for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は反落で引け、長期金利上昇 米利下げ期待が後退

    [東京 12日 ロイター] - 
    <15:07> 国債先物は反落で引け、長期金利上昇 米利下げ期待が後退
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比19銭安の152円61銭と反落して取引を終
えた。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1.5bp上昇のマイナス0.045%
。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を受けて、米利下げ期待が後退。
米金利が上昇する中、円債も軟調な展開となった。
    
    パウエルFRB議長は11日の議会証言で、米経済には耐性があり、現在の見通しの
「大幅な再評価」が必要にならない限り、金利を調整する必要はないと述べた。
    
    「新型肺炎のリスクなどを認識していることを示したが、それを前提にしても現行の
政策金利は適切としたことで、簡単には利下げはしないとの認識が市場に広がった」(東
海東京調査センターの金利・為替シニアストラテジスト、柴田秀樹氏)という。
    
    CMEグループのフェドウオッチによると、金利先物市場が織り込む3月17─18
日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)における25ベーシスポイント(bp)の利
下げ確率は5.5%と、前日の13.3%から低下している。
    
    米追加利下げは新型肺炎や経済の状況次第であり、可能性を排除するにはリスクがあ
るが、米10年債利回りは、東京時間に入っても上昇。円債市場では「前場は物価連動債
入札前のヘッジ売りが出たようだが、入札結果が順調でも、先物は弱いまま。地合いの悪
さを示しているようだ」(国内証券)との指摘が聞かれた。
    
    現物市場で新発債利回りは上昇。2年債は前日比0.5bp上昇のマイナス0.15
5%、5年債は同1.5bp上昇のマイナス0.140%。20年債は同1.5bp上昇
の0.245%、30年債は同1.0bp上昇の0.375%、40年債は同1.0bp
上昇の0.400%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.008%と、
前営業日(マイナス0.010%)をやや上回る見通し。「地銀の調達意欲が引き続き強
く、大手行のレートもやや上がり気味」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先
物は動意薄。

    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.159  -0.148    0.009    15:04
 5年     -0.143  -0.134    0.015    15:04
 10年    -0.045  -0.039    0.019    15:08
 20年     0.239   0.249    0.015    15:08
 30年     0.372   0.379    0.013    15:08
 40年     0.397   0.407    0.015    15:04
 
    

    
    <12:47> 物価連動債入札結果は順調、BEIは7.2bp程度
    
    財務省が午後0時35分に発表した10年物価連動国債(表面利率0.10%/24
回債)の入札結果で、最低落札価格は102円30銭(最高落札利回りはマイナス0.1
50%)となった。応札倍率は3.75倍と前回(3.43倍)を上回った。
    
    市場では「順調。BEI(ブレーク・イーブン・インフレ率)は7.2bp程度と1
0日の終値付近となった。今回に限ったことではないが、割安感から国内投資家がしっか
りと応札した可能性がある」(国内証券)との見方が出ている。
    国債先物は弱含み継続。中心限月3月限は前営業日比15銭安の152円65銭で推
移している。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇のマイナス0.0
50%。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年      -0.16  -0.148    0.009    12:47
 5年     -0.147  -0.138    0.011    12:47
 10年     -0.05  -0.043    0.015    12:47
 20年     0.239   0.245    0.011    12:46
 30年     0.371   0.379    0.013    12:47
 40年     0.395   0.406    0.014    12:47
 
    
    
    <11:35> 日銀の短国買入結果はやや弱めとの評価 前回より応札額膨らむ

  日銀が発表した国庫短期証券(TB)の買い入れ結果は、案分レート利回り格差がプ
ラス0.005%。平均落札利回り格差がプラス0.007%となった。応札額は2兆4
516億円、落札額は7503億円となった。応札倍率は3.26倍と前回(2.40倍
)から上昇した。

  市場では「前回から応札額が膨らみ、やや弱めの結果となった。短期国債の発行量が
増えていることもあり、オペではしっかり売りたいようだ」(国内金融機関)との声が出
ている。
  
 TRADEWEB                             
       OFFER   BID     前日比  時間
 2年   -0.159  -0.148   0.009    11:01
 5年   -0.148  -0.138   0.011    11:02
 10年   -0.05  -0.043   0.015    11:01
 20年   0.237   0.247   0.013    11:02
 30年    0.37   0.381   0.015    11:00
 40年   0.395   0.405   0.013    11:01
 
    <11:11> 前場の国債先物は反落、長期金利は-0.050%に上昇 
    
  国債先物中心限月3月限は前営業日比15銭安の152円65銭と反落して午前の取
引を終えた。時間外取引の米金利の小幅上昇したことを受けて弱含みに推移した。10年
最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇のマイナス0.050%。 
    
