for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:前場の国債先物は小幅続落、金利スティープ化は限定的

    [東京 17日 ロイター] - 
    <11:10> 前場の国債先物は小幅続落、金利スティープ化は限定的
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比3銭安の152円06銭と小幅続落して午前の
取引を終えた。FOMC(米連邦公開市場委員会)で買い入れ資産の年限長期化が見送ら
れ、米金利がスティープ化した流れが波及したが、影響は限定的だった。10年最長期国
債利回り(長期金利)は同変わらずの0.005%。
    
    15─16日に開かれたFOMCでは、国債購入プログラムについて「最大雇用と物
価安定の目標達成に向けてさらに著しい進展がみられるまで」継続するとのガイダンスが
示されたが、購入資産の年限長期化は見送られた。
    
    市場では「ガイダンスはやや曖昧だったが、成長率見通しを引き上げる一方で、金利
見通しは据え置かれた。低金利長期化が予想される中、株高局面はあっても、金利や為替
は動きにくい展開がしばらく続きそうだ」(三井住友銀行のチーフ・マーケット・エコノ
ミスト、森谷亨氏)との声が出ている。
    
    現物市場で新発債利回りはややスティープ化した。2年債は前日比変わらずのマイナ
ス0.135%、5年債も同変わらずのマイナス0.120%。20年債は同変わらずの
0.385%、30年債は同0.5bp上昇の0.630%、40年債は同0.5bp上
昇の0.680%となった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.055─マイナス0.015%
を中心に取引された。「地銀の調達がやや強くなっている」(国内金融機関)という。ユ
ーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.136  -0.124   0.003   10:48
 5年       -0.121  -0.114   0.004   10:04
 10年       0.003    0.01       0   11:00
 20年       0.379   0.386       0   10:59
 30年       0.623    0.63   0.005   11:00
 40年       0.673   0.681   0.005   11:00
 
    
    
    <10:20> 16日の日銀オペで入力ミスの見方、テールが急拡大
    
    日銀が16日に実施した国債買い入れオペで、応札側に入力ミスがあったのではない
かとの見方が出ている。
    入力ミスがあったとみられているのは、「残存期間5年超10年以下」(オファー額
4200億円)対象のオペ。按分利回較差が0.001%、平均落札利回較差が0.01
0%となり、テールが0.9bpと3月23日以来の大きさとなった。
    「3月は新型コロナの影響で現金化の動きが強まった時期だ。足元で資金調達を急ぐ
理由は特に見当たらない。応札側に入力ミスがあった可能性がある。実際、応札倍率は3
.26倍と通常より若干高い程度で、市場の影響もみられなかった」と、野村証券のチー
フ金利ストラテジスト、中島武信氏は指摘している。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.136  -0.124   0.003   10:15
 5年       -0.121  -0.114   0.004   10:04
 10年       0.004    0.01       0   10:16
 20年       0.379   0.386       0    9:58
 30年       0.624    0.63   0.005   10:20
 40年       0.675   0.683   0.007   10:17
 
    
    
    <08:50> 国債先物は小反発で寄り付く、長期金利は0.005%で出合う
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比1銭高の152円10銭と小反発して寄り付い
た。FOMC(米連邦公開市場委員会)で買い入れ資産の年限長期化が見送られ、米金利
がスティープ化したが、円債への影響は限定的となっている。10年最長期国債利回り(
長期金利)は同変わらずの0.005%で出合いを付けた。
    市場では「FOMCを受けての米金利スティープ化の動きも小幅だった。本日は利付
国債の入札や日銀オペもなく、手掛かりに欠ける」(国内証券)との声が出ている。
    
    
 TRADEWEB                                
           OFFER   BID     前日比  時間
 2年       -0.141   -0.13  -0.003    8:45
 5年       -0.125  -0.118       0    8:48
 10年           0   0.005  -0.005    8:49
 20年       0.375   0.383  -0.003    8:49
 30年        0.62   0.628   0.003    8:49
 40年       0.669    0.68   0.004    8:49
 

    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up