August 2, 2018 / 7:04 AM / 14 days ago

〔マーケットアイ〕金利:夜間国債先物は底堅い、日銀オペ結果を材料視

    [東京 2日 ロイター] - 
    <16:01> 夜間国債先物は底堅い、日銀オペ結果を材料視
    
    序盤の夜間取引で長期国債先物9月限は、日中取引の大引けと同水準の150円09銭近辺で底堅く推
移している。
    
    市場では「長期を対象にした日銀国債買い入れオペが強い結果だったことが、買い材料視されている」
(国内証券)との見方がある。オペの応札倍率は3.18倍だった。
    
 TRADEWEB                                    
         OFFER   BID        前日比    時間
 2年     -0.108     -0.099     -0.01    15:56
 5年     -0.068      -0.06     -0.02    15:58
 10年     0.111      0.119         0    15:58
 20年     0.605      0.615     0.018    15:58
 30年     0.821      0.833     0.025    15:58
 40年     0.947      0.957     0.023    15:49
 
    <15:12> 国債先物は反発、長期金利0.115%に低下
    
    長期国債先物は反発して引けた。前日の米債安や10年債入札を警戒した売りが先行。入札が弱めの結
果になったため、マイナス圏に沈む場面があったが、前日に急落した反動に加え、日銀が異例の国債買い入
れオペを通告したことで、終盤にかけて買い戻しが優勢になった。
    
    現物債市場では、中長期ゾーンが先物高を受けてしっかり。一方、超長期ゾーンは軟調。20年債利回
りは一時0.620%と17年7月12日以来、30年債利回りは0.840%と18年1月19日以来の
水準に上昇した。
    
    雨宮正佳日銀副総裁は2日、京都市内での講演後の会見で、長期金利の変動幅について、プラスマイナ
ス0.1%の倍程度ということが政策委員間でおおむね合意されたと述べたが、相場への影響は限られた。

    長期国債先物中心限月9月限の大引けは、前営業日比23銭高の150円09銭。10年最長期国債利
回り(長期金利)は前営業日比1bp低下の0.115%。一時0.145%と17年2月3日以来、約1
年半ぶりの水準に上昇した。
    
    短期金融市場では、無担保コール翌日物はマイナス0.050─マイナス0.086%を中心に取引さ
れた。取引金利水準は前日と変わっていないが、税揚げによる大幅資金不足日のため、資金調達する取り手
がやや多くなった。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートはマイナス0.100%とマイナス
幅を縮小した。ユーロ円TIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.091%と横ばい。ユーロ円3
カ月金利先物は動意薄。
    
    
 TRADEWEB                                     
           OFFER    BID       前日比   時間
 2年        -0.107    -0.098    -0.01    14:09
 5年        -0.067    -0.059    -0.02    15:02
 10年        0.113      0.12        0    14:59
 20年        0.606     0.615    0.018    14:59
 30年         0.82      0.83    0.022    15:02
 40年         0.95     0.959    0.025    15:02
 
    <14:27> 日銀が国債買い入れ通告、金利上昇抑制に強いメッセージとの見方
    
    日銀は午後2時、「残存5年超10年以下」を対象にした国債買い入れを通告した。同オペの通告時間
は通常、午前10時10分だが、午後2時は異例。また、買入予定額は4000億円と前回から100億円
減額された。買入予定日は8月3日。
    
    市場では、通告は想定外で、日銀は金利上昇を抑えるために強いメッセージを送ったと受け止めている
。「指し値オペだと、買い入れ水準が分かるため、利回り入札方式の買い入れにしたのだろう」(国内証券
)という。
    
    対象銘柄は、10年債が330─350回債(対象外:340─342回債)、20年債が64─10
4回債。新発10年351回債は含まれていない。
    
    
 TRADEWEB                                 
         OFFER    BID      前日比   時間
 2年      -0.107   -0.098    -0.01   14:09
 5年      -0.067   -0.059    -0.02   14:18
 10年      0.112     0.12        0   14:24
 20年      0.603    0.612    0.015   14:23
 30年      0.819     0.83    0.022   14:24
 40年      0.948    0.957    0.023   14:24
 
    <12:50> 10年債入札結果は弱め、長期金利に上昇圧力

    財務省が午後0時35分に発表した10年利付国債の入札結果で、最低落札価格は99円62銭(最高
落札利回り0.138%)、平均落札価格は99円74銭(平均落札利回り0.126%)となった。落札
価格の平均と最低の開き(テール)は12銭と前月債(2銭)から拡大。応札倍率は4.17倍と前回(4
.37倍)を下回った。
    
    岡三証券・債券シニアストラテジストの鈴木誠氏は「入札結果は弱めになった。金利上昇懸念がある中
、投資家と業者ともに動きづらかったようだ」と指摘した。
    
    入札結果を受けて、国債先物は一時マイナス圏に沈んだ。10年最長期国債利回り(長期金利)に上昇
圧力がかかり、0.135%で推移している。
    
    
 TRADEWEB                                      
         OFFER   BID       前日比      時間
 2年     -0.102    -0.092       -0.01     12:45
 5年     -0.054    -0.045           0     12:44
 10年     0.132     0.139       0.017     12:46
 20年     0.613     0.623       0.026     12:44
 30年     0.831     0.843       0.035     12:46
 40年     0.955     0.966       0.032     12:45
 
