投資妙味がある。また、今週は27日と29日の2営業日で超長期ゾーンを対
象にした日銀オペが予定されていることも市場参加者の心理を強気にさせそうだ」(国内
証券)とみている。
    
    
 TRADEWEB                           
        OFFER   BID     前日   時間
                        比     
 2年    -0.144  -0.135  0.003  10:30
 5年    -0.121  -0.114      0  10:09
 10年    0.018   0.025  0.001  10:28
 20年    0.547   0.554  0.006  10:23
 30年    0.825   0.833   0.01  10:32
 40年    1.032   1.042  0.011  10:32
 
    <08:53> 国債先物が小反発で寄り付く、40年債入札前のヘッジ上値抑える

    国債先物中心限月12月限は、前営業日比1銭高の150円85銭と小反発で寄り付
いた。その後は売買が交錯してもみあい。市場では「25日の米債高に加え、北朝鮮情勢
の緊迫化が材料視されて短期筋からの買いが先行したが、40年債入札を前にしたヘッジ
が上値を抑えている」(国内証券)との指摘がある。
    
 TRADEWEB                             
        OFFER   BID      前日比  時間
 2年    -0.145   -0.134   0.004   8:45
 5年    -0.122   -0.115       0   8:47
 10年    0.016    0.024       0   8:47
 20年    0.541    0.549   0.001   8:44
 30年    0.817    0.827   0.004   8:47
 40年    1.025    1.036   0.005   8:48
 
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below