June 12, 2018 / 9:17 AM / 8 days ago

〔マーケットアイ〕金利:夜間国債先物は小動き、米大統領会見に動意薄

    [東京 12日 ロイター] -  
    <18:15> 夜間国債先物は小動き、米大統領会見に動意薄
    
    夜間取引の序盤で長期国債先物は小動き。9月限は日中取引の大引けを1銭上回る150円60銭近辺
で推移している。
    
    史上初となる米朝首脳会談を終えたトランプ米大統領は記者会見で、「非核化の検証について金委員長
と協議した」「検証は米国など国際的なチームで実施する」と発言したが、「非核化には長い時間がかかる
」とした。足元の相場への影響は限られている。
    
   
 TRADEWEB                                          
           OFFER    BID        前日比       時間
 2年        -0.139     -0.128            0    18:10
 5年        -0.109     -0.098        0.003    18:10
 10年        0.039       0.05        0.005    18:10
 20年        0.514      0.525        0.006    18:10
 30年        0.719       0.73         0.01    18:10
 40年         0.87      0.881         0.01    18:10
 
    <15:13> 国債先物が小幅下落、米朝首脳文書署名の影響限られる
    
    長期国債先物は小幅下落して引けた。前日の米債安や東京市場での円安・株高が影響して売り優勢の展
開。9月限は午前、出来高ベースで6月限を上回った。この結果、中心限月は6月限から9月限に事実上移
行した。現物債市場では先物安に連動して金利が小幅上昇した。流動性供給(対象:残存5年超15.5年
以下)の入札はショートカバー需要で無難な結果に収まった。
    
    史上初となる米朝首脳会談に関しては、米朝首脳が文書に署名し、トランプ米大統領は「非核化の手続
きを非常に早急に開始する見込み」「誰もが予想したよりはるかに良い成果」と発言した。ただ、相場への
影響は限られている。 
    
    長期国債先物中心限月9月限の大引けは、前営業日比5銭安の150円59銭。10年最長期国債利回
り(長期金利)は前営業日比0.5bp上昇0.045%。
    
    短期金融市場では、無担保コール翌日物はマイナス0.055─マイナス0.086%を中心に取引さ
れた。準備預金の積み終盤にかかり、資金調達意欲がやや強めになった。レポ(現金担保付債券貸借取引)
GCT+1レートはマイナス0.086%とマイナス幅を縮小した。TIBOR(東京銀行間取引金利)3
カ月物は0.078%と横ばい。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。
    
    
 TRADEWEB                                       
           OFFER     BID        前日比    時間
 2年         -0.136     -0.128         0   15:06
 5年         -0.106     -0.098     0.003   15:04
 10年         0.042       0.05     0.005   15:06
 20年         0.517      0.524     0.005   15:10
 30年         0.721       0.73      0.01   15:10
 40年         0.873      0.882     0.011   15:10
 
    <12:45> 流動性供給入札は無難な結果、ショートカバー需要

    財務省が午後0時35分に発表した流動性供給(対象:残存5年超15.5年以下)の入札結果は、最
大利回り格差がマイナス0.002%、平均利回り格差がマイナス0.003%。
    応札倍率は3.03倍と前回(3.36倍)をやや下回った。
    
    市場では、入札結果について無難と評価したうえで「応札倍率は前回を下回ったが、3倍台を維持した
ことに加え、利回り格差の水準はやや強くなった。業者のショートカバー需要があったのだろう」(国内証
券)との見方がある。
    
    国債先物は小幅安。入札結果に対して目立った反応が出ていない。
    
    
 TRADEWEB                                      
          OFFER      BID      前日比    時間
 2年         -0.136   -0.128         0     9:28
 5年         -0.108   -0.101         0    12:38
 10年         0.041    0.048     0.003    12:36
 20年         0.513    0.521     0.002    12:37
 30年         0.718    0.726     0.006    12:31
 40年         0.869    0.878     0.007    12:30
 
