for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:前場の国債先物は急反発、落ち着きどころ探る展開 長期金利0.25%

    [東京 16日 ロイター] -    
    <11:07> 前場の国債先物は急反発、落ち着きどころ探る展開 長期金利0.25
%
    
    国債先物中心限月9月限は、前営業日比1円26銭高の146円84銭と大幅反発し
て午前の取引を終えた。前日の急落を経て、落ち着きどころを探る展開となっている。新
発10年国債利回り(長期金利)は同横ばいの0.250%。
    
    前日の米国市場では連邦準備理事会(FRB)が予想通り75ベーシスポイント(b
p)の利上げを決定、またパウエル議長が記者会見で次回7月の連邦公開市場委員会(F
OMC)会合では75bpもしくは50bpでの利上げの公算が大きいと述べたことを受
けて、国債相場が反発。米10年債利回り(長期金利)は3.29%に低下
して取引を終えた。
    
    こうした海外取引時間の債券高地合いを引き継ぎ、昨日は前日比2円超急落した国債
先物は、きょうは寄り付きから買い戻し優勢の展開となった。
    その後午前10時10分には、日銀が10年債の対象銘柄を0.25%の利回りで無
制限に買い入れる指し値オペを、前日に続いて残存7年の356回債を対象に加えてオフ
ァー。これも需給面から現物中長期債相場をサポートした。
    
    現物市場で10年物以外の新発国債利回りは低下。5年債は前営業日比2.0bp低
下の0.050%、20年債は同5.5bp低下の0.875%、30年債は同4.0b
p低下の1.195%。2年債と40年債はまだ出合いがみられていない。
    
    アクサ・インベストメント・マネージャーズの債券ストラテジスト、木村龍太郎氏は
「昨日大きく市場が荒れたこともあり業者間取引のアスク・ビッドは非常に広く、板も薄
い。落ち着きどころを探る展開ではあるが、日銀の重要イベント前で現物の出来高は期待
しづらく、なかなか居所をつかみにくい状況。日銀会合の結果を確認すれば、実需もしっ
かり入ってくるだろう」との見方を示した。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.05%台─マイナス0.01%
台とワイドレンジ中心で取引された。「きょうから新積み期に入って一旦流れがリセット
され、ビッドサイドはまだ様子見、オファーは前積み期序盤より減少している印象。加重
平均レートはマイナス0.04%台に低下しそうだ」(国内金融機関)という。ユーロ円
3カ月金利先物は閑散。
    
    
 TRADEWEB                                  
            OFFER    BID     前日比  時間
 2年         -0.087  -0.064  -0.005   11:01
 5年          0.043   0.062  -0.008   11:01
 10年         0.242   0.252       0   11:01
 20年         0.883   0.903  -0.002   11:01
 30年         1.178   1.213  -0.007   11:01
 40年         1.263   1.301  -0.014   11:01
    
    
  
                    
    <10:11> 日銀が指し値オペ通告、対象銘柄は356・364・365・366回債
    
    日銀は午前10時10分、固定利回り入札方式による国債買い入れ(指し値オペ)を
通告した。スタートは6月17日。対象は10年債の356回、364回、365回、3
66回。固定利回り格差はマイナス0.005%と0.000%。この結果、10年35
6回債と366回債の買入利回りは0.250%となる。
    
    国債先物は引き続き堅調。中心限月9月限は前営業日比1円68銭高の147円26
銭付近で推移している。新発10年国債利回り(長期金利)は同横ばいの0.250%。
    
   
 TRADEWEB                                  
            OFFER    BID     前日比  時間
 2年         -0.089  -0.072  -0.013   10:12
 5年          0.042   0.062  -0.008   10:11
 10年         0.247   0.255   0.003   10:12
 20年         0.869   0.885   -0.02   10:11
 30年         1.173   1.204  -0.016   10:11
 40年         1.261   1.297  -0.018   10:11
      
    
    
    
    
    <08:45> 国債先物は急反発で寄り付く、FOMC後の米金利低下の流れを反
映

    国債先物中心限月9月限は、前営業日比1円47銭上昇の147円05銭と急反発し
て寄り付いた。
    前日の米国市場では連邦準備理事会(FRB)が予想通り75ベーシスポイント(b
p)の利上げを決定、パウエル議長が記者会見で次回7月の連邦公開市場委員会(FOM
C)では75bpもしくは50bpでの利上げの公算が大きいと述べたことを受けて、国
債相場が反発。
    昨日は急落した円債先物だったが、きょうは海外取引時間の債券高地合いを反映して
買い戻し先行でスタートしている。
    

 TRADEWEB                                  
            OFFER    BID     前日比  時間
 2年         -0.091  -0.058   0.001    8:46
 5年          0.034   0.063  -0.007    8:46
 10年         0.239   0.252       0    8:45
 20年         0.897   0.913   0.008    8:46
 30年         1.188   1.217  -0.003    8:46
 40年         1.288   1.306  -0.009    8:46
 
    
       
    
        
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)<0#JPTSY4=JS
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up