for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:前場の国債先物は反発、30年・40年債金利は1年ぶり高水準

    [東京 2日 ロイター] - 
    <11:07> 前場の国債先物は反発、30年・40年債金利は1年ぶり高水準
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比4銭高の152円21銭と反発して午前の取引
を終えた。リスクオン地合いが継続する中、売りが先行したが、日銀が国庫短期証券(T
B)の買い入れ予定額を前回比1兆円増額の3兆円と通告すると、今後のオペ増額への期
待感が強まり、プラス圏に浮上した。
    
    一方、超長期債のスティープニングが継続。現物市場で新発30年債は同0.5bp
上昇の0.520%と2019年5月23日以来、新発40年債は一時、同1.5bp上
昇の0.565%と同5月22日以来の高水準を付けた。20年債は同0.5bp上昇の
0.355%。
    
    「財政拡大による国債増発で超長期債は世界的に重い。日銀の買い入れ増などがない
限り、スティープ化圧力がかかり続けそうだ」と、岡三証券の債券シニア・ストラテジス
ト、鈴木誠氏はみている。
    
    10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比変わらずの0.005%。入札を無難
にこなせば、押し目買いが入るとの見方も多いが、「4日に30年債入札を控えるため、
超長期ゾーンは引き続き重い展開が予想される」(国内証券)との指摘もあった。
    一方、2年債は同変わらずのマイナス0.170%、5年債は同0.5bp上昇のマ
イナス0.130%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.010─マイナス0.025%
を中心に取引された。市場では「前日からほぼ横ばい圏で取引されている。日銀のTBオ
ペ増額は、国債増発がTBに偏ることに対する予防的な対応ではないか」(国内金融機関
)との声が出ている。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.175  -0.164  -0.001   10:55
 5年       -0.139   -0.13  -0.002   11:01
 10年      -0.002   0.007       0   11:00
 20年       0.347   0.355       0   11:01
 30年       0.514   0.521   0.005   10:59
 40年       0.556   0.567   0.013   11:00
 

    
    <10:31> 財務省が10年債入札を通告、国債先物は強含み
    
    財務省は午前10時半、10年債入札を通告した。発行予定額2兆1000億円。利
率0.10%で、第358回債のリオープンとなった。
    
    足元の新発10年債利回りは前日比変わらずの0.005%近辺で推移。前日時点の
WI(入札前取引)は0.005%だった。
    
    市場では「プラス金利であれば、国内勢のキャッシュ潰し需要や担保需要が見込める
。無難に消化されそうだ」(国内証券)との声が出ている。
    
    国債先物は強含み。日銀が国庫短期証券(TB)買い入れのオファー額を前回から1
兆円上積みし3兆円としたことが好感されている。中心限月6月限は前日比2銭高の15
2円19銭近辺で推移している。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.175  -0.164  -0.001   10:26
 5年       -0.138  -0.129  -0.001   10:31
 10年      -0.002   0.007       0   10:24
 20年       0.349   0.355       0   10:30
 30年       0.514   0.521   0.005   10:29
 40年       0.558   0.569   0.015   10:29
 
    
    <10:17> 日銀が3兆円の短国買い入れを通告、前回比1兆円増
    
    日銀は午前10時10分、国庫短期証券(TB)買い入れを通告した。買入予定額は
3兆円と前回の5月26日通告分(2兆円)を上回った。市場では、2兆円との見方が多
かった。
    
    国債先物はプラス圏に浮上。中心限月6月限は前営業日比1銭高の152円18銭近
辺で推移している。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.172  -0.163       0   10:10
 5年       -0.137  -0.128       0   10:10
 10年      -0.002   0.007       0   10:11
 20年       0.352   0.359   0.004   10:10
 30年       0.518   0.524   0.008   10:10
 40年       0.558   0.569   0.015   10:15
 

    
    <08:50> 国債先物は続落で寄り付く、海外のリスクオン地合いが継続
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比6銭安の152円11銭と続落して寄り付いた
。米経済指標の改善などを材料にリスクオン的な地合いとなり、金利が上昇した前日の米
債市場の流れが継続している。
    ただ、「本日の10年債入札を無難にこなせば、プラス金利債券の需要が確認でき、
押し目買いが入る」(国内証券)との見方も多い。
    
    
 TRADEWEB                         
           OFFER   BID     前日   時間
                           比     
 2年       -0.17   -0.16   0.003  8:45
 5年       -0.135  -0.124  0.004  8:46
 10年      0.003   0.013   0.006  8:46
 20年      0.35    0.359   0.004  8:48
 30年      0.515   0.525   0.009  8:48
 40年      0.554   0.563   0.009  8:46
 
 
    
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up