December 2, 2019 / 6:10 AM / 4 days ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は続落で引け、中国・財政・入札と売り要因重なる

    [東京 2日 ロイター] - 
    <15:05> 国債先物は続落で引け、中国・財政・入札と売り要因重なる
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比40銭安の152円76銭と続落して取引を
終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)は同3.5bp上昇のマイナス0.050
%。中国、財政、入札とネガティブ要素が重なる中、円債は徐々に下げ幅を広げる展開と
なった。
    
    11月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は、中国国家統計局発表分に続き
、財新/マークイットの発表でも、堅調だった。「米中通商協議の行方は不透明要因だが
、景気に関しては、今後も刺激策の効果で持ち直しが続くとの期待が高まっている」(ニ
ッセイ基礎研究所のチーフエコノミスト、矢嶋康次氏)という。
    
    「あすに10年債入札、5日に30年債入札を控え、今週は超長期ゾーンを中心に需
給的に重い」(国内証券)ことも、押し目買いが入りにくい要因になっている。本日実施
された日銀の中期・超長期国債対象の買い入れオペでは「残存期間10年超25年以下」
が弱かった。
    
    経済対策の財政規模が10兆円規模となる可能性が浮上してきたことも、潜在的な売
り材料となっている。「前倒し債があるので、カレンダーベースの市中発行額に大きな修
正はないとみられるが、世界的に財政拡大局面に入りつつあるので、海外金利の上昇を通
じた影響が及ぶ可能性がある」(りそなホールディングスのチーフストラテジスト、梶田
伸介氏)という。
    
    完全雇用に近い状態での財政拡大に「経済は押し上げるが、インフレなどへの影響が
心配だ」(別の国内証券ストラテジスト)との声もあった。
    
    現物市場で新発債利回りは10年を中心に上昇。2年債は前日比1.0bp上昇のマ
イナス0.170%、5年債は同2.5bp上昇のマイナス0.160%。20年債は同
2.5bp上昇の0.275%、30年債は同2.0bp上昇の0.425%、新発40
年債は同2.0bp上昇の0.465%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.031%と、
前営業日(マイナス0.034%)をやや上回る見通し。「月末要因が消え調達意欲が高
まってきた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は軟調。

    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.171  -0.165    0.008    15:04
 5年     -0.161  -0.155    0.024    15:04
 10年    -0.056  -0.046    0.033    15:02
 20年     0.268   0.278    0.021    15:03
 30年     0.421   0.431     0.02    15:05
 40年     0.457   0.465    0.015    15:04
 


    <12:40> 日銀オペ結果は10─25年がやや弱い、国債先物は軟調継続
    
    中期・超長期債対象の日銀の国債買い入れオペの結果について、市場では「10─2
5年がやや弱かった。超長期債ゾーンの入札が続くので、それに備えた動きではないか」
(国内証券)との声が聞かれている。
    
    国債先物は軟調継続。先物中心限月12月限は前営業日比21銭安の152円95銭
近辺で推移している。10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日2.0bp上昇の
マイナス0.065%。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.175  -0.168    0.005    12:38
 5年     -0.174  -0.168    0.011    12:41
 10年    -0.071  -0.061    0.018    12:42
 20年     0.252   0.262    0.005    12:42
 30年     0.405   0.415    0.004    12:41
 40年      0.44   0.449   -0.001    12:39
 
    

    
    <11:10> 前場の国債先物は続落、長期金利は-0.065%に上昇  

   国債先物中心限月12月限は前営業日比21銭安の152円95銭と続落して午前
の取引を終えた。時間外取引の米10年債利回りの上昇や翌3日の10年債入札を控えて
調整圧力が強まり、軟調に推移した。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比2.
0bp上昇のマイナス0.065%。
       
     中国国家統計局が30日発表した11月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は
市場予想に反し、景況拡大と悪化の分かれ目となる50を7カ月ぶりに上回った。日経平
均株価が200円超まで上昇し、円債の圧迫材料となった。
     
   市場では「翌日の10年債入札に向けて、ヘッジ目的で先物売りが出ているようだ
」(国内証券)との声も聞かれた。
   
   現物市場では、中期ゾーンが弱含み。新発5年債は前営業日比1.5bp上昇のマ
イナス0.170%、新発2年債は同1.0bp上昇のマイナス0.170%。
       
   日銀が午前に通告した中期・超長期債対象の国債買い入れオペのオファー額は前回
から据え置かれた。オペ結果については、「多少応札が膨らむ可能性はあるものの、相場
が崩れるような状況にはならないだろう」(同)との声が聞かれた。
 
   短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.025─マイナス0.035
%を中心に取引された。「大手行や信託、地銀などによる資金調達の動きがしっかり入っ
ており、加重平均レートはやや上昇しそうだ」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月
金利先物はまちまち。

 TRADEWEB                             
        OFFER   BID     前日比  時間
 2年    -0.175  -0.168   0.005   11:00
 5年    -0.175  -0.168   0.011   10:37
 10年   -0.072  -0.061   0.018   11:01
 20年    0.251   0.264   0.007   11:00
 30年    0.402   0.414   0.003   11:00
 40年    0.439   0.449  -0.001   11:00
  
    
    <10:13> 日銀が中期・超長期債買入を通告、金額は据え置き

  日銀は午前10時10分の金融調節で、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年
超3年以下」(買入予定額は4200億円)、「同3年超5年以下」(同3400億円)
、「同10年超25年以下」(同1000億円)、「同25年超」(同300億円)で、
金額は前回からいずれも据え置かれた。

  20年債の新発債(170回債)、30年の新発債(64回債)ともに今回も入らな
かった。

  国債先物は軟調に推移。中心限月12月限は前営業日比23銭安の152円93銭付
近で取引されている。10年最長期国債利回り(長期金利)は同2.0bp上昇のマイナ
ス0.065%。

 TRADEWEB                              
        OFFER   BID     前日比   時間
 2年    -0.173  -0.165    0.008    9:58
 5年    -0.174  -0.166    0.013   10:11
 10年   -0.069  -0.058    0.021   10:13
 20年    0.253   0.263    0.006   10:11
 30年    0.404   0.414    0.003   10:13
 40年    0.438   0.448   -0.002   10:13
 
    
    
    <09:01> 国債先物は続落で寄り付く、長期金利は-0.070%に上昇
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比11銭安の153円05銭と続落で寄り付い
た。前週末の欧米債安に加え、翌日に10年債入札を控えて調整地合いが強まっている。
10年最長期国債利回り(長期金利)はマイナス0.075%で出合いを付けた後、前日
比1.5bp高いマイナス0.070%に上昇した。

    市場では「週末に発表された中国PMIが予想を上回ったことも、円債の重しとなっ
た」(国内証券)との声が聞かれた。中国国家統計局が発表した11月の製造業購買担当
者景気指数(PMI)は市場予想に反し、景況拡大と悪化の分かれ目となる50を7カ月
ぶりに上回った。

 TRADEWEB                            
        OFFER   BID     前日   時間
                        比     
 2年    -0.177  -0.168  0.005    9:00
 5年    -0.181  -0.173  0.006    9:01
 10年   -0.076  -0.065  0.014    9:01
 20年    0.256   0.269  0.012    9:00
 30年     0.41   0.423  0.012    9:00
 40年    0.448   0.459  0.009    9:01
 

    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below