for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は続落で引け、10年債入札順調で下げ渋り

    [東京 1日 ロイター] - 
    <15:10> 国債先物は続落で引け、10年債入札順調で下げ渋り
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比22銭安の150円94銭と続落して取引を終
えた。日銀オペ予定の減額で売りが先行したが、10年債入札が順調で後場は下げ渋った
。10年最長期国債利回り(長期金利)は同2.0bp上昇の0.110%。
    
    日銀が31日発表した4月の国債買い入れ予定(オペ紙)で最大の減額となったのが
残存5─10年対象の国債だ。月間3000億円の減額にはサプライズ感も大きく、本日
の10年債入札には不安もあった。
    
    しかし、入札結果は順調。応札倍率は上昇し、テール(落札価格の平均と最低の開き
)は1銭に縮小した。新発債だったこともあるが、「0.1%を超える利回り水準にはし
っかり需要があることが確認された」(国内証券)とみられている。
    
    米金利上昇などに対する警戒感は依然強いものの、市場では「順調な入札結果を受け
ていったん安心感が広がりそうだ」(りそなホールディングスのチーフストラテジスト、
梶田伸介氏)との声が出ている。
    
    現物市場で新発債利回りは上昇。5年債は同1.0bp上昇のマイナス0.085%
。20年債は同2.0bp上昇の0.495%、30年債は同3.0bp上昇の0.69
5%、40年債は同2.5bp上昇の0.735%。2年債は出合いがみられなかった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.014%と、
前営業日(マイナス0.044%)を上回る見通し。「月末・期末要因が剥落し、30日
のレベルにすぐに戻った。地銀などの強い調達がみられた」(国内金融機関)という。ユ
ーロ円3カ月金利先物は弱含み。

    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.127  -0.117   0.006   15:05
 5年        -0.085  -0.078   0.015   15:06
 10年        0.104   0.111   0.016   15:04
 20年         0.49   0.497   0.018   15:03
 30年        0.688   0.696   0.025   15:09
 40年        0.733   0.742   0.026   15:02
 
    
    
    
    
    <12:43> 10年債入札結果は順調、国債先物は下げ幅縮小
    
    財務省が午後0時35分に発表した10年利付国債の入札結果で、最低落札価格は9
9円76銭(最高落札利回り0.124%)、平均落札価格は99円77銭(平均落札利
回り0.123%)となった。落札価格の平均と最低の開き(テール)は1銭で、前回(
3銭)から縮小した。応札倍率は3.54倍で前回(3.14倍)から上昇した。
    
    市場では「日銀オペ減額で不安もあったが、結果は順調だった。新発債需要に加え、
0.1%を超える利回り水準に魅力を感じる投資家が多かったとみられる」(国内証券)
との声が聞かれた。
    
    入札結果を受けて国債先物は下げ幅縮小。中心限月6月限は前営業日比20銭安の1
50円96銭で推移している。10年最長期国債利回り(長期金利)は0.115%で前
場と変わらず。    
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.129  -0.118   0.005   12:43
 5年        -0.085  -0.079   0.014   12:42
 10年        0.104    0.11   0.015   12:43
 20年        0.487   0.497   0.018   12:43
 30年        0.683   0.693   0.022   12:43
 40年        0.722   0.734   0.018   12:42
 
    
    
    
    
    <11:17> 10年債入札結果予想、最低落札価格は99円70─73銭付近か
    
    財務省が午後0時35分に発表する10年利付国債の入札結果について、市場では、
最低落札価格は99円70─73銭付近になるとの見方が出ている。
    
    
 
 TRADEWEB                               
            OFFER   BID     前日   時間
                            比     
 2年        -0.129  -0.118  0.005  11:01
 5年        -0.085  -0.078  0.015  10:57
 10年        0.111   0.118  0.023  11:01
 20年        0.493     0.5  0.021  11:00
 30年        0.686   0.694  0.023  11:00
 40年        0.727   0.737  0.021  11:01
 
