for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反落で引け、動意乏しく長期金利は横ばい

    [東京 16日 ロイター] - 
    <15:10> 国債先物は小反落で引け、動意乏しく長期金利は横ばい
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比1銭安の151円99銭と反落して取引を終
えた。日中の値幅は9銭。動意に乏しく前日終値付近でのもみあいに終始した。10年最
長期国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.015%。
    
    日本では菅新内閣の組閣、米国では米連邦公開市場委員会(FOMC)と、内外のイ
ベントを控え、様子見ムードが強かった。「両イベントとも、短期的に相場に大きな影響
を与える材料が出てくるとはみられていない。売り買いともに材料不足のようだ」(国内
証券)という。
    
    一方、「今月は国債の大量償還があるほか、年限長期化需要も強まる。内外イベント
を通過すれば、当面の不透明感が晴れ、再投資の買いなどが出てくるのではないか」(み
ずほ証券のマーケットアナリスト、松崎涼祐氏)との見方もあった。
    
    現物市場で新発債利回りはまちまち。2年債は前日比変わらずのマイナス0.145
%、5年債は同0.5bp低下のマイナス0.110%。一方、20年債は同0.5bp
上昇の0.395%、30年債は同0.5bp上昇の0.585%、40年債は同1.0
bp上昇の0.610%となった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.057%と、
前営業日(マイナス0.052%)を下回る見通し。「積み初日は地銀の調達がみられ、
予想よりもやや強い地合いで始まった」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先
物は横ばい。
    
    
 TRADEWEB                                 
            OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.146  -0.138       0   15:02
 5年        -0.115  -0.107  -0.008   15:02
 10年        0.012   0.019   0.001   15:02
 20年        0.388   0.395       0   15:08
 30年        0.583    0.59   0.009   14:59
 40年        0.604   0.611   0.006   15:07
 
    
    <12:53> 中長期債対象の日銀オペの結果、1─3年弱く・5─10年強い
    
    中長期債対象の日銀の国債買い入れオペの結果について、市場では、「1─3年はや
や弱かったが、5─10年は強かった。相場全体に与える影響は限定的。米連邦公開市場
委員会(FOMC)の結果待ちで様子見ムードが強い」(国内証券)との指摘が出ている
。
    国債先物は小動き。中心限月12月限は前営業日比2銭高の152円02銭近辺で推
移している。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.015%。
    
    
 TRADEWEB                                 
            OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.146  -0.138       0   12:52
 5年        -0.115  -0.108  -0.009   12:51
 10年        0.009   0.016  -0.002   12:52
 20年        0.388   0.394  -0.001   12:41
 30年        0.576   0.585   0.004   12:52
 40年        0.597   0.608   0.003   12:44
 
    
    
    <12:41> 1年物TB入札結果は強い、テールがゼロ
    
    財務省が午後0時30分に発表した1年物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高
落札利回りはマイナス0.1365%、平均落札利回りもマイナス0.1365%となっ
た。前回は最高マイナス0.1308%、平均マイナス0.1417%だった。応札倍率
は4.30倍と前回の2.90倍から上昇した。
    市場では「最低と平均の落札利回りが同じで、応札倍率が上昇と強かった。しっかり
した需要がみられたようだ」(国内金融機関)との見方が聞かれた。
    
    
 TRADEWEB                                 
            OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.151  -0.143  -0.005   12:33
 5年        -0.115  -0.108  -0.009   12:39
 10年        0.008   0.015  -0.003   12:34
 20年        0.388   0.394  -0.001   12:41
 30年        0.573    0.58  -0.001   12:41
 40年        0.597   0.607   0.002   12:40
 
    
    
    
    <11:07> 前場の国債先物は小幅続伸、新発債は主要全年限で横ばい
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比1銭高の152円01銭と続伸して午前の取
引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちで様子見ムードが強く、前日
終値付近でのもみあいに終始した。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずの
0.015%。
    
    市場では「超長期債の入札が一巡し需給環境的には悪くないが、10年債金利がゼロ
%に近付いてきており、ここからさらに買い進むには材料不足だ。FOMCで新戦略を踏
まえた具体策が出てくるとはみていないが、ひとまず様子見」(国内銀行)との声が聞か
れた。
    
    現物市場で新発債利回りは横ばい。2年債はマイナス0.145%、5年債はマイナ
ス0.105%。20年債は0.390%、30年債は0.580%、40年債は0.6
00%と、全年限で前日比変わらずだった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.08─マイナス0.03%を中
心に取引された。「新積み期に入り、地銀の調達ニーズが強い。大手銀行の動きは限定的
」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    
    
 TRADEWEB                                 
            OFFER   BID     前日比  時間
 2年         -0.15  -0.143  -0.005   11:00
 5年         -0.11  -0.103  -0.004   11:00
 10年        0.013    0.02   0.002   10:55
 20年        0.388   0.394  -0.001   11:01
 30年        0.577   0.584   0.003   11:00
 40年        0.598   0.607   0.002   11:01
 
    
    
    <10:13> 日銀が中長期債対象の買入を通告、金額は据え置き
    
    日銀は午前10時10分の金融調節で、国債買い入れを通告した。対象は「残存期間
1年超3年以下」(買入予定額は4200億円)、「同3年超5年以下」(同3500億
円)、 「同5年超10年以下」(同4200億円)で、金額はそれぞれ前回から据え置
かれた。
    
    国債先物はもみあい。中心限月12月限は前営業日比2銭安の151円98銭付近で
取引されている。
    
    
 TRADEWEB                                 
            OFFER   BID     前日比  時間
 2年         -0.15  -0.142  -0.004   10:13
 5年        -0.107  -0.099       0   10:13
 10年        0.013    0.02   0.002   10:13
 20年        0.389   0.395       0   10:06
 30年        0.574    0.58  -0.001   10:13
 40年        0.595   0.603  -0.002   10:13
 
    
    
    <08:47> 国債先物は小反落で寄り付く、FOMC結果待ちで様子見
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比3銭安の151円97銭と反落で寄り付いた
。前日の米長期金利が上昇し円債先物の夜間取引も下落したことから売り先行で始まった
が、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちで様子見ムードが強く、前日終値付近
でのもみあいに転じている。
    
    本日菅新内閣が誕生するが、市場では「麻生太郎財務相が再任されれば、今後強まり
かねない積極財政圧力や過度の金融緩和要請に対する一定の歯止めになる」(国内証券)
との声が出ている。
    
 TRADEWEB                                 
            OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.149   -0.14  -0.002    8:45
 5年        -0.106  -0.098   0.001    8:46
 10年        0.013    0.02   0.002    8:45
 20年        0.388   0.396   0.001    8:46
 30年        0.575   0.584   0.003    8:46
 40年        0.594   0.605       0    8:46
 

      
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up