for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:前場の国債先物は小反発、入札控え需給懸念が重し

    [東京 31日 ロイター] - 
    <11:07> 前場の国債先物は小反発、入札控え需給懸念が重し
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比6銭高の151円48銭と反発して午前の取引
を終えた。前週末の米長期金利の低下や、日本の政策継続期待を背景に買い戻しが入った
が、今週は入札が続くこともあり、買い一巡後は上値が重くなった。10年最長期国債利
回り(長期金利)は同0.5bp低下の0.050%。
    
    安倍晋三首相の辞任表明で市場が注目するのは黒田東彦日銀総裁の動向だが、JPモ
ルガン証券のチーフ債券ストラテジスト、山脇貴史氏は辞任の可能性は極めて低いとの見
方を示す。「アベノミクスの失敗で安倍首相が辞めるならば、黒田総裁も辞める可能性が
あるが、今回は健康問題であり、辞める理由はない」とみる。
    
    また市場では「イールドカーブ・コントロール政策を導入以降、日銀は国債買い入れ
の量を減らしてきたが、投資家の厚い需要で国債は消化されており、金利は低位で安定し
ている。もし首相辞任で金融政策に影響があったとしても、国債の日銀依存度が低下して
いる中では、影響は限定的だろう」(国内証券)との見方も聞かれた。
    
    ただ、買い進む材料にも欠ける。今週は1日に10年債、3日に30年債の入札が予
定されており、需給的な重さが懸念されている。「欧米もコロナ対応で国債が増発されて
いる状況であり、世界的に債券需給が重くなっている」(外資系証券)という。
    
    現物市場で新発債利回りは10年債を除き横ばい。2年債はマイナス0.115%、
5年債はマイナス0.070%、20年債は0.435%、30年債は0.620%、4
0年債は0.645%と、前日比変わらずだった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.080─マイナス0.040%
を中心に取引された。「月末要因で調達ニーズが弱く、加重平均レートは低下する見通し
」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.115  -0.109  -0.001   11:00
 5年       -0.071  -0.064  -0.001   11:00
 10年       0.048   0.055  -0.001   11:00
 20年       0.429   0.435  -0.006   11:01
 30年       0.618   0.624  -0.002   10:48
 40年       0.643   0.649  -0.002   10:47
 
    
    
    <10:11> 日銀が短中期債買入を通告、金額据え置き
    
    日銀は午前10時10分の金融調節で、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年
以下」(買入予定額1000億円)、「同1年超3年以下」(同4200億円)、「同3
年超5年以下」(同3500億円)で、金額は前回から据え置かれた。
    国債先物は上げ幅縮小。中心限月9月限は前営業日比5銭安の151円47銭付近で
取引されている。今週は1日に10年債、3日に30年債の入札が予定されており、需給
的な重さが懸念されている。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp低下の
0.050%。

    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.12  -0.113  -0.005   10:07
 5年       -0.072  -0.064  -0.001    9:51
 10年       0.049   0.055  -0.001   10:10
 20年       0.429   0.435  -0.006   10:02
 30年       0.615   0.622  -0.004   10:02
 40年       0.635   0.648  -0.003   10:09
  
    
    <08:46> 国債先物は反発で寄り付く、買い戻し一巡後は入札控え様子見か
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比16銭高の151円58銭と反発して寄り付い
た。前週末の米長期金利の低下や、日本の政策継続期待を背景に買い戻されている。
    一方、市場では「今週は10年債と30年債の入札がある。需給的には重く、買い戻
し一巡後は様子見となるのではないか」(国内銀行)との声が出ていた。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.12  -0.112  -0.004    8:40
 5年       -0.079  -0.069  -0.006    8:45
 10年       0.043    0.05  -0.006    8:45
 20年       0.416   0.428  -0.013    8:46
 30年       0.607   0.617  -0.009    8:46
 40年       0.626   0.639  -0.012    8:45
 
      
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up