May 13, 2020 / 4:04 AM / in 3 months

〔マーケットアイ〕金利:日銀オペ結果、3-5年と10-25年はやや弱め 国債先物は小動き

    [東京 13日 ロイター] - 
    <12:56> 日銀オペ結果、3-5年と10-25年はやや弱め 国債先物は小動き

  中期・超長期債対象の日銀の国債買い入れオペの結果について、市場では「残存1年
超3年以下は無難、同3年超5年以下と同10年超25年以下はやや弱めの結果となった
。超長期債については供給イベントが続くこともあり、いったんポジションを調整する動
きがでたのだろう」(国内証券)との声が聞かれた。ただ、オペ結果を受けた円債市場の
反応は薄い。

    国債先物は前日比終値を挟んで小動き。先物中心限月6月限は前営業日比2銭安の
152円29銭近辺で推移。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比横ばいのマイ
ナス0.010%。

 TRADEWEB                                          
             OFFER     BID       前日比    時間
 2年           -0.176    -0.167    -0.003     12:56
 5年           -0.127    -0.118         0     12:45
 10年          -0.013    -0.003         0     12:56
 20年           0.323      0.33     0.001     12:45
 30年            0.45     0.459         0     12:56
 40年           0.462     0.471     0.002     12:52
 
    
    <11:07> 前場の国債先物は小幅続伸、イベント控え小動き
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比1銭高の152円32銭と続伸して午前の取引
を終えた。需給懸念がいったん後退し底堅い展開だったが、イベントを控え動意は薄く小
動き。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずのマイナス0.010%。
    
    日米で10年債入札を順調にこなしたが、米国では13日、日本では14日に30年
債入札を控える。「10年債ゼロ%近辺での投資家需要は確認されたが、国債入札は続く
。上値は追いにくい」(りそなホールディングスのチーフストラテジスト、梶田伸介氏)
という。
    
    パウエルFRB(米連邦準備理事会)議長の講演が今晩予定されていることも手控え
要因となった。「マイナス金利にネガティブではない見方を示せばサプライズ。ドル安・
円高が大きく進む可能性がある」(岡三オンライン証券の投資戦略部部長、武部力也氏)
とみられている。
    
    円高が進めば、日銀によるマイナス金利深掘りの可能性も高まるとの見方が市場では
多いだけに、円債市場にとっても注目のイベントとなりそうだ。
    
    現物市場で新発債利回りは小動き。2年債は前日比変わらずのマイナス0.170%
、5年債は同0.5bp上昇のマイナス0.120%。20年債は同変わらずの0.32
5%、30年債は同変わらずの0.455%、40年債は同変わらずの0.465%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.035─マイナス0.025%
を中心に取引された。「地銀の資金調達がやや減少しており、中心レートは下がっている
」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.175  -0.166  -0.002   11:00
 5年       -0.128  -0.118       0   11:00
 10年      -0.013  -0.004  -0.001   11:00
 20年       0.321   0.328  -0.001   11:00
 30年       0.449   0.456  -0.003   11:00
 40年       0.461    0.47   0.001   11:01
 
    
    
    <10:11> 日銀が中期・超長期債買入を通告、オファー額は据え置き
    
    日銀は午前10時10分の金融調節で、国債買い入れを通告した。対象は「残存期間
1年超3年以下」(同3400億円)、「残存3年超5年以下」(同3500億円)、「
同10年超25年以下」(同1200億円)で、金額は前回からいずれも据え置かれた。
    
    国債先物は動意薄く小幅高で推移。中心限月6月限は前営業日比3銭高の152円3
4銭付近で取引されている。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずのマイナ
ス0.010%。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.172  -0.163   0.001   10:02
 5年       -0.127  -0.118       0   10:08
 10年      -0.016  -0.007  -0.004   10:08
 20年       0.322   0.329       0   10:01
 30年       0.449   0.456  -0.003   10:08
 40年       0.458   0.466  -0.003   10:08
 

    
    <08:47> 国債先物は続伸で寄り付く、需給懸念がいったん後退
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比4銭高の152円35銭と続伸で寄り付いた。
新型コロナウイルス感染再拡大への懸念に加え、日米で10年債入札が好調な結果となり
、需給懸念がいったん後退している。
    一方、市場では「中央銀行が国債の大部分を吸収する需給構造は健全とは言えない。
潜在的な金利上昇懸念は残る」(国内銀行)との声も出ている。

    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.174  -0.164       0    8:45
 5年       -0.128  -0.118       0    8:45
 10年      -0.017  -0.007  -0.004    8:46
 20年       0.316   0.325  -0.004    8:45
 30年       0.447   0.459       0    8:45
 40年       0.456   0.468  -0.001    8:45
 

    


    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below