for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:前場の国債先物は続伸、FRB緊急融資制度終了は金利低下要因

    [東京 20日 ロイター] - 
    <11:10> 前場の国債先物は続伸、FRB緊急融資制度終了は金利低下要因
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比5銭高の152円23銭と続伸して午前の取
引を終えた。足元の景気減速懸念から金利が低下した米国市場の流れが継続したが、連休
前であり、動きは鈍かった。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.0
10%。
    
    市場で話題となったのは、ムニューシン米財務長官が19日、連邦準備理事会(FR
B)に対し、3月の新型コロナウイルス支援・救済・経済保障法(CARES法)に基づ
いて割り当てた資金のうち未使用分を政府に返却するよう要請したことだ。プログラムの
大半を12月31日で終了することも要請した。
    
    三井住友銀行のチーフ・マーケット・エコノミスト、森谷亨氏は「社債や地方債の安
全弁として機能しきたため、今後、スプレッドがワイド化する可能性がある。今年、米社
債は空前の規模で発行されてきたが、今後は通常の社債だけでなく、ジャンク債なども発
行しにくくなるかもしれない」と指摘。国債など安全資産への逃避要因になると話す。
    
    一方、「返済された資金が経済対策に使われるなら、必ずしもリスクオフ要因ではな
いが、FRBが望んでいたこの制度の延長ができないとすれば、資産買い入れ増など、別
の手段を考えるのではないか」(みずほ証券のシニア債券ストラテジスト、上家秀裕氏)
との見方もあった。
    
    現物市場は閑散で新発債利回りは横ばい。20年債は前日比変わらずの0.380%
、30年債も同変わらずの0.630%、2年債、5年債、40年債は出会いが見られな
かった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.05─マイナス0.015%を
中心に取引された。「横ばい圏だが、連休前の4日積みであり、ややレートが上昇してい
る」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.156  -0.148  -0.004   10:39
 5年       -0.126  -0.119  -0.004   11:00
 10年       0.003    0.01  -0.006   11:00
 20年       0.373   0.381  -0.004   11:00
 30年       0.623    0.63  -0.004   11:01
 40年       0.659   0.666  -0.004   11:00
 
    
    
    <10:31> 財務省が流動性供給入札を通告、無難通過との見方
    
    財務省は午前10時半、流動性供給入札を通告した。対象は残存期間1年超5年以下
、発行予定額は4000億円程度。
    市場では「品薄銘柄が多いゾーンであり、無難に通過しそうだ」(国内証券)との声
が出ている。
    
    国債先物はしっかり。中心限月12月限は前営業日比4銭高の152円22銭近辺で
推移している。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.155  -0.146  -0.002   10:29
 5年       -0.127  -0.118  -0.003   10:29
 10年       0.003   0.011  -0.005   10:29
 20年       0.374    0.38  -0.005   10:29
 30年       0.627   0.634       0   10:27
 40年        0.66   0.669  -0.001   10:28
 
    
    
    <08:50> 国債先物は続伸で寄り付く、長期金利は0.010%で横ばい
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比8銭高の152円26銭と続伸して寄り付い
た。足元の景気減速懸念から金利が低下した米国市場の流れが継続している。10年最長
期国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.010%で出合っている。
    市場では「海外金利は低下したが、特段の材料があったわけではない。小幅なレンジ
でもみあう展開が続きそうだ」(国内証券)との声が出ている。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.157  -0.147  -0.003    8:50
 5年       -0.128  -0.119  -0.004    8:50
 10年       0.003   0.011  -0.005    8:50
 20年        0.37   0.379  -0.006    8:50
 30年       0.622   0.629  -0.005    8:50
 40年       0.657   0.669  -0.001    8:50
 

        
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up