May 19, 2020 / 3:46 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕金利:1年物TB入札結果はしっかり、海外勢の買いと国内勢の担保需要

    [東京 19日 ロイター] - 
    <12:38> 1年物TB入札結果はしっかり、海外勢の買いと国内勢の担保需要
 
     
  財務省が午後0時30分に発表した1年物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高
落札利回りはマイナス0.1607%、平均落札利回りはマイナス0.1657%と、前
回(最高:マイナス0.1477%、平均:マイナス0.1547%)に比べて低下した
。応札倍率は4.58倍と前回の4.56倍からやや上昇した。
  
    市場では「かなりしっかりとした結果となった。海外勢の買いと国内勢の担保需要が
入ったようだ。案分と平均利回りの差があまりないことを踏まえると、まとまった買いが
入ったのだろう」(国内金融機関)との見方が聞かれた。

 TRADEWEB                                          
             OFFER     BID       前日比    時間
 2年            -0.17     -0.16     0.013     12:39
 5年           -0.132    -0.122     0.014     12:39
 10年          -0.006     0.002     0.011     12:39
 20年           0.343      0.35     0.011     12:34
 30年           0.474      0.48     0.011     12:38
 40年           0.492     0.501     0.008     12:32
 
    <11:07> 前場の国債先物は反落、長期金利は1週間ぶりにゼロ%
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比22銭安の152円26銭と反落して午前の取
引を終えた。新型コロナウイルスのワクチン開発期待や原油価格上昇でリスクオン地合い
となり、売りが優勢な展開となった。10年最長期国債利回り(長期金利)は12日以来
となるゼロ%(同1.5bp上昇)を付けた。
    
    国債増発懸念もじわりと円債の重しとなっている。安倍晋三首相は、2020年度の
第2次補正予算の編成に着手を指示。27日にも閣議決定される見通しだ。
    
    JPモルガン証券のチーフ債券ストラテジスト、山脇貴史氏は「第2次補正予算だけ
でなく、税収不足を考えると、さらに国債が増発される可能性が高い」と指摘する。当初
は国庫短期証券(TB)の増発が中心でも、いずれ中期債、長期債、超長期債と長いゾー
ンの国債に振り替えられていくとみている。
    
    現物市場で新発債利回りは上昇。2年債は前日比1.5bp上昇のマイナス0.16
5%、5年債は同1.5bp上昇のマイナス0.125%。20年債は同1.0bp上昇
の0.350%、30年債は同1.0bp上昇の0.480%、40年債は同0.5bp
上昇の0.495%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.08─マイナス0.04%を中
心に取引された。「地銀などの調達が弱くレートは低下気味」(国内金融機関)という。
ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.168  -0.158   0.015   11:01
 5年       -0.127  -0.117   0.019   11:01
 10年      -0.005   0.004   0.013   11:01
 20年       0.344   0.351   0.012   11:01
 30年       0.475   0.482   0.013   10:59
 40年       0.493   0.501   0.008   10:55
 

    
    <10:11> 日銀が中長期・超長期・物価連動債買入を通告、オファー額据え置
き
    
    日銀は午前10時10分の金融調節で、国債買い入れを通告した。対象は「残存期間
1年超」(買入予定額3400億円)、「同5年超10年以下」(同3700億円)、「
同25年超」(同300億円)、物価連動債(同300億円)で、金額はいずれも前回か
ら据え置かれた。
    
    国債先物は軟調継続。中心限月6月限は前営業日比16銭安の152円32銭付近で
の推移。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇のマイナス0.005
%となっている。

    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.171  -0.161   0.012   10:01
 5年       -0.132  -0.123   0.013   10:04
 10年      -0.007   0.001    0.01   10:11
 20年        0.34   0.347   0.008   10:10
 30年       0.474   0.481   0.012   10:11
 40年       0.488   0.499   0.006   10:08
 

    
    <08:48> 国債先物は反落で寄り付く、日銀オペが下支えとの見方
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比14銭安の152円34銭と反落で寄り付いた
。新型コロナウイルスのワクチン開発への期待感や原油価格の上昇で、リスクオン地合い
となっており、売りが先行している。
    市場では「日銀オペが支えになり、下押しはしないだろう。ただ、あすに20年債入
札を控えることもあり、超長期ゾーンを中心に上値が重そうだ」(国内銀行)との声が出
ている。
    
    本日は、日銀の国債買い入れオペが予定されている。対象は「残存期間1年超3年以
 下」(前回のオファー額は3400億円)、「同5年超10年以下」(同3700億円
) 、「同25年超」(同300億円)と幅広い。金額は据え置きとの見方が多い。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.18  -0.169   0.004    8:48
 5年       -0.136  -0.126    0.01    8:48
 10年      -0.006   0.003   0.012    8:48
 20年       0.343   0.351   0.012    8:47
 30年       0.473   0.482   0.013    8:48
 40年       0.493   0.504   0.011    8:46
 


    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below