for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:前場の国債先物は大幅続落、長期金利は0.030%に上昇

    [東京 6日 ロイター] -        
    <11:09> 前場の国債先物は大幅続落、長期金利は0.030%に上昇
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比18銭安の151円90銭と大幅続落して午
前の取引を終えた。米追加経済対策の合意やトランプ大統領の容体回復に対する期待感か
ら前日の米長期金利が上昇したことや日本株が強含んで推移していることを受け、序盤か
ら売りが優勢となった。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇の0.
030%。
    
    財務省は午前10時半、30年利付国債入札を通告。発行予定額は9000億円。利
率0.60%で、第68回債の新規発行となった。前日引け時点の入札前取引(WI)は
0.620%、直近発行の67回債は前営業日比1.5bp上昇の0.630%で前引け
た。
    
    SMBC日興証券のストラテジスト、奥村任氏は「米国の追加経済対策を警戒する向
きは多いものの、30年債のレラティブな割安感や生保の超長期債需要が継続しているだ
ろうことを踏まえれば、入札はおおむね無難に通過するだろう」との見方を示している。

    現物市場で新発債利回りは総じて上昇した。5年債は前営業日比1.0bp上昇のマ
イナス0.105%。20年債は同1.0bp上昇の0.410%、40年債は同1.5
bp上昇の0.660%。2年債は出合いがみられなかった。
    
    岡三証券のシニア債券ストラテジスト、鈴木誠氏は「入札が無事に通過したことを確
認すれば、後場には多少の底堅さを取り戻すだろう。ただ最近の傾向からみて、入札結果
を受けて相場が大きく反応するとは想定していない」と述べた。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.025─マイナス0.005%
を中心に取引された。「引き続き、一部の地銀や大手銀行の資金調達ニーズが強い状況で
、加重平均レートの上限を試すような展開だ」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月
金利先物は横ばい。
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.136  -0.128   0.005   11:00
 5年        -0.106  -0.099   0.009   11:01
 10年        0.029   0.034   0.009   11:01
 20年        0.404   0.411   0.011   10:56
 30年        0.628   0.635    0.02   11:00
 40年        0.654   0.661   0.016   10:59
 

            
    <10:33> 財務省が30年債入札を通告、無難に通過か
    
    財務省は午前10時半、30年利付国債入札を通告した。発行予定額は9000億円
。利率0.60%で、第68回債の新規発行となった。
    
    市場では「朝方の売りで利回りが一段と上昇すれば、絶対水準バイヤーにとっても悪
くないレベルとなるだろう」(国内証券)との声が出ている。
    入札前取引(WI)は前日引け時点で0.620%、直近発行の67回債は10:3
3現在、前営業日比1.5bp上昇の0.630%をつけている。
    
    国債先物は引き続き軟調。中心限月12月限は前営業日比15銭安の151円93銭
近辺で推移している。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇の0.0
30%。
        
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.136  -0.127   0.006   10:33
 5年        -0.106  -0.098    0.01   10:33
 10年        0.028   0.035    0.01   10:31
 20年        0.403    0.41    0.01   10:33
 30年        0.623    0.63   0.015   10:32
 40年         0.65   0.658   0.013   10:33
 
    
   
    <08:48> 国債先物は大幅続落で寄り付く、前日の米債安を反映
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比12銭安の151円96銭と大幅続落して寄
り付いた。前日の米国債市場で、財政刺激策の策定やトランプ大統領の病状を巡る楽観論
からリスクオン地合いとなり、国債価格が大きく下落した流れを引き継ぎ、売り先行でス
タートしている。
    
    市場では「前日の米債金利がレンジを急きょ変えてきたことで、円債市場では特に1
0年超のゾーンにおいて、対米債のベータ値を維持して金利上昇が進むのか、あるいはベ
ータ値が変化するのかに注目している」(国内証券)との声が聞かれた。
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.138  -0.129   0.004    8:48
 5年        -0.107  -0.099   0.009    8:48
 10年        0.028   0.034   0.009    8:48
 20年        0.402    0.41    0.01    8:46
 30年        0.619   0.626   0.011    8:46
 40年        0.649   0.655    0.01    8:48
   
                 
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up