November 20, 2018 / 4:05 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕金利:20年債入札結果は無難、ショートカバー需要に支えられる

    [東京 20日 ロイター] - 
    <12:56> 20年債入札結果は無難、ショートカバー需要に支えられる
    
    財務省が午後0時35分に発表した20年利付国債入札(利率0.7%)の結果は、最低落札価格が1
01円50銭(最高落札利回り0.615%)、平均落札価格は101円55銭(平均落札利回り0.61
2%)で、落札価格の平均と最低の開き(テール)は5銭と前回(4銭)から小幅拡大。応札倍率は3.9
1倍と前回(4.23倍)を下回った。
    
    市場では、入札結果について「最低落札価格は事前の市場予想と一致しており、無難との評価。利回り
水準は投資妙味に乏しかったが、イールドカーブ上の割安感があり、業者として取り組みやすかった。ショ
ートカバーなどの需要に支えられた」(証券)との声が出ている。
    
    国債先物は弱含み。中心限月12月限は一時前日比8銭安の151円03銭に下落した。「20年債入
札は業者主導となり、投資家の実需が思ったよりも盛り上がらなかった。超長期対象の日銀買い入れ日26
日まで間隔が空くため、一部業者から調整売りが出ているのではないか」(別の証券)との声が出ている。
10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp高い0.095%を付けた。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.14  -0.1  0.00  12:
 年      7     4     5   55
 5   -0.10  -0.0  0.00  12:
 年      3    95     5   56
 10  0.092   0.1  0.00  12:
 年                  8   56
 20  0.612  0.62  0.00  12:
 年            1     5   55
 30  0.837  0.84  0.00  12:
 年            6     4   54
 40  0.994  1.00  0.00  12:
 年            5     6   55
 

    <11:08> 国債先物は反落、指標10年352回債は取引不成立
    
    国債先物は反落して午前の取引を終えた。前日の米国市場がリスク回避となった流れを引き継ぎ短期筋
からの買いが先行。中盤以降は20年債入札を前にしたヘッジや高値警戒感による戻り売りが優勢になった
。現物債市場は閑散。入札はショートカバー需要などで無難な範囲に収まるとの見方が聞かれた。
    
    長期国債先物中心限月12月限の前引けは、前営業日比4銭安の151円07銭。指標10年352回
債は取引が成立しなかった。
    
    午前の短期金融市場で無担保コール翌日物はマイナス0.045─マイナス0.086%を中心に取引
された。準備預金の積み期序盤のため、資金の調達意欲は限られた。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。
    
 TRADEWEB                                  
        OFFER    BID       前日比    時間
 2年     -0.151    -0.143     0.002   10:46
 5年     -0.105    -0.097     0.003   11:00
 10年     0.089     0.098     0.006   11:01
 20年     0.608     0.616         0   11:02
 30年     0.833     0.842         0   11:02
 40年     0.992     1.001     0.002   11:01
 
    <10:32> 財務省が20年債入札通告、ショートカバー需要などに期待
    
    財務省は午前10時半、20年債入札を通告した。利率0.7%、第166回リオープン発行となり、
発行予定額は1兆円。
    
    20年債入札は無難な範囲に収まるとみられている。20年債利回りは前回入札の落札利回り0.68
%水準を下回り0.6%台前半に低下しているため、金利の絶対値に魅力はなく、積極的な入札参加を見合
わせる市場参加者も出てきそうだ。
    ただ、「世界経済の減速が意識される中、安全資産としての円債市場に対する需要は強く、入札では消
去法的なニーズが一定程度入るのではないか。ショートカバー需要やキャリー益を狙ったニーズも期待でき
るため、波乱はなさそう」(国内証券)との見方がある。
    
 TRADEWEB                                     
         OFFER     BID       前日比     時間
 2年       -0.151    -0.143      0.002    9:58
 5年       -0.105    -0.097      0.003   10:29
 10年       0.089     0.097      0.005   10:29
 20年       0.609     0.616          0   10:31
 30年       0.834     0.844      0.002   10:28
 40年       0.992     1.001      0.002   10:31
 
    <08:50> 国債先物は続伸スタート、リスク回避想定で買い先行

    国債先物中心限月12月限は前営業日比4銭高の151円15銭と続伸して取引が始まった。前日の米
国市場がリスク回避となった流れを引き継いだ。「東京市場でも株安が想定され、短期筋からの買いが先行
している。ただ、20年債入札を前にしたヘッジや高値警戒感から戻り売りも出ており上値は重い」(国内
証券)という。
    
 TRADEWEB                                          
         OFFER     BID          前日比     時間
 2年       -0.154       -0.146     -0.001      8:47
 5年       -0.111       -0.103     -0.003      8:47
 10年       0.085        0.093      0.001      8:47
 20年       0.603        0.611     -0.005      8:47
 30年       0.828        0.839     -0.003      8:43
 40年       0.988        0.998     -0.001      8:47
 
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below