    <11:56> 10年債入札結果、最低落札価格99円74銭─99円75銭付近か
    
    財務省が午後0時35分に発表する10年利付国債の入札結果について、最低落札価格は99円74銭
─99円75銭付近になるとの見方が出ている。ただ、入札結果に対する市場の見方は割れており、落札価
格は上下に振れる可能性もある。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.10  -0.0  -0.0  11:
 年      4    94    09   01
 5   -0.06  -0.0  -0.0  11:
 年      1    53    09   00
 10  0.119  0.12  0.00  11:
 年            7     5   00
 20  0.603  0.61  0.01  11:
 年            2     5   02
 30  0.815  0.82  0.01  11:
 年            7     9   02
 40  0.945  0.95  0.02  11:
 年            5     1   02
 
    
    <11:20> 国債先物が反発で前引け、長期金利は横ばいの0.125%
    
    国債先物中心限月9月限は前日比15銭高の150円01銭と反発して午前の取引を終えた。前日の米
債安や10年債入札を警戒した売りが先行したが、売りは続かずに上昇に転じた。前週から大きく売られた
反動もあり、短期筋の買い戻しが入った。
    現物市場は、前日に売り込まれた中長期ゾーンに買い戻しが入った。10年最長期国債利回り(長期金
利)は朝方の取引で、一時0.145%と17年2月3日以来、約1年半ぶりの水準に上昇した後、0.1
20%まで水準を下げ、0.125%で前引けとなった。一方、超長期ゾーンは軟調。20年債利回りは一
時同2.5bp高い0.620%と17年7月12日以来、30年債利回りは一時同3.5bp高い0.8
40%と18年1月19日以来の水準に上昇した。
    雨宮正佳日銀副総裁は京都市内での講演で、今回の一連の措置について、全体として金融緩和効果は強
化されることになるなどと述べた。市場では「31日の金融政策決定会合や黒田総裁の発言を再確認する内
容」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券・シニアマーケットエコノミストの六車治美氏)として、特段
材料視されなかった。
    
    財務省は午後10時半、10年債入札を通告した。利率0.1%で、第351回債のリオープン発行と
なった。10年351回債は品薄感が強いため、ショートカバー目的の業者主導の応札に支えられるとの見
方が出ている。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.05─マイナス0.086%を中心に取引
された。取引金利水準は前日と変わっていないが、税揚げによる大幅資金不足日のため、資金調達する取り
手がやや多いという。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.10  -0.0  -0.0  11:
 年      4    94    09   01
 5   -0.06  -0.0  -0.0  11:
 年      1    53    09   00
 10  0.119  0.12  0.00  11:
 年            7     5   00
 20  0.603  0.61  0.01  11:
 年            2     5   02
 30  0.815  0.82  0.01  11:
 年            7     9   02
 40  0.945  0.95  0.02  11:
 年            5     1   02
 
    
    <10:39> 財務省が10年債入札を通告、ショートカバー需要に期待
    
    財務省は午後10時半、10年債入札を通告した。利率0.1%で、第351回債のリオープン発行と
なった。発行予定額は2兆2000億円。
    
    10年債利回りは朝方に0.145%と17年2月3日以来、約1年半ぶりの水準に上昇したが、その
後は0.120%まで水準を下げた。10年債の品薄感が強く、いったんショートカバーが入ったもようだ
。「入札はショートカバーニーズに支えられる」との見方が出ているが、一方で日銀が許容レンジ上限の1
0年0.2%程度に向けて金利先高観が意識されており、不安感がくすぶっている。「入札はショートカバ
ーニーズに支えられるとしても、金利先高感が強いことから積極的に応札しにくい」(国内金融機関)とい
う。
    
    国債先物中心限月9月限は150.00円付近、10年最長期国債利回り(長期金利)は0.125%
で推移している。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.10  -0.0  -0.0  10:
 年      3    94    09   34
 5   -0.06  -0.0  -0.0  10:
 年      1    53    09   33
 10  0.119  0.12  0.00  10:
 年            7     5   34
 20  0.611  0.62  0.02  10:
 年                  3   34
 30  0.831  0.84  0.03  10:
 年            1     3   34
 40  0.962  0.97  0.03  10:
 年            2     8   34
 
    
    <09:07> 国債先物が安寄り後に反発、10年債に買い戻しの動き

    国債先物中心限月9月限は前営業日比11銭安の149円75銭と続落して寄り付いた。下値を売る動
きはみられず、すぐに反発し、一時150円01銭と150円を回復した。また、現物市場では、10年最
長期国債利回り(長期金利)が一時同2bp高い0.145%と17年2月3日以来、約1年半ぶりの水準
まで上昇したが、その後は0.130%まで水準を戻した。
    
    国債先物は前日の米債安やきょうの10年債入札を警戒した売りが出たが、品薄感が強い10年債に対
するショートカバーの動きが出たのをきっかけに切り返した。「朝方に10年債利回りが0.15%に接近
。日銀許容レンジ上限が0.2%付近とみられるため、金利上昇余地が限られるとの見方が出ているのだろ
う」(国内証券)という。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.09  -0.0  -0.0  9:0
 年      9    88    03    7
 5   -0.05  -0.0  -0.0  9:0
 年      6    46    02    7
 10  0.123  0.13  0.00  9:0
 年                  8    7
 20  0.608  0.61  0.02  9:0
 年            9     2    7
 30   0.82  0.83  0.02  9:0
 年            3     5    7
 40  0.951  0.96  0.02  9:0
 年            1     7    7
 
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below