for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反発で引け、米利上げペース鈍化観測

       [東京 24日 ロイター] - 
  
    <15:10> 国債先物は小反発で引け、米利上げペース鈍化観測 
    国債先物中心限月12月限は前営業日比4銭高の149円38銭と反発して取引を終
えた。米利上げペース鈍化観測から買い先行の展開となったが、上値も重かった。新発1
0年国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.240%だった。
    11月1─2日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨のポイントは2つ。1
つは利上げペースの減速の示唆、2つ目はターミナルレート(政策金利の最終地点)引き
上げの示唆だ。内容的には2つがバランス良く言及されていたが、市場では今回はハト派
的トーンの方が強かったとの受け止めが多い。    
    10日に発表された10月米消費者物価指数(CPI)でインフレ鈍化観測が強まっ
て以降、金利低下と株高傾向が続いていた。市場では、インフレを高進させかねない株高
を抑制するために議事要旨ではタカ派トーンが強まるとの見方が多かったが、「バランス
の取れた内容だった」(国内銀行)という。
    「パウエルFRB議長など主流派は、金融市場はすでに想定以上に引き締まっている
との認識を強めているのではないか。利上げペースの減速と早い時期の利上げ停止はもう
決まっているということをはっきりさせ、景気のオーバーキルを防ぐ意図がありそうだ」
と、みずほ証券のシニア債券ストラテジスト、上家秀裕氏は指摘する。
    ただ、きょうは米国市場が感謝祭で休場であるほか、日本では40年債入札をあすに
控えており、様子見ムードも強かった。「入札への警戒感は和らいでいるが、日米で休み
が続くため市場参加者が少ない。一定の不透明感はある」(国内証券)という。
    現物市場で新発債利回りは総じて低下。2年債は前日比0.5bp低下のマイナス0
.030%、5年債は同0.5bp低下の0.075%。20年債は同0.5bp低下の
1.055%、30年債は同1.0bp低下の1.445%、40年債は同0.5bp上
昇の1.695%。
    短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートは前営業日(マイナス0.0
73%)から横ばいの見通し。「地銀などの調達が依然として弱い」(国内金融機関)と
いう。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.034  -0.023  -0.003   15:02
 5年         0.073    0.08  -0.005   15:05
 10年        0.238   0.245       0   15:02
 20年        1.051   1.063  -0.006   15:02
 30年        1.437   1.447  -0.014   15:08
 40年        1.684     1.7       0   15:02
    <11:07> 前場の国債先物は反発、FOMC議事要旨はハト派的との見方
    国債先物中心限月12月限は、前営業日比7銭高の149円41銭と反発して午前の
取引を終えた。新発10年国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.240%。米利上
げペース鈍化観測から買いが先行した。
    米連邦準備理事会(FRB)が23日に公表した11月1─2日の米連邦公開市場委
員会(FOMC)議事要旨で、政策立案者の「かなり多数」が、利上げペース鈍化が「間
もなく適切になる」との見方に同意したことが分かった。
    「足元で金利低下と株高が進む中で、利上げペース減速と利上げ最終地点引き上げの
示唆をどうバランスさせて書かれるかが注目点だったが、印象的にはハト派トーンが強い
と受け止められる内容だった」と、三井住友銀行のチーフ・マーケット・エコノミスト、
森谷亨氏は指摘する。
    現物市場で新発債利回りは低下。2年債は前日比0.5bp低下のマイナス0.03
0%、30年債は同1.5bp低下の1.440%、40年債は同1.0bp低下の1.
680%。5年債と20年債は出合いがみられなかった。
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.075─マイナス0.070%
を中心に取引された。「調達意欲の弱い地合いは変わらず」(国内金融機関)という。ユ
ーロ円3カ月金利先物は閑散。
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.034  -0.023  -0.003   11:01
 5年         0.066   0.074  -0.011   11:00
 10年        0.238   0.245       0   11:01
 20年        1.044   1.059   -0.01   11:01
 30年        1.433   1.442  -0.019   11:01
 40年         1.67   1.685  -0.015   11:00
    <10:10> 日銀が指し値オペ通告、国債先物は堅調
    日銀は午前10時10分、固定利回り入札方式による国債買い入れ(指し値オペ)を
通告した。スタートは11月25日。対象は10年債の357回債と366回・367回
・368回債。買い入れ利回りは0.250%となる。
    米利上げペースの鈍化観測が強まる中、国債先物は堅調。中心限月12月限は前営業
日比13銭高の149円47銭付近で推移している。新発10年国債利回り(長期金利)
は同変わらずの0.240%。
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.035  -0.024  -0.004   10:10
 5年         0.065   0.073  -0.012   10:05
 10年        0.239   0.245       0    9:16
 20年        1.038   1.054  -0.015   10:10
 30年         1.43   1.439  -0.022   10:01
 40年        1.666   1.682  -0.018   10:10
    <08:45> 国債先物は反発で寄り付く、米利上げペース鈍化観測
    国債先物中心限月12月限は、前営業日比7銭高の149円41銭と反発して寄り付
いた。11月1─2日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で利上げペースの鈍
化が示されたことから、米金利が低下。円債も買いが先行している。
    FOMC議事要旨に関して市場では「全体的にハト派トーンが強まっている。少なく
とも利上げペース引き下げについては、概ね合意ができているのではないか」(外資系証
券)との声が出ている。
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.036  -0.019   0.001    8:45
 5年         0.069   0.079  -0.006    8:45
 10年        0.235   0.243  -0.002    8:45
 20年         1.05   1.066  -0.003    8:45
 30年        1.439   1.451   -0.01    8:45
 40年        1.673     1.7       0    8:45
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)<0#JPTSY4=JS
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 
    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up