July 25, 2019 / 2:18 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は反発で前引け、緩和期待を弱い指標が「補強」

    [東京 25日 ロイター] - 
    <11:05> 国債先物は反発で前引け、緩和期待を弱い指標が「補強」
    
    国債先物中心限月9月限は、前営業日比4銭高の153円72銭と反発して午前の取
引を終えた。10年最長期国債利回り(長期国債)は同0.5bp低下のマイナス0.1
55%。市場の金融緩和期待を弱いマクロ指標が「補強」し、強含みの展開となった。
    
    7月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値が51.5と6月の52.
2から低下し、市場予想の52.1も下回った。特にドイツの悪化が目立つ。金融市場は
、ECBが25日の理事会で約50%の確率で10bpの利下げを実施する見方を織り込
んだ。
    
    市場では「ECB理事会では、9月利下げに備えてフォワードガイダンス変更などが
発表されるだけとの見方が依然多いが、将来に向けた市場の金融緩和期待は弱い欧州の経
済指標で一段と上がった」(りそなホールディングスのチーフストラテジスト、梶田伸介
氏)との指摘が出ている。    
    
    7月の米PMI速報値も50.0と6月の50.6から低下し、約10年ぶりの低水
準となった。CMEグループのフェドウオッチによると、金利先物市場が織り込む25b
pの利下げ確率は74.5%、50bpの利下げ確率は25.6%と、大幅利下げの予想
が若干だが前日比で上昇している。
    
    一方、シティグループ証券のチーフエコノミスト、村嶋帰一氏は「欧州経済はドイツ
を中心に減速感が強まっているが、米経済指標には底堅いデータもある。中国もインフラ
投資が年後半高まってくる見通しだ。世界経済はまだら模様で一方向的に悪化しているわ
けではない」と話している。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.055─マイナス0.075%
を中心に取引された。「出来高の水準は高いが、レート自体は横ばい」(国内金融機関)
という。ユーロ円3カ月金利先物はほぼ横ばい。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年      -0.21  -0.203        0    11:00
 5年     -0.241  -0.233   -0.004    11:00
 10年    -0.156  -0.149   -0.001    10:59
 20年     0.205   0.211   -0.009    10:53
 30年     0.343    0.35    -0.01    11:01
 40年     0.384    0.39    -0.01    11:01
 

    <10:30> 財務省が2年債入札通告、クーポンは0.1%
    
    財務省は午前10時半、2年債入札を通告した。利率は0.1%。発行額は2兆円。
    
    入札前取引(WI)での前日引け値はマイナス0.205%となっている。
    カレント付近の2年債の日銀保有シェアが低く需給的な不安があるとの指摘も出てい
るが、市場では無難予想が多い。
    「中期ゾーンの海外投資家の需要は高い。買い遅れている向きもある。世界的な金利
低下傾向にある中、無難な結果となるのではないか」(国内証券)との声が出ていた。
    
    国債先物はしっかり。中心限月9月限は153円71銭(前営業日比3銭高)近辺で
推移している。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.206    -0.2    0.003    10:31
 5年     -0.241  -0.234   -0.005    10:31
 10年    -0.156  -0.149   -0.001    10:30
 20年     0.207   0.214   -0.006    10:26
 30年     0.344    0.35    -0.01    10:30
 40年     0.384    0.39    -0.01    10:17
 
    
   <08:50> 国債先物は反発で寄り付く、2年債入札は海外需要が支えか
  
    国債先物中心限月9月限は、前営業日比4銭高の153円72銭と反発で寄り付いた
。前日発表された欧米の経済指標が弱く、今週から始まる日米欧中銀会合への期待感が高
まっている。ただ、イベントを前に買い一巡後は様子見ムードが広がる見通し。きょうの
2年債入札については「中期ゾーンに対する海外投資家の需要が強く、無難に通過するだ
ろう」(国内証券)との見通しが聞かれる。
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年      -0.21  -0.203        0     8:49
 5年     -0.243  -0.235   -0.006     8:48
 10年    -0.157   -0.15   -0.002     8:48
 20年     0.208   0.215   -0.005     8:49
 30年     0.343   0.352   -0.008     8:48
 40年      0.39   0.398   -0.002     8:48
 
  
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below