for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:30年債入札結果はやや弱め、国債先物は下げ幅を拡大

    [東京 13日 ロイター] - 
    <12:51> 30年債入札結果はやや弱め、国債先物は下げ幅を拡大
        
  財務省が午後0時35分に発表した30年利付国債の入札結果は、最低落札価格が1
01円25銭(最高落札利回り0.649%)となった。平均落札価格は101円36銭
(平均落札利回り0.645%)で、落札価格の平均と最低の開き(テール)は11銭と
、前回(8銭)から拡大した。応札倍率は3.12倍で前回(3.11)からやや上昇し
た。

  市場では「一定の警戒感があった入札だったこともあり、想定通りのやや弱めの結果
となった。絶対水準やレラティブバリューの観点から買いづらさはあったのだろう。ただ
、このまま一方的に売られ続ける方向にはならないのではないか」(国内証券)との見方
が聞かれた。

  入札結果を受けて、国債先物はやや下げ幅を拡大。中心限月6月限は前営業日比15
銭安の151円26銭付近で推移している。新発30年債利回りは0.645%と前場水
準から変わらず。

 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年      -0.132    -0.123      0.005      9:56
 5年       -0.09    -0.085       0.01     12:46
 10年      0.084     0.089       0.01     12:46
 20年      0.449     0.455       0.02     12:46
 30年       0.65     0.658      0.023     12:48
 40年      0.692     0.703      0.018     12:51
 
    
    <11:10> 前場の国債先物は続落、長期金利0.085%に上昇
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比12銭安の151円29銭と続落して午前の取
引を終えた。4月米消費者物価指数(CPI)が上振れし、米長期金利が上昇した流れが
継続したが、日本株が大幅続落したこともあり、下値は限定的だった。10年最長期国債
利回り(長期金利)は同1.0bp上昇の0.085%。
    
    市場では「景気も物価も出遅れている日本は米債に比べ金利上昇圧力が弱い。30年
債入札にもちょうどいい調整となるのではないか」(岡三証券の債券シニア・ストラテジ
スト、鈴木誠氏)との声が出ている。
    
    きょうの30年債入札は70回債のリオープン発行で発行予定額は9000億円程度
。前場の新発30年債利回りは前日比1.0bp上昇の0.645%だった。「生保や年
金による平準買いが見込まれ、無難に通過する」(国内証券)との見方が多い。
    
    現物市場で超長期ゾーンの新発債利回りが上昇。20年債は前日比1.0bp上昇の
0.445%、40年債は同1.0bp上昇の0.690%。2年債と5年債は出合いが
みられなかった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.040─マイナス0.003%
を中心に取引された。「積み最終日前に調達を済ませようという動きがみられ、レートは
やや上昇気味」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。    
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.132  -0.123   0.005    9:56
 5年         -0.09  -0.086   0.009   11:01
 10年         0.08   0.084   0.005   10:56
 20年        0.443    0.45   0.015   11:00
 30年        0.639   0.645    0.01    9:07
 40年        0.688   0.695    0.01   11:00
 
    
    
    
    <10:31> 財務省が30年債入札を通告、無難通過との見方

  財務省は午前10時半、30年債入札を通告した。利率0.7%で、第70回債のリ
オープン発行で、発行予定額は9000億円。

  足元で新発30年債利回りは前日比1.0bp上昇の0.645%。入札前取引(W
I)は前日時点で0.640%だった。

  市場では「生保勢による平準買いが見込まれ、無難に通過するのではないか」(国内
証券)との見方が出ている。

  国債先物は軟調。中心限月6月限は前営業日比12銭安の151円29銭近辺で推移
している。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇の0.085%。

 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年      -0.132    -0.123      0.005      9:56
 5年       -0.09    -0.085       0.01      9:56
 10年       0.08     0.084      0.005     10:28
 20年      0.439     0.445       0.01     10:29
 30年      0.639     0.645       0.01      9:07
 40年      0.684     0.691      0.006     10:00
 
    
    <08:46> 国債先物は続落で寄り付く、米CPI上昇で売り先行
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比13銭安の151円28銭と続落して寄り付い
た。4月の米消費者物価指数(CPI)が約12年ぶりの高い伸び率となり、米長期金利
が上昇。円債も売りが先行している。
    一方、市場では「米国に比べ物価が安定している日本の国債は相対的に買いやすくな
る」(国内証券)との声も聞かれた。
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.131  -0.124   0.004    8:45
 5年        -0.093  -0.086   0.009    8:42
 10年        0.081   0.088   0.009    8:45
 20年        0.444   0.451   0.016    8:45
 30年        0.642   0.651   0.016    8:45
 40年        0.687   0.694   0.009    8:45
 
    
    
    

    
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)<0#JPTSY4=JS
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up