    
    
    <11:08> 前場の国債先物は大幅続落、日銀の買入れ減額方針受け 長期金利
0.115%
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比24銭安の150円92銭と続落して午前の取
引を終えた。長期金利の指標となる現物10年国債のカレント銘柄利回りは同2.5bp
上昇の0.115%。
    
    日銀が前日夕方に4月の国債買い入れを3月分から幅広い年限で減額する計画(オペ
紙)を示したことを受け、夜間取引で先物が売られた地合いを引き継ぎ、寄り付きから軟
調な展開となった。
    
    りそなホールディングスの梶田伸介チーフストラテジストは「オペ紙は、特に5─1
0年ゾーンが思ったより減らされたという印象だ。ただしその影響は、きょうの調整であ
る程度相場に織り込まれたのではないか」と話す。
    その上で、財務省が本日実施する10年利付国債入札について、「事前の調整が進ん
だためそれなりのニーズはあるとみているが、仮に入札に波乱があった場合は後場に相場
が一段安する可能性もある」との見方を示した。
    
    現物市場でその他の新発債利回りは総じて上昇。5年債は前営業日比1.5bp上昇
のマイナス0.080%、20年債は同2.5bp上昇の0.500%、30年債も同2
.5bp上昇の0.690%、40年債も同2.5bp上昇の0.735%。2年債はま
だ出合いが見られていない。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.030─マイナス0.002%
を中心に取引された。「前日の月末・期末・年度末という特殊要因がはく落したため、地
合いもレートも前々日の水準に戻った感じ」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金
利先物は弱含み。
    
    
 TRADEWEB                               
           OFFER   BID      前日   時間
                            比     
 2年       -0.129   -0.118  0.005  11:01
 5年       -0.085   -0.078  0.015  10:57
 10年       0.111    0.118  0.023  11:01
 20年       0.493      0.5  0.021  11:00
 30年       0.686    0.694  0.023  11:00
 40年       0.727    0.737  0.021  11:01
 
    
        
    <10:30> 財務省が10年債入札通告、日銀の買入減額方針受け多少の不透明感
も
    
    財務省は午前10時半、10年利付国債入札を通告した。発行予定額は2兆6000
億円。利率0.10%で、第362回債の新規発行となった。
    市場では「日銀の4月の国債買い入れ方針を受けてやや不透明感が強まった」(国内
証券)との指摘や、「0.1%台ならば買いづらさはないだろう」(別の国内証券)との
声が出ている。
    
    国債先物は引き続き軟調。中心限月6月限は前営業日比24銭安の150円92銭近
辺で推移している。長期金利の指標となる10年国債のカレント銘柄利回りは同3.0b
p上昇の0.120%。
    
    
    
 TRADEWEB                               
            OFFER   BID     前日   時間
                            比     
 2年         -0.13  -0.118  0.005  10:26
 5年        -0.085  -0.079  0.014  10:27
 10年        0.114    0.12  0.025  10:22
 20年        0.494   0.501  0.022  10:30
 30年        0.686   0.694  0.023  10:26
 40年        0.728   0.737  0.021  10:23
 
        
    
    <08:46> 国債先物は大幅続落で寄り付く、日銀「オペ紙」変更受け売り
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比22銭安の150円94銭で寄り付いた。日銀
が前日夕方に4月の国債買い入れを幅広く減額する計画(オペ紙)を示したことを受けて
夜間取引で先物が大きく値を下げた流れを引き継ぎ、売り優勢の軟調スタートとなってい
る。
     
 TRADEWEB                              
           OFFER   BID     前日   時間
                           比     
 2年       -0.126  -0.114  0.009   8:46
 5年       -0.084  -0.076  0.017   8:46
 10年        0.11   0.121  0.026   8:46
 20年       0.491   0.502  0.023   8:46
 30年       0.679   0.691   0.02   8:46
 40年       0.723   0.736   0.02   8:46
       
    
        
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)<0#JPTSY4=JS
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up