for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:前場の国債先物は小幅続落、米金利上昇一服で下げ止まりの兆し

    [東京 24日 ロイター] -    
    <11:14> 前場の国債先物は小幅続落、米金利上昇一服で下げ止まりの兆し
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日終値比3銭安の151円03銭と小幅続落して午
前の取引を終えた。現物市場の10年物国債利回り(長期金利)は、前営業日の取引時間
中にも付けた水準で同0.5bp上昇の0.120%。   

    前日の米国市場では、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が議会証言で、米
景気回復は依然「まばらで完全とは程遠い」状態で、FRBが導入した政策の変更を検討
するまでには「しばらく時間がかかる」との認識を示したことから、国債価格が小幅に上
昇、金利は総じて低下した。
    きょうの国債先物相場は、この流れを引き継いで買いが先行して反発スタートとなっ
たものの、買い一巡後は、前営業日終値近辺でもみ合う展開が続いた。
    
    また午前10時半には財務省が、残存期間5年超15.5年以下対象の流動性供給入
札(発行予定額は5000億円程度)を通告。
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)の稲留克俊シニア債券ストラテ
ジストが「地方銀行や信用金庫などの強い需要を背景に、大崩れする心配はないだろう」
との見方を示すなど、市場では特段不安視する向きは少ない。
    
    現物市場で新発債利回りは横ばいから上昇。2年債は前営業日比横ばいのマイナス0
.115%、5年債も同0.5bp上昇のマイナス0.065%。一方ロングエンドは、
20年債が同1.5bp上昇の0.535%、30年債は同2.0bp上昇の0.715
%、40年債は同2.0bp上昇の0.760%。
    超長期ゾーンの弱さについては、MUMSSの稲留氏は「日本市場では、米国やドイ
ツでイールドカーブがスティープ化してきた間、その動きに付いて行かなかった分、ステ
ィープ化圧力が潜在的に残っている可能性がある」と指摘した。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.030─マイナス0.004%
を中心に取引された。「取り手の資金調達意欲、特に地銀の調達意欲が強い状況」(国内
金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.117  -0.107   0.005   11:00
 5年        -0.071  -0.064   0.004   11:00
 10年        0.118   0.125   0.009   10:59
 20年        0.532   0.539   0.018   10:55
 30年        0.711   0.719    0.02   11:01
 40年        0.758   0.766   0.022   11:00
 
    

        
    <10:31> 財務省が流動性供給入札を通告、特段不安視する向きは少ない
    
    財務省は午前10時半、流動性供給入札を通告した。対象は残存期間5年超15.5
年以下、発行予定額は5000億円程度。
    市場では「大崩れする心配はないと予想する」(三菱UFJモルガン・スタンレー証
券)との声が出るなど、特段不安視する向きは少ない。
    
    国債先物は買い一巡後は伸び悩み。中心限月3月限は前営業日比1銭安の151円0
5銭と、前営業日終値近辺でもみ合っている。現物市場の10年物国債利回り(長期金利
)は同0.5bp上昇の0.120%。    
    
    
 TRADEWEB  OFFER   BID     前日比  時間
 2年        -0.12  -0.109   0.003   10:31
 5年       -0.071  -0.064   0.004   10:23
 10年       0.118   0.124   0.008   10:31
 20年       0.528   0.535   0.014   10:18
 30年       0.705   0.714   0.015   10:29
 40年       0.748   0.757   0.013   10:27
 
    
    <08:48> 国債先物は反発して寄り付く、米長期金利の上昇一服を好感
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比7銭高の151円13銭と反発して寄り付いた
。
    前日の米国市場では、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が議会証言で「米
経済はなお支援が必要」との考えを示したことを受け、国債価格が小幅に上昇、金利は総
じて低下した。
    きょうの円債市場は、こうした海外取引時間の流れを引き継ぎ、いったん下落に歯止
めがかかり、買い優勢でスタートしている。
    
    
 TRADEWEB  OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.122   -0.11   0.002    8:48
 5年        -0.076  -0.069  -0.001    8:48
 10年         0.11   0.118   0.002    8:48
 20年        0.519   0.529   0.008    8:48
 30年        0.693   0.703   0.004    8:48
 40年        0.738   0.749   0.005    8:48
 
    

    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up