    10年物価連動国債入札についてはやや弱めの結果になるとの見方が大勢。市場では
「割安化が進んでおり、キャッシュつぶしニーズはあるかもしれない」(国内証券)との
声や、「海外勢の買いは入りやすいものの、国内勢の買いは見込みづらい」(別の国内証
券)が見方がでている。ただ、円債市場全体への影響は限られるとみられている。
                
  現物市場では、新発2年債は前営業日比0.5bp上昇のマイナス0.155%、新
発5年債は同1.0bp上昇のマイナス0.145%。新発20年債は同1.0bp上昇
の0.240%。新発30年債は同1.0bp上昇の0.375%。
       
  日銀は午前に国庫短期証券(TB)買い入れを通告。買入予定額は前回と同額の75
00億円となった。市場予想は1兆―1兆2500億円だった。「市場予想を下回ったも
のの、短期ゾーンの利回りやレポレートへの影響は見られない」(国内金融機関)との声
が聞かれた。
   
  短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.005─マイナス0.010%
を中心に取引された。「金融機関による調達ニーズは強く、加重平均レートは引き続き上
昇しそうだ」(同)という。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。

 TRADEWEB                             
       OFFER   BID     前日比  時間
 2年   -0.159  -0.148   0.009    11:01
 5年   -0.148  -0.138   0.011    11:02
 10年   -0.05  -0.043   0.015    11:01
 20年   0.237   0.247   0.013    11:02
 30年    0.37   0.381   0.015    11:00
 40年   0.395   0.405   0.013    11:01
 
    
    <10:31> 財務省が物価連動債入札を通告、国債先物は下げ幅拡大

  財務省は午前10時半、10年物価連動国債入札を通告した。利率0.1%で、24
回債のリオープン発行となる。発行予定額は4000億円。

  入札はやや弱めの結果になるとの見方が大勢。BEI(ブレーク・イーブン・インフ
レ率)は10日時点で7.2bp。
    
    市場では「物価連動債の割安化は修正されない状況が続いている。オプションプレミ
アムを考慮すると、デフレを織り込むような水準となっているが、流動性がないことから
プレミアムが乗っているという解釈もできる。0.1%程度のオプションプレミアムが乗
った場合は、それなりの需要はありそうだ」(外資系証券)との声や「キャリー面での妙
味に乏しく、積極的な需要は想定しづらい」(国内証券)との声が聞かれた。

  国債先物は下げ幅を拡大している。中心限月3月限は前営業日比14銭安の152円
66銭近辺で推移している。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp上昇の
マイナス0.055%。

 TRADEWEB                             
       OFFER   BID     前日比  時間
 2年    -0.16  -0.149   0.008    10:30
 5年    -0.15   -0.14   0.009    10:28
 10年  -0.054  -0.045   0.013    10:30
 20年   0.238   0.245   0.011    10:30
 30年   0.373   0.381   0.015    10:30
 40年   0.395   0.405   0.013    10:31
 
    
    <10:11> 日銀が国庫短期証券買入を通告、市場予想下回る7500億円

  日銀は午前10時10分、国庫短期証券(TB)買い入れを通告した。買入予定額は
前回と同額の7500億円となった。市場予想は1兆―1兆2500億円だった。

  市場では「短期ゾーンの金利に低下の兆しが見られることや、直近行われた利付債の
オペが強めの結果となり、需給が改善傾向にあることから、市場予想を下回るオファー額
になるのではないか」(国内証券)との見方が出ていた。オファー額が予想を下回ったこ
とを受けて、「短期ゾーンの需給が悪化した場合、中期ゾーンへ波及する可能性がある」
(同)との声が聞かれた。

 TRADEWEB                             
       OFFER   BID     前日比  時間
 2年   -0.162  -0.152   0.005    10:10
 5年   -0.152  -0.143   0.006    10:10
 10年  -0.059  -0.053   0.005    10:10
 20年    0.23    0.24   0.006    10:10
 30年   0.365   0.373   0.007    10:10
 40年   0.388   0.399   0.007    10:05
 
    <09:07> 国債先物は反落で寄り付く、米債安で売り先行
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比7銭安の152円73銭と反落して寄り付いた
。前日の米債安が重しとなり、売りが先行している。新発2年債は同横ばいのマイナス0
.160%、新発5年債は前営業日比0.5bp上昇のマイナス0.150%。
     
   市場では米中通商問題の行方に注目が集まっている。オブライエン米大統領補佐官が
新型肺炎で中国による米農産物購入の規模に影響及ぼす可能性を言及したことが、米CN
N記者のツイートで明らかとなった。市場では「プラスなのかマイナス材料なのか、具体
的な続報を待つ必要がありそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。

 TRADEWEB                             
       OFFER   BID     前日比  時間
 2年   -0.165  -0.155   0.002     9:06
 5年   -0.157  -0.147   0.002     9:04
 10年  -0.061  -0.053   0.005     9:06
 20年   0.227    0.24   0.006     9:06
 30年   0.363   0.375   0.009     9:06
 40年   0.385   0.397   0.005     9:06
 
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up