for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は弱含み継続、日銀会合には反応薄

    [東京 16日 ロイター] - 
    <13:01> 国債先物は弱含み継続、日銀会合には反応薄
    
  日銀は15─16日に開いた金融政策決定会合で、現行の長短金利操作(イールドカ
ーブ・コントロール)付き量的・質的金融緩和政策の継続を賛成多数で決定した。
  日銀は合わせて金融機関の気候変動対応を支援するための資金供給の骨子素案も発表
。金融機関に対して利用額に応じた付利は行わず、利用残高の2倍の金額を「マクロ加算
残高」に加算することなどを盛り込んだ。
  
    気候変動オペは、成長基盤強化支援オペの後継との日銀方針通りの内容となり、市場
では「日銀は気候変動オペにインセンティブを付けて残高を伸ばすという意図がないよう
だ。今後マネタリーベースの残高が伸び悩む可能性が出てくる」(国内金融機関)との声
が聞かれた。
    
  日銀会合の結果を受けた市場の反応は乏しい。「(気候変動オペに)仮にプラス金利
付利が付いたとしても、そこまで影響はなかったのではないか」(国内証券)との見方が
出ている。
      
    国債先物は後場に入っても弱含みで推移。中心限月9月限は前営業日比8銭安の15
2円26銭付近で推移している。新発10年国債利回り(長期金利)は同0.5bp低下
の0.015%で、前場と変わらず。
  
 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年       -0.13    -0.124      0.001     12:55
 5年      -0.128    -0.121      0.004     12:57
 10年      0.014      0.02      0.006     12:52
 20年      0.385      0.39      0.006     12:53
 30年      0.625     0.631     -0.009     12:57
 40年      0.694     0.702     -0.016     12:57
 

    
    
    <11:10> 前場の国債先物は反落、利益確定売り 長期金利0.015%に上昇
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比12銭安の152円22銭と反落して午前の取
引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和継続期待を背景とした米金利低下の
流れから買いが先行したが、過熱感もあり、徐々に利益確定売りが強まった。新発10年
国債利回り(長期金利)は同0.5bp上昇の0.015%。
    
    日銀はきょう、2日目の金融政策決定会合を開く。民間金融機関による気候変動関連
の投融資を支援する資金供給制度の骨子を議論し、公表する見通しだ。貸付期間や残高に
応じてプラス金利の付利を適用するかなどが焦点となっている。
    
    市場では「気候変動オペの規模が20─30兆円のレベルになれば別だが、少なくと
も当初はプラス付利になっても円債市場への影響は限定的だろう」(JPモルガン証券の
債券調査部長、山脇貴史氏)との見方が出ている。
    
    現物市場で新発債利回りはまちまち。5年債は前日比変わらずのマイナス0.130
%。20年債は同0.5bp上昇の0.385%となったが、30年債は同1.0bp低
下の0.625%、40年債は同1.5bp低下の0.700%と、長めの金利が低下し
た。2年債は出合いがみられなかった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.055─マイナス0.020%
を中心に取引された。「新積み期に入ったが、地合いは前日とほぼ変わらない」(国内金
融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年         -0.13  -0.124   0.001   10:58
 5年        -0.128  -0.121   0.004   11:00
 10年        0.015    0.02   0.006   10:58
 20年        0.385   0.391   0.007   11:02
 30年        0.625   0.631  -0.009   11:00
 40年        0.696   0.704  -0.014   11:01
 
    
    
    
    <08:47> 国債先物は続伸で寄り付く、買い一巡後は日銀会合待ち
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比5銭高の152円39銭と続伸して寄り付いた
。米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和継続期待を背景に米長期金利が低下を続けてお
り、円債も買いが先行している。
    市場では「やや過熱感も出ている。買い一巡後は日銀決定会合で導入が決定される見
込みの気候変動オペの内容を見極めたいとのムードが強まりそうだ」(国内銀行)との声
が出ている。
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.132  -0.125       0    8:46
 5年         -0.13  -0.124   0.001    8:46
 10年        0.006   0.013  -0.001    8:46
 20年        0.371   0.378  -0.006    8:46
 30年         0.62   0.629  -0.011    8:46
 40年        0.693   0.701  -0.017    8:46
 
    
        
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)<0#JPTSY4=JS
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up