for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:2年債入札結果は順調、金利水準上昇で需要しっかり

    [東京 27日 ロイター] - 
    <12:45> 2年債入札結果は順調、金利水準上昇で需要しっかり
    
    財務省が午後0時35分に発表した2年利付国債の入札結果は、最低落札価格が100円43銭(最高
落札利回り:マイナス0.114%)となった。平均落札価格は100円43銭3厘(平均落札利回り:マ
イナス0.115%)で、落札価格の平均と最低の開き(テール)は3厘と前回の7厘を下回った。応札倍
率は4.66倍で前回(4.56倍)をやや上回った。
    市場では「順調だった。金利水準が上昇していたことで買いやすかったのではないか。しっかりした需
要を集めた」(国内証券)との見方が聞かれた。
    国債先物は堅調継続。中心限月9月限は前営業日比14銭高の151円84銭近辺で推移している。新
発2年債は前日比横ばいのマイナス0.115%と前場水準と変わらず。
   
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.123  -0.115  -0.003   12:45
 5年       -0.092  -0.084  -0.007   12:40
 10年       0.028   0.035  -0.007   12:43
 20年       0.405   0.413  -0.007   12:44
 30年       0.588   0.595  -0.007   12:37
 40年       0.606   0.618  -0.011   12:46
    
    
    
    <11:20> 前場の国債先物は反発、前日の反動も 長期金利は0.035%に低下
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比13銭高の151円83銭と反発して午前の取引を終えた。先物
が前日の日中取引で18銭下落した反動もあり、序盤からじりじりと上げ幅を拡大した。10年最長期国債
利回り(長期金利)は同0.5bp低下の0.035%。
    
    きょうの値動きについて、市場関係者は「思いのほか強い」(複数の国内証券)と口をそろえる。前日
の反動に加えて、米国債10年物利回りがアジア時間に小幅低下したことや、東京株式市場で日経平均が下
げ幅を拡大したことも手伝い、押し目買いが入ったとの見立てが多い。
    
    岡三証券のシニア債券ストラテジスト、鈴木誠氏は「日々の需給でイールドカーブの形状が多少変わる
ことはあっても、相場全体としてはレンジであまり変わっていない。きょうの2年債入札については問題な
いだろうとみている。基本的にはジャクソンホール(会合)待ち」と指摘した。
    
    現物市場で新発債利回りはおおむね低下。2年債は前日比横ばいのマイナス0.115%、5年債は同
0.5bp低下のマイナス0.090%。20年債は同0.5bp低下の0.410%、30年債は同1.
0bp低下の0.590%、40年債はまだ売買が成立していない。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.070─マイナス0.035%を中心に取引され
た。「前日とほぼ横ばい。今週は大手銀行の調達意欲が鈍い状態が継続している」(国内金融機関)という
。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。
 
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.116  -0.109   0.003   11:01
 5年        -0.091  -0.084  -0.007   11:00
 10年        0.028   0.035  -0.007   10:59
 20年        0.408   0.415  -0.005   10:58
 30年        0.588   0.595  -0.007   11:00
 40年        0.607   0.619   -0.01   11:01
 
        
    <10:31> 財務省が2年債入札を通告、国債先物は強含み継続

  財務省は午前10時半、2年利付国債入札を通告した。発行予定額は3兆円。利率0.10%で、第4
16回債の新規発行となった。

  現物市場の新発2年債は、本日はまだ売買が成立していない。

  市場では「足元では短期債の需給環境は改善しているもよう。都市銀行のキャッシュつぶし需要の高ま
りがサポートして無難な入札になると見込んでいる」(国内証券)との見方が出ている。

  国債先物は引き続き強含み。中心限月9月限は前営業日比14銭高の151円84銭近辺で推移してい
る。株式市場で日経平均は下げ幅を拡大する中、国債先物も序盤の取引から上げ幅を拡大している。 
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.121  -0.113  -0.001   10:13
 5年       -0.092  -0.084  -0.007   10:13
 10年       0.028   0.035  -0.007   10:28
 20年       0.407   0.414  -0.006   10:31
 30年       0.588   0.595  -0.007   10:28
 40年       0.609   0.621  -0.008   10:31
 
        
    <08:56> 国債先物は反発で寄り付く、様子見ムードも強い
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日6銭高の151円76銭と反発して寄り付いた。夜間取引や前日の
米国市場では投資家センチメントがリスクオンに傾き債券価格がやや弱含んだものの、きょうの円債は買い
優勢でスタートした。
    市場では「今晩のジャクソンホール会合でのパウエルFRB議長講演や明日と報道されている安倍首相
の会見予定といった注目材料を前に、これらを見極めたいムードが強い」(国内証券)との声が出ている。
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.119   -0.11   0.002    8:56
 5年         -0.09   -0.08  -0.003    8:54
 10年        0.033    0.04  -0.002    8:48
 20年        0.407   0.415  -0.005    8:56
 30年        0.589   0.598  -0.004    8:56
 40年        0.611   0.625  -0.004    8:55
 
      
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up