January 24, 2020 / 6:12 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反落で引け、リスクオフ一服 方向感は乏しい

    [東京 24日 ロイター] - 
    
    <15:07> 国債先物は小反落で引け、リスクオフ一服 方向感は乏しい
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比4銭安の152円33銭と反落して取引を終え
た。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずのマイナス0.025%。世界保
健機関(WHO)による緊急事態宣言の見送りでリスクオフは一服。新型コロナウイルス
に関する情報に日々、左右される展開が続いているが、方向感には乏しい。
    
    「海外勢の参加が乏しくなっていることに加え、国内投資家も年末年始にリバランス
した後は様子見になっている。参加者が少なく流動性が乏しい中、特定のフローに相場が
動かされてしまう展開であり、方向感があるわけではない」(国内証券)という。
    
    東海東京証券のチーフ債券ストラテジスト、佐野一彦氏は「景気は緩やかな回復が続
いており、日米欧の金融政策もしばらく変化はなさそうだ。ファンダメンタルズが大きく
動かない中では相場も本格的には動かない。こうしたときは下がれば買い、上がれば売り
がセオリーだが、それも相場のレンジを狭める要因となっている」と話す。
    
    現物市場で新発債も小動き。2年債は前日比変わらずのマイナス0.135%、5年
債は同変わらずのマイナス0.125%。20年債は同0.5bp低下の0.265%、
30年債は同0.5bp低下の0.405%、40年債は同変わらずの0.440%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.016%と、
前営業日(マイナス0.018%)をやや上回る見通し。「週末前の3日積みであり、調
達に動いた金融機関がみられた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動
意薄。
    
    本日実施された新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札は市場で堅調な結果だった
と評価されている。「1月は今回含め3カ月物TBは4度の入札があったが、徐々にしっ
かりしてきている。3月末に向けた担保需要が出てきたほか、日銀短国オペの買い入れ額
が増えていることもプラスになっている」(国内金融機関)との声が出ていた。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.137  -0.128        0    15:05
 5年     -0.126  -0.118    0.001    14:52
 10年    -0.029  -0.023   -0.004    15:07
 20年     0.264   0.271        0    15:02
 30年     0.399   0.406    -0.01    15:03
 40年     0.427   0.437   -0.009    15:07
 

    
    <12:52> 流動性供給入札結果はやや強め、応札倍率が上昇
    
    財務省が午後0時35分に発表した流動性供給入札(残存期間1年超5年以下)の結
果は、最大利回り格差が0.001%、平均利回り格差がマイナス0.001%。応札倍
率は4.06倍と前回(3.85倍)を上回った。
    市場では「やや強め。最大利回較差は予想範囲内だったが、応札比率が前回を上回る
など、一部で強い応札がみられたようだ」(国内証券)との声が出ている。
    
    国債先物はプラス圏に浮上。先物中心限月3月限は前営業日比1銭高の152円38
銭近辺で推移している。市場では「週末であり、ショートに傾けたままではリスクがある
。短期的な買い戻しだろう」(国内証券)との声が出ている。10年最長期国債利回り(
長期金利)は前日比同変わらずのマイナス0.025%。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.141  -0.131   -0.003    12:50
 5年     -0.131  -0.123   -0.004    12:51
 10年    -0.031  -0.024   -0.005    12:52
 20年     0.265   0.271        0    12:52
 30年     0.403    0.41   -0.006    12:51
 40年     0.426   0.438   -0.008    12:52
 

    
    <12:39> 3カ月物TB入札はしっかり、担保需要や日銀オペ増額で
    
    財務省が午後0時半に発表した新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最
高落札利回りはマイナス0.1162%、平均落札利回りはマイナス0.1222%と、
前回(最高:マイナス0.1122%、平均:マイナス0.1170%)に比べて低下し
た。応募額は12兆0487億円、募入決定額は3兆5414億4000万円だった。
    
    市場では「しっかりだった。1月は今回含め3カ月物TBは4度の入札があったが、
徐々にしっかりしてきている。3月末に向けた担保需要が出てきたほか、日銀短国オペの
買い入れ額が増えていることもプラスになっている」(国内金融機関)との声が出ている
。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.138  -0.128        0    12:39
 5年     -0.129  -0.119        0    12:39
 10年    -0.026   -0.02   -0.001    12:38
 20年     0.268   0.274    0.003    12:39
 30年     0.404   0.412   -0.004    12:38
 40年     0.426   0.438   -0.008    12:39
 

