July 19, 2019 / 2:29 AM / 5 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が続伸で前引け、長期金利は-0.145%に低下

    [東京 19日 ロイター] -   
    <11:10> 国債先物が続伸で前引け、長期金利は-0.145%に低下

    国債先物中心限月9月限は前営業日比7銭高の153円62銭と続伸して午前の取引を終えた。前日
の米債高の流れを引き継ぎ、朝方から強含みで推移。ただ、大幅な米利下げ幅を巡る思惑がやや後退したこ
とから、上値を追う動きは乏しかった。10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日0.5bp低いマ
イナス0.145%。
      
    ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が18日、早期利下げの必要性を強調したことを受け、今月末の
米連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備理事会(FRB)がより積極的な利下げに動くとの観測が
高まっていた。しかし、その後ニューヨーク連銀が、ウィリアムズ総裁の講演は調査に基づく学術的内容で
あるとして、次回FOMCにおける政策行動に関するものではないと説明。これを受けて、大幅な米利下げ
幅への思惑が後退した。
    
    市場では「最近のFRB当局者は利下げを許容する発言が続いており、ウィリアムズ総裁も同じトーン
で発言したのではないか。ただ、市場が過剰に反応したこともあり、ニューヨーク連銀が火消しに回ったの
だろう」(国内証券)との声が聞かれた。

   現物市場では、新発40年債は前日比0.5bp低い0.390%。「来週の40年債入札を控えて
、先回り買いが入っている可能性がある」(別の国内証券)。中期ゾーンはしっかり。新発2年債は前日比
0.5bp低いマイナス0.205%。新発5年債は同0.5bp低いマイナス0.235%。

    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.050─マイナス0.070%を中心に取引さ
れた。金融機関による資金調達の動きがしっかり入っており、加重平均レートは前営業日(マイナス0.0
65%)から上回る見通し。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。
 
   財務省が午後0時半に発表する3か月物国庫短期証券(TB)の入札結については、最高落札利回り
はマイナス0.14%前後との予想が出ている。

 TRADEWEB                               
       OFFER     BID     前日比  時間
 2年      -0.21  -0.204  -0.008    11:01
 5年      -0.24  -0.233  -0.005    11:00
 10年    -0.147   -0.14  -0.005    11:02
 20年     0.218   0.224  -0.005    11:02
 30年     0.354    0.36  -0.005    11:00
 40年     0.386   0.393  -0.006    11:00
 
    
   <10:32> 財務省が流動性供給入札を通告、無難との見方

   財務省は午前10時半、流動性供給入札を通告した。対象は残存1年超5年以下。発行予定額は400
0億円程度。「中短期ゾーンの需給環境は良好な状態が続いており、無難に通過するだろう」(国内証券)
との声が出ている。
    
   国債先物は上げ幅を拡大。国債先物中心限月9月限は、前営業日比8銭高の153円63銭近辺で推移
。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比0.5bp低いマイナス0.145%。
   
 TRADEWEB                      
       OFFER   BID     前日比  時間
 2年   -0.21   -0.204  -0.008  10:12
 5年   -0.239  -0.231  -0.003  10:23
 10年  -0.146  -0.139  -0.004  10:29
 20年  0.218   0.225   -0.004  10:30
 30年  0.354   0.36    -0.005  10:30
 40年  0.388   0.394   -0.005  10:19
 
    
   <09:11> 国債先物は続伸で寄り付く、大幅な米利下げ幅の思惑は後退
    
    国債先物中心限月9月限は、前営業日比3銭高の153円58銭と続伸で寄り付いた。前日の米債高の
流れを引き継ぎ、買いが優勢となった。しかし、上値を追う動きは鈍く、前日終値を挟んでもみ合いとなっ
ている。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比と横ばいのマイナス0.140%で出合いをつけた
。
  
  ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が18日、早期利下げの必要性を強調したことを受けて、市場で
は30─31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)でFRBがより積極的な利下げに動くとの観測が高ま
った。しかし、その後、米ニューヨーク連銀が、ウィリアムズ総裁の講演は調査に基づく学術的内容である
とし、次回FOMCにおける政策行動に関するものではないと説明したことを受けて、大幅な利下げ幅の思
惑が後退している。
            
    市場では「NY連銀による火消しを受けて、市場では利下げ幅が25bpになるとの見方が強まった」
(国内証券)との声が聞かれる。
 TRADEWEB                               
       OFFER     BID     前日比  時間
 2年     -0.205  -0.199  -0.003     9:00
 5年     -0.234  -0.226   0.002     9:07
 10年    -0.141  -0.133   0.002     9:11
 20年     0.228   0.234   0.005     9:10
 30年     0.362   0.372   0.007     9:11
 40年     0.398   0.404   0.005     9:10
 

    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below