for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:3カ月物TB入札結果、落札利回りが低下

    [東京 28日 ロイター] - 
    <12:41> 3カ月物TB入札結果、落札利回りが低下

  財務省が午後0時半に発表した新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果は、最
高落札利回りがマイナス0.0862%、平均落札利回りがマイナス0.0898%とな
った。利回りは前回(最高マイナス0.0753%、平均マイナス0.0829%)から
低下した。応募額は21兆2744億円、募入決定額は6兆1563億4000万円だっ
た。
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.114  -0.107  -0.092   12:40
 5年        -0.076  -0.068    0.01   12:40
 10年        0.045   0.052   0.011   12:33
 20年         0.43   0.439   0.018   12:41
 30年        0.615   0.623   0.023   12:41
 40年        0.642    0.65   0.025   12:41
 
       
    
    <11:07> 前場の国債先物は反落、長期金利は7月以来の0.05%台
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比21銭安の151円51銭と反落して午前の取
引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇の0.050%と
7月2日以来の水準。米連邦準備理事会(FRB)による平均インフレ目標の導入は、イ
ンフレ期待を高めるとの見方から、米金利が上昇、円債にも波及した。
    
    FRBが導入した「平均インフレ目標」は、インフレ率が一時的に2%を上回ること
 を容認する。金融緩和環境が継続すること自体は債券にとってプラス材料だが、前日の
米債市場では長めの金利が上昇した。
    
    「長期金利からみた米実質金利はマイナスだ。米経済の実力からすると、下がり過ぎ
だろう。金融緩和策に景気刺激の効果があるとの見方からも米金利はスティープ化の余地
がある」と、三井住友銀行のチーフ・マーケット・エコノミスト、森谷亨氏は指摘する。
    
    現物市場で新発債利回りは上昇。2年債は前日比0.5bp上昇のマイナス0.11
0%、5年債は同1.0bp上昇のマイナス0.075%。20年債は同2.0bp上昇
の0.435%、30年債は同2.0bp上昇の0.615%、40年債は同2.0bp
上昇の0.640%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.075─マイナス0.030%
を中心に取引された。「3日積みだが、大手銀行のビッドが上昇せず、レンジは横ばい」
(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    
    
 TRADEWEB                                 
            OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.111  -0.103  -0.088   10:57
 5年        -0.076  -0.069   0.009   11:00
 10年        0.045   0.052   0.011   10:51
 20年        0.433    0.44   0.019   11:01
 30年        0.613    0.62    0.02   10:59
 40年        0.638   0.645    0.02   11:00
 
    
    <10:11> 日銀が超長期・物価連動債買入を通告、金額は据え置き
    
    日銀は午前10時10分の金融調節で、国債買い入れを通告した。対象は「残存期 
間10年超25年以下」(買入予定額1200億円)、「同25年超」(同300億 円
)、物価連動債(同300億円)で、金額は前回から据え置かれた。
    
    国債先物は軟調継続。中心限月9月限は前営業日比20銭安の151円52銭付近で
取引されている。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇の0.050
%。
    
    
 TRADEWEB                                 
            OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.114  -0.104  -0.089    9:21
 5年        -0.076  -0.068    0.01   10:10
 10年        0.045   0.052   0.011   10:10
 20年        0.429   0.435   0.014   10:08
 30年        0.609   0.616   0.016   10:10
 40年        0.635   0.644   0.019   10:10
 
    
    <08:53> 国債先物は反落で寄り付く、日銀の超長期債オペにサポート期待も
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比15銭安の151円57銭と反落して寄り付い
た。米連邦準備理事会(FRB)が平均インフレ目標の導入を決定したことで、インフレ
期待を高めるとの見方から、米金利が上昇しており、円債にも金利上昇圧力がかかってい
る。
    ただ、市場では「インフレ期待を高められるかは疑問だ。株高や円安が進まなければ
、売り一巡後、切り返す期待もある。日銀の超長期債買い入れオペがサポートになりそう
だ」(国内証券)との声も出ている。
    
    
 TRADEWEB                                 
            OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.114  -0.104  -0.089    8:42
 5年        -0.079   -0.07   0.008    8:49
 10年        0.044   0.051    0.01    8:47
 20年        0.427   0.433   0.012    8:50
 30年        0.605   0.613   0.013    8:50
 40年        0.626   0.639   0.014    8:51
 
    
      
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up