    
    <11:10> 前場の国債先物は小反落、長期金利は横ばいの0.025% 
    
  国債先物中心限月3月限は前営業日比5銭安の152円32銭と小反落して午前の取
引を終えた。前日の欧米金利の低下を反映して、朝方は買いが先行。その後は新規材料に
欠ける中、マイナス圏に沈んだ。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日と横ばいの
マイナス0.025%。
    
  現物市場では、中期ゾーンは弱含み。流動性供給入札(残存1年超5年以下)を控え
て調整圧力が強まった。新発2年債は前日比0.5bp上昇のマイナス0.130%、新
発5年債は同0.5bp上昇のマイナス0.120%。
   
  一方で、超長期ゾーンは小じっかり。新発20年債は前日比0.5bp低下の0.2
65%。新発30年債は同0.5bp低下の0.405%。新発40年債は前日比1.0
bp低下の0.430%。市場では「金利は上がりづらいとの見方から、淡々と買いが入
っている」(国内証券)との声や「カーブ上は割高だが、水準面から消去法的に買いが入
りやすい」(別の国内証券)との見方が出ている。
   
  流動性供給入札については、ショートカバーに支えられ、無難に消化するとの見方が
大勢。ただ、全体相場への影響は限られそうだ。
   
  短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.005─マイナス0.050%
を中心に取引された。「3日積みとなり、地銀を中心に引き続き資金調達意欲は強い。加
重平均レートはやや上昇する可能性がある」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金
利先物は動意薄。
  
    財務省が午後0時半に発表する3カ月国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札
利回りはマイナス0.12%前後との予想が出ている。 
    
 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年      -0.136    -0.124      0.004     11:01
 5年      -0.126    -0.118      0.001     11:01
 10年     -0.028     -0.02     -0.001     11:01
 20年      0.261      0.27     -0.001     11:01
 30年      0.395     0.405     -0.011     11:00
 40年      0.424     0.435     -0.011     11:00
 
    <10:30> 財務省が流動性供給入札を通告、国債先物はマイナス圏に転じる

  財務省は午前10時半、流動性供給入札を通告した。対象は残存1年超5年以下、発
行予定額は4000億円程度。市場では「ショートカバーが必要な銘柄が多く、無難に通
過するだろう」(国内証券)との見方が出ている。また、「消去法的に3ー4年程度の年
限を中心に応札されるのではないか」(別の国内証券)との声も聞かれる。

  国債先物は高寄り後、マイナス圏に転じている。中心限月3月限は前日比10銭安の
152円27銭付近で推移している。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日と横ば
いのマイナス0.025%。

 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年      -0.133    -0.123      0.005     10:30
 5年      -0.122    -0.114      0.005     10:29
 10年     -0.023    -0.016      0.003     10:29
 20年      0.263      0.27     -0.001     10:21
 30年      0.399     0.406      -0.01     10:29
 40年      0.429     0.438     -0.008     10:30
 
    
    <09:03> 国債先物は続伸で寄り付く、欧米債高を受け買い先行
 
    国債先物中心限月3月限は前営業日比3銭高の152円40銭と続伸して寄り付いた
。前日の欧米債高や新型コロナウイルスの感染拡大への根強い警戒感を背景に小幅高で始
まった。
    
    新型コロナウイルスを巡っては、「世界保健機関(WHO)が緊急事態宣言を見送っ
たことを受けて、市場の警戒感がやや和らいだようには見える。ただ、懸念は払しょくさ
れたわけではなく、きょうから中国が春節休暇に入ることもあり、感染拡大への警戒感は
根強い」(国内証券)との声が聞かれた。
  
 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年      -0.141     -0.13     -0.002      8:59
 5年      -0.133    -0.125     -0.006      8:59
 10年     -0.034    -0.025     -0.006      8:58
 20年      0.258     0.266     -0.005      8:59
 30年      0.396     0.408     -0.008      8:59
 40年      0.429     0.442     -0.004      8:54
            
    
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below