July 29, 2019 / 5:03 AM / 20 days ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小動き、10年最長期債は-0.150%で出合い

    [東京 29日 ロイター] - 
   <13:50> 国債先物は小動き、10年最長期債は-0.150%で出合い
    
    国債先物は後場に入り、小動きとなっている。中心限月9月限は前営業日比3銭安の153円70銭付
近で推移している。現物債市場は閑散取引の中、10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比0.5bp
高いマイナス0.150%で出合いを付けた。
    
    超長期ゾーンは弱含み。ポジション調整の動きが入ってるもよう。新発20年債は前日比0.5bp高
い0.215%、新発30年債は同1.0bp高い0.365%、新発40年債は前日比1.0bp高い0
.405%。
    
    現物債市場は前場で、すべての年限の新発債において取引が成立していなかった。市場では「前場で(
全年限の新発債の)出合いがないことは、珍しいものの、日米中銀会合前ということもあり違和感はない」
(国内証券)との声が聞かれた。
      
 TRADEWEB                              
       OFFER    BID     前日比  時間
 2年    -0.216  -0.208   0.005    13:42
 5年     -0.24  -0.233   0.001    13:47
 10年   -0.152  -0.145   0.004    13:46
 20年    0.211   0.218   0.003    13:47
 30年     0.36   0.369    0.01    13:46
 40年    0.403   0.409    0.01    13:37
 
    
    <11:03> 国債先物は続落で前引け、新発債は全年限で取引成立せず
    
    国債先物中心限月9月限は、前営業日比2銭安の153円71銭と小幅続落で午前の取引を終えた。今
週開催される日米中銀会合を控えて、様子見気分が強く、前営業日終値付近での小幅もみあいに終始した。
現物債市場では、すべての年限の新発債において取引が成立していない。
    
    市場の様子見気分の強さは、中銀イベントを控えているためだけではなく、イベント通過後も相場は動
きにくいとの見方を反映している。    
    
    今週の日米中銀会合に対する市場予想の大勢は、日銀決定会合は政策据え置き、米連邦公開市場委員会
(FOMC)は25bpの利下げだ。相場にほぼ織り込まれており、予想通りの結果なら「相場は動かない
」(国内証券)との見方が多い。
    
    一方、東海東京調査センターの金利・為替シニアストラテジスト、柴田秀樹氏は、リスクはパウエルF
RB議長のタカ派的な発言だと指摘する。「4─6月期米国内総生産(GDP)など米経済指標は底堅いデ
ータが多い。市場の緩和期待が強いだけに、景気に強気な発言が出れば失望される可能性がある」とみてい
る。
    
    米GDP速報値は年率換算で前期比2.1%増と市場予想の1.8%増を上回った。設備投資や住宅建
設投資が落ち込んだが、個人消費が急増し輸出減少や在庫投資の減速による影響を和らげた。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.060─マイナス0.080%を中心に取引され
た。「前週と同様の展開だ。レートが下限域に近づいているので、下げ止まりつつはある」(国内金融機関
)という。ユーロ円3カ月金利先物はほぼ横ばい。
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年      -0.22  -0.213        0     9:34
 5年     -0.243  -0.235   -0.001    11:01
 10年    -0.156  -0.149        0    10:12
 20年     0.208   0.215        0    11:00
 30年     0.355   0.363    0.004    10:59
 40年     0.398   0.404    0.005    10:53
 
    
    <10:00> 国債先物はもみあい、10年最長期債も出会いなし
    
    国債先物はもみあい。中心限月9月限は前日終値付近で推移している。10年最長期国債利回り(長期
金利)はまだ出合っていない。週明けの日本株は企業決算などが嫌気され軟調な展開だが、円債市場は今週
の中銀イベントを控え様子見気分が強い。
    市場では「様子見気分が強く、動きが乏しい。中銀イベントでも想定通りでサプライズがなければ、相
場も動かないのではないか」(国内証券)との声が出ている。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年      -0.22  -0.213        0     9:34
 5年     -0.244  -0.236   -0.002     9:41
 10年    -0.156   -0.15   -0.001    10:00
 20年     0.206   0.214   -0.001    10:00
 30年     0.354   0.361    0.002     9:42
 40年     0.397   0.404    0.005     9:59
 
    <08:47> 国債先物は小反発で寄り付く、日米中銀会合控え様子見
  
    国債先物中心限月9月限は、前営業日比3銭高の153円76銭と反発で寄り付いた。4─6月期米国
内総生産(GDP)速報値が事前予想ほど前期から減速せず、26日の米債市場では金利が上昇したが、米
債売りは一時的でその後は買い戻しも入ったことから、「米債の底堅さを感じた」(国内証券)との声が出
ている。
    今週は日米中銀会合を控えていることから、本日は「狭いレンジでのもみあいの展開になる」(国内銀
行)との見方が多い。
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年      -0.22  -0.214   -0.001     8:47
 5年     -0.244  -0.235   -0.001     8:45
 10年    -0.157   -0.15   -0.001     8:46
 20年     0.205   0.213   -0.002     8:46
 30年      0.35   0.358   -0.001     8:46
 40年     0.392     0.4    0.001     8:46
 
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below