    <11:10> 国債先物が小幅安で前引け、長期金利は0.045%に上昇
    
    国債先物中心限月9月限は前日比1銭安の150円63銭と小幅安で午前の取引を終えた。前日の米債
安を受けて売りが先行。東京市場で円安・株高が進んだことも上値を重くした。もっとも、史上初となる米
朝首脳会談の行方を見極めたいとして積極的な取引が手控えられ、狭いレンジでの値動きとなった。
    9月限は午前、出来高ベースで18年6月限を上回った。この結果、中心限月は6月限から9月限に事
実上移行した。
    現物市場は閑散。長期・超長期ゾーンに調整売りが出た。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0
.5bp高い0.045%に上昇した。財務省は午前10時半、流動性供給(対象:残存5年超15.5年
以下)入札を通告した。ショートカバー需要などで無難な結果が見込まれている。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.055─マイナス0.086%を中心に取
引された。15日の準備預金積み最終日が接近し、前日に比べて資金調達意欲がやや強めだが、マイナス0
.08%台での取引が多く、加重平均レートは前日(マイナス0.071%)並みで推移しているもよう。
ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.13  -0.1     0  9:2
 年      6    28          8
 5   -0.10  -0.1     0  11:
 年      9    01         00
 10  0.041  0.04  0.00  11:
 年            8     3   01
 20  0.513  0.52  0.00  11:
 年            1     2   00
 30  0.718  0.72  0.00  10:
 年            6     6   45
 40  0.871  0.88  0.00  11:
 年                  9   00
 
    
    <10:22> 国債先物は小動き、米朝の両首脳握手に反応見られず
    
    国債先物は小動き。米朝首脳会談の冒頭、両首脳が握手を交わしたが、目立った反応は出ていない。市
場では、「朝方は円安・株高方向に振れた。会談を通じて、北朝鮮情勢をめぐる地政学リスクが大きく後退
すれば、リスクオン方向の材料だろうが、ある程度の内容は織り込み済み。北朝鮮の現体制維持と朝鮮半島
の非核化に向け、具体性と実効性を見極めるまでは、各市場とも大きく動くこともないだろう」(国内金融
機関)との声が出ている。
    中心限月9月限は150円60銭台前半の小幅安水準で推移。現物は閑散取引。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.13  -0.1     0  9:2
 年      6    28          8
 5   -0.11  -0.1  -0.0  10:
 年           03    02   15
 10  0.038  0.04  0.00  10:
 年            6     1   00
 20  0.514  0.52  0.00  10:
 年            1     2   21
 30  0.718  0.72  0.00  9:2
 年            6     6    9
 40  0.868  0.87  0.00  10:
 年            7     6   01
 
    
    <10:01> 国債先物が事実上の限月交代、出来高で9月限が6月限を逆転
    
    国債先物18年9月限は午前、出来高ベースで18年6月限を上回った。この結果、中心限月は6月限
から9月限に事実上移行した。中心限月となった9月限は前日終値(150円64銭)付近で推移している
。
    
    市場では、「6月限の建玉が前週後半まで10兆円超と高水準に上っていたため、一部で限月交代に絡
んで相場が不安定化するとの見方がくすぶっていたが、次限月へのロールも順調に進んだようだ。米朝首脳
会談、日米欧の金融政策イベントと週末にかけて重要イベントが続くため、様子見ムードが強い」(証券)
との声が出ている。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.13  -0.1     0  9:2
 年      6    28          8
 5   -0.10  -0.1  -0.0  9:3
 年      9    02    01    8
 10  0.038  0.04  0.00  10:
 年            6     1   00
 20  0.513  0.52  0.00  10:
 年            1     2   01
 30  0.718  0.72  0.00  9:2
 年            6     6    9
 40  0.868  0.87  0.00  10:
 年            7     6   01
 
    
    <08:56> 国債先物は反落で寄り付く、売り先行後は米朝会談待ち
    
    国債先物中心限月6月限は、前営業日比5銭安の150円79銭と反落して寄り付いた。前日の海外市
場で、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて米債が下落した流れを引き継いで売りが先行。朝方の為
替市場が円安方向に振れていることも、国債先物の上値を重くしている。現物市場は閑散。
    市場では「売りが先行しているが、歴史的な米朝首脳会談を控えており、様子見ムードが強い。先物限
月交代に絡む持ち高調整も入っているようだ」(国内証券)との声が出ている。
 TRADEWEB                               
        OFFER    BID      前日比  時間
 2年     -0.138   -0.129  -0.001    8:46
 5年     -0.108     -0.1   0.001    8:53
 10年     0.042    0.049   0.004    8:55
 20年     0.517    0.525   0.006    8:55
 30年     0.722     0.73    0.01    8:55
 40年     0.872    0.881    0.01    8:55
 

    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below