June 28, 2018 / 3:55 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕金利:2年債入札結果は弱め、最低落札価格が事前予想を下回る

    [東京 28日 ロイター] - 
    <12:49> 2年債入札結果は弱め、最低落札価格が事前予想を下回る
    
    財務省が午後0時35分に発表した2年利付国債の入札結果で、最低落札価格は10
0円45銭5厘(最高落札利回り:マイナス0.127%)なった。平均落札価格は10
0円45銭8厘(平均落札利回り:マイナス0.128%)で、落札価格の平均と最低の
開き(テール)は3厘と前回(6厘)から縮小した。
    応札倍率は4.88倍で前回(4.91倍)を下回った。
    
    市場では「最低落札価格が事前予想を下回ったことから弱めの入札結果になった。イ
ールドカーブ上で割高感があったことが影響したもよう」(国内証券)との見方が出てい
る。
    
    
 TRADEWEB                                     
          OFFER     BID       前日比    時間
 2年        -0.135    -0.126     0.003   12:43
 5年        -0.117     -0.11         0   12:42
 10年        0.025     0.033         0   12:39
 20年        0.495     0.504     -0.01   12:42
 30年        0.703     0.711     -0.01   12:31
 40年        0.855     0.861     -0.01   12:31
 
    <11:07> 国債先物が小幅続伸で前引け、長期金利は横ばい0.030%
    
    国債先物中心限月9月限は前日比3銭高の150円86銭と小幅続伸で午前の取引を
終えた。前日の海外市場で、米中貿易摩擦への懸念から、安全資産とされる米債が買われ
た流れを引き継いだ。ただ、高値警戒感が浮上する中で、上値を買い進む動きは見られず
、その後は高値圏で膠着感が強い相場展開となった。
    現物市場は閑散。10年最長期国債利回り(長期金利)は同横ばいの0.030%で
推移した。
    財務省は午前10時半、2年債入札を通告した。発行予定額2兆1000億円、発行
日7月2日、利率0.1%。前日の日銀買い入れで応札額が膨らんだことで需給の緩みを
感じさせられたが、リスクオフムードや物価伸び悩みによる現行の日銀政策長期化などで
、金利先高観が後退しており、無難な結果が見込まれている。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.05─マイナス0.08
6%を中心に取引された。資金調達意欲が弱い状況が続いているが「前日に比べてビッド
の数がわずかの多め」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.13  -0.1  0.00  9:5
 年      6    28     1    1
 5   -0.11  -0.1  -0.0  10:
 年      7    09    01   59
 10  0.025  0.03  -0.0  10:
 年            3    01   48
 20  0.498  0.50  -0.0  11:
 年            6    04   00
 30  0.703  0.71  -0.0  11:
 年            2    04   00
 40  0.856  0.86  -0.0  10:
 年            3    08   01
 
    
    <10:30> 財務省が2年債入札を通告、リスクオフの流れや物価鈍化が追い風
    
    財務省は午前10時半、2年債入札を通告した。発行予定額2兆1000億円、発行
日7月2日、利率0.1%。
    
    前日に行われた残存1年超3年以下の日銀買い入れは、応札倍率が上昇するなど需給
の緩みも感じさせる結果となった。しかし「米中貿易摩擦の激化などを背景にしたリスク
オフムードが追い風。物価の伸び鈍化で、日銀の現行政策が長期化するとの思惑も加わっ
て、無難に通過するのではないか」(国内金融機関)との声が出ている。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.13  -0.1  0.00  9:5
 年      6    28     1    1
 5   -0.11  -0.1  -0.0  10:
 年      7     1    02   10
 10  0.025  0.03  -0.0  10:
 年            3    01   28
 20  0.498  0.50  -0.0  10:
 年            5    05   29
 30  0.703  0.71  -0.0  9:4
 年            1    05    8
 40  0.856  0.86  -0.0  10:
 年            3    08   01
 
    
    <08:55> 国債先物が小幅続伸で寄り付く、米通商政策への懸念で米債上昇
    
    国債先物中心限月9月限は、前営業日比4銭高の150円87銭と小幅続伸して寄り
付いた。前日の海外市場で、米通商政策への懸念が広がり、安全資産とされる米債が買わ
れた流れを引き継いだ。ただ、高値警戒感が浮上しており、上値を買い進む動きはみられ
ていない。
    市場では、「現物受渡ベースで月末の取引となるため、月末の年限長期化に向けた動
きがどの程度出てくるのかに注目したい」(証券)との声が出ている。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.13  -0.1     0  8:5
 年      7    29          3
 5   -0.11  -0.1  -0.0  8:5
 年      7     1    02    3
 10  0.023  0.03  -0.0  8:5
 年            1    03    4
 20  0.498  0.50  -0.0  8:4
 年            5    05    7
 30  0.705  0.71  -0.0  8:5
 年            4    02    0
 40  0.856  0.86  -0.0  8:4
 年            4    07    9
 

    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below