for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:20年債入札結果は強い、国債先物は一時プラス圏に浮上

    [東京 25日 ロイター] - 
    <12:45> 20年債入札結果は強い、国債先物は一時プラス圏に浮上
    
    財務省が午後0時35分に発表した20年利付国債入札の結果は、最低落札価格が9
9円90銭(最高落札利回り0.405%)、平均落札価格は99円94銭(平均落札利
回り0.403%)だった。落札価格の平均と最低の開き(テール)は4銭と前回(5銭
)から縮小した。応札倍率は3.92倍と前回(3.80倍)を上回った。
  
    市場では「強かった。業者(証券会社)のショートカバーニーズや長期投資家からの
需要が厚かったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。
  国債先物は一時プラス圏に浮上した。株高が加速しているが、入札堅調を好感し、中
心限月9月限は前営業日比2銭高の151円99銭を付けた。新発20年債は同変わらず
の0.410%。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.121  -0.114   0.001   12:38
 5年       -0.097  -0.089  -0.001   12:45
 10年       0.018   0.025       0   12:45
 20年       0.397   0.405   -0.01   12:45
 30年       0.581   0.589  -0.011   12:45
 40年       0.606   0.617  -0.009   12:43
 
    
    
    <11:13> 前場の国債先物は小反落(訂正)、20年債入札結果控え長期金利0.
025%
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比5銭安の151円92銭と反落して午前の取引
を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp上昇の0.025%。
    
    新型コロナウイルス治療の進展と景気回復への期待感を背景に、前日の欧米市場でリ
スクオンムードが広がり株高・債券安となった流れを引き継ぎ、国債先物は売り先行で始
まった。東京株式市場でも日経平均が商いも伴って上昇したが、国債先物は序盤以降はや
や下げ幅を縮小した。
    
    財務省は、20年利付国債入札(発行予定額1兆2000億円。利率0.40%、第
173回債のリオープン発行)を通告。    
    市場では、入札の結果判明を前に「証券会社のヒアリングベースなどで『大丈夫そう
』との声が出ているのかもしれない」(国内銀行)など、警戒感が後退している可能性を
指摘する声も複数上がっていた。
    
    現物債市場で新発債の利回りはまちまち。20年債は前日比変わらずの0.410%
、30年債は同1.0bp低下の0.590%。一方、5年債は同0.5bp上昇のマイ
ナス0.090%。2年債と40年債は出合いがみられなかった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.030─マイナス0.070%
を中心に取引された。「今週に入って、都市銀行の調達意欲が減退してきている」(国内
金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.12  -0.113   0.002   11:00
 5年       -0.096  -0.089  -0.001   11:00
 10年        0.02   0.028   0.003   11:01
 20年       0.404   0.411  -0.004   11:00
 30年       0.588   0.595  -0.005   11:00
 40年       0.613    0.62  -0.006   11:01
 
    
    <10:32> 財務省が20年債入札を通告、国債先物は弱含み継続

  財務省は午前10時半、20年利付国債入札を通告した。発行予定額は1兆2000
億円。利率0.40%で、第173回債のリオープン発行となった。

  足元の新発20年債利回りは前日比横ばいの0.410%近辺で推移している。

  市場では「前日は超長期ゾーンが週末の地合いを引きずらずに強かった。それがかえ
って妙味を薄くするが、投資家は控えており、入札は最終的に大丈夫とみる」(国内証券
)との声が聞かれる。

  国債先物は引き続き弱含み。中心限月9月限は前営業日比3銭安の151円94銭近
辺で推移しており、序盤の取引からはやや下げ幅を縮小している。 
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.121  -0.113   0.002    9:27
 5年       -0.096  -0.088       0   10:27
 10年       0.019   0.026   0.001   10:30
 20年       0.404    0.41  -0.005   10:30
 30年       0.589   0.595  -0.005   10:27
 40年       0.611   0.624  -0.002   10:32
 
        
    <08:56> 国債先物は反落で寄り付く、海外市場の軟調地合い引き継ぐ
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日6銭安の151円91銭と反落して寄り付いた。
前日の欧米市場で、新型コロナウイルス治療の進展への期待感を背景にリスクオンムード
が広がり、債券相場が下落した流れを引き継ぎ、売り先行で始まった。
    きょうは財務省による20年利付国債の入札が予定されており、その結果を確認する
までは上値は重くなりそうだ。
    市場では「海外市場で金利上昇した流れを素直に反映し、先物は夜間取引終値と同水
準で寄り付いた。20年債入札に向けて前場は先物の上値が抑えられる可能性もあるが、
長期ゾーンは総じて底堅く推移するとみている」(国内証券)との声が出ている。

    
 TRADEWEB                                 
           OFFER     BID     前日比  時間
 2年         -0.122  -0.113   0.002   8:55
 5年         -0.094  -0.084   0.004   8:55
 10年         0.023    0.03   0.005   8:56
 20年         0.415   0.423   0.008   8:55
 30年         0.604   0.614   0.014   8:56
 40年         0.627   0.639   0.013   8:56
 
      
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up