October 10, 2018 / 3:48 AM / 13 days ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が強含み、日銀買入結果はしっかり

    [東京 10日 ロイター] - 
     <12:46> 国債先物が強含み、日銀買入結果はしっかり
    
    国債先物が強含み。中心限月12月限は午後、前営業日比7銭高の150円08銭と
午前終値(150円06銭)をやや上回って取引が始まった後、午前高値(150円09
銭まで)に並んだ。日銀が前引け後に発表した「残存5年超10年以下」の国債買い入れ
結果がしっかりとした内容となったことに加えて、日経平均株価が軟調に推移しているこ
とを受けて、買い戻しが入った。
    
    市場では「長期の日銀買入結果で応札倍率が低下した。しっかりとの評価でいいので
はないか。ただ、あすに30年債入札を控えて買い進む雰囲気はない」(証券)との声が
出ている。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.12  -0.1  -0.0  12:
 年      3    15    01   45
 5   -0.07  -0.0  -0.0  12:
 年      2    64    05   43
 10  0.143  0.15  -0.0  12:
 年            1    07   45
 20  0.676  0.68  -0.0  12:
 年            5    03   41
 30  0.933  0.94  -0.0  12:
 年            3    05   45
 40  1.094  1.10  -0.0  12:
 年            4    07   45
 
    
    <11:10> 国債先物は反発、長期金利0.150%に小幅低下
    
    国債先物は反発して午前の取引を終えた。前日の米債市場で金利の上昇が一服した流
れを引き継ぎ、短期筋からの買い戻しが優勢になった。現物債市場では超長期・長期ゾー
ンの金利が低下した。先物高に連動する格好で押し目買いが入り、入札を翌日に控える3
0年債にも無難通過を予想した先回り買いもみられた。日銀オペが市場の期待通りに通告
されたことも投資家心理を強気にさせた。
    
    内閣府が10日に発表した8月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船
舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は前月比6.8%増の9815億円となっ
た。ロイターの事前調査で予測値は4.0%減だった。内閣府は現状判断を引き上げたが
、円債市場への影響は限られた。
    
    長期国債先物中心限月12月限の前引けは、前営業日比5銭高の150円06銭。1
0年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比0.5bp低下の0.150%。
    
    午前の短期金融市場で無担保コール翌日物はマイナス0.025─マイナス0.07
5%を中心に取引された。準備預金の積み期後半にかかったことで、資金調達意欲はやや
強くなっているが、中心レートのレンジは大きく変わっていない。ユーロ円3カ月金利先
物は閑散。
    
 TRADEWEB                                       
         OFFER    BID       前日比      時間
 2年      -0.123    -0.115      -0.001     11:00
 5年      -0.071    -0.063      -0.004     11:01
 10年      0.145     0.154      -0.004     11:01
 20年      0.676     0.685      -0.003     11:01
 30年      0.932     0.942      -0.006     11:01
 40年      1.096     1.106      -0.005     11:01
 
    <10:16> 日銀が短期・長期の国債買入を通告、金額は据え置き
    
    日銀は午前10時10分、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年以下」(買入
予定額500億円)、「残存5年超10年以下」(同4500億円)。
    買入予定額はいずれも前回から据え置かれた。
    
    国債先物は日銀通告に反応薄。中心限月12月限は150円06銭付近で小動き。
    
    
 TRADEWEB                                          
          OFFER      BID         前日比    時間
 2年         -0.125      -0.117    -0.003     10:10
 5年         -0.071      -0.064    -0.005     10:10
 10年         0.146       0.154    -0.004     10:04
 20年         0.676       0.685    -0.003     10:13
 30年         0.932       0.942    -0.006     10:10
 40年         1.094       1.105    -0.006     10:13
 
    
    <08:51> 国債先物が反発スタート、米債高受け買い戻し先行
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比7銭高の150円08銭と反発して寄り付い
た。前日の米債市場で金利の上昇が一服した流れを引き継いだ。「円債市場は前日終盤に
売り圧力が強まったが、米債高を手掛かりに短期筋からの買い戻しが先行している。長期
を対象にした日銀の国債買い入れオペが予定されていることも投資家心理を強気にさせて
いる」(国内証券)という。
    10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比0.5bp低下の0.150%で
の寄り付き。
    
 TRADEWEB                                         
          OFFER     BID        前日比       時間
 2年        -0.125     -0.116       -0.002    8:47
 5年        -0.071     -0.063       -0.004    8:47
 10年        0.146      0.154       -0.004    8:47
 20年        0.673      0.682       -0.006    8:46
 30年        0.932      0.942       -0.006    8:47
 40年        1.094      1.105       -0.006    8:46
 
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below