for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:3カ月物TB入札結果はやや弱い 国債先物は小じっかり

    [東京 5日 ロイター] -    
    <12:41> 3カ月物TB入札結果はやや弱い 国債先物は小じっかり
    
    財務省が午後0時半に発表した新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果は、最
高落札利回りがマイナス0.1202%、平均落札利回りがマイナス0.1299%。前
回(最高がマイナス0.1323%、平均がマイナス0.1419%)から上昇した。応
募額は12兆2738億円、募入決定額は4兆5400億2000万円だった。
    市場では「やや弱い結果ではあるが、想定の範囲内」(国内金融機関)との声が出て
いた。    
    
    国債先物は後場に入っても引き続き小じっかり。中心限月9月限は前営業日比6銭高
の150円68銭近辺で推移している。新発10年国債利回り(長期金利)は同横ばいの
0.170%。
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.105  -0.099  -0.006   12:36
 5年         -0.04  -0.035  -0.006   12:40
 10年        0.165    0.17  -0.005   12:35
 20年        0.808   0.816  -0.009   12:40
 30年        1.162   1.173  -0.011   12:41
 40年        1.301   1.317   -0.01   12:41
    
    

    
    
    <11:07> 前場の国債先物は小幅続伸、米雇用統計控え上値重く
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比3銭高の150円65銭と続伸して午前の取引
を終えた。イングランド銀行(英中央銀行)が示したリセッション(景気後退)見通しで
、欧州中心に金利が低下。円債も買いが先行したが、7月米雇用統計の発表を控え、上値
が重くなった。新発10年国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.170%。
    
    7月米雇用統計の市場予想は、非農業部門雇用者数が25万人増加(前月は37万2
000人増)、失業率が3.6%(同3.6%)となっている。
    
    強ければ金利上昇要因となるが、市場では「大幅利上げ観測は、徐々に将来の景気後
退懸念につながり、長めの金利の低下要因に転じる」(三菱UFJモルガン・スタンレー
証券のシニア債券ストラテジスト、稲留克俊氏)との指摘も出ている。
    
    現物市場で新発債利回りはまちまち。5年債は同変わらずのマイナス0.030%、
20年債は同0.5bp低下の0.820%、30年債は同0.5bp低下の1.175
%。2年債と40年債は出合いがみられなかった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.010─マイナス0.008%
を中心に取引された。「銀行勢の強い調達が続いている。加重平均レートは横ばい見込み
」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.105  -0.097  -0.004   11:01
 5年        -0.035   -0.03  -0.001   10:41
 10年        0.164   0.171  -0.004   11:01
 20年        0.813   0.821  -0.004   11:01
 30年        1.168   1.177  -0.007   11:00
 40年        1.305    1.32  -0.007   11:00
 
    
    
    
    
    <10:10> 日銀が指し値オペ通告、国債先物はマイナスに
    
    日銀は午前10時10分、固定利回り入札方式による国債買い入れ(指し値オペ)を
通告した。スタートは8月8日。対象は10年債の356回と365回、366回、36
7回債。固定利回り格差の結果、10年356回債と367回債の買い入れ利回りは0.
250%となる。
    
    7月の米雇用統計の発表を今晩に控え、様子見気分が強まる中、国債先物はマイナス
圏に沈んでいる。中心限月9月限は前営業日比2銭安の150円60銭付近で推移してい
る。新発10年国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.170%。
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.104  -0.097  -0.004   10:10
 5年        -0.035   -0.03  -0.001   10:07
 10年        0.175   0.184   0.009   10:10
 20年        0.821   0.829   0.004   10:10
 30年        1.173   1.181  -0.003   10:07
 40年        1.313   1.327       0   10:10
 

    
    
    <08:47> 国債先物は続伸で寄り付く、英中銀がリセッション見通し
    
    国債先物中心限月9月限は、前営業日比13銭高の150円75銭と続伸して寄り付
いた。イングランド銀行(英中央銀行)が示したリセッション(景気後退)見通しで、欧
州中心に金利が低下。円債も買いが先行している。ただ、7月の米雇用統計の発表を今晩
に控え、「上値を追う展開にはならない」(国内証券)との見方が多い。
    英中銀は4日、政策金利を0.5%ポイント引き上げたが、今年第4・四半期にリセ
ッション入りすると予想。リセッションは5四半期続くとの見通しを示した
。
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.107  -0.094  -0.001    8:46
 5年         -0.04  -0.032  -0.003    8:47
 10年        0.161   0.169  -0.006    8:47
 20年        0.809   0.822  -0.003    8:47
 30年        1.164   1.179  -0.005    8:48
 40年        1.305   1.323  -0.004    8:48
 
    
    
    
    
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)<0#JPTSY4=JS
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up