for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:日銀オペは無難通過、国債先物は小じっかり継続

       [東京 20日 ロイター] -        
    <12:56> 日銀オペは無難通過、国債先物は小じっかり継続
    日銀が午前に実施した中長期・超長期ゾーン対象の国債買い入れオペについて、市場
では「総じて無難な結果だった。相場反応は限定的」(国内証券)との見方が出ている。
    国債先物は後場に入っても引き続き小じっかり。中心限月3月限は前営業日比5銭高
の146円66銭付近で推移している。新発10年国債利回り(長期金利)は同横ばいの
0.500%。
        OFFER    BID      前日比   時間
 2年      -0.05   -0.043   -0.002    12:34
 5年      0.209    0.215    0.001    12:45
 10年     0.495      0.5   -0.001    12:36
 20年     1.313    1.326    0.007    12:58
 30年     1.483    1.496    0.003    12:53
 40年     1.685    1.703    0.007    12:57
    <11:07> 前場の国債先物は小反発、国内イベント控え上値重い
    国債先物中心限月3月限は前営業日比3銭高の146円64銭と反発して午前の取引
を終えた。米金利の上昇が一服し買いが先行したが、あすの20年債入札や24日の日銀
正副総裁候補の所信聴取を控えて上値が重かった。新発10年国債利回り(長期金利)は
同変わらずの0.500%。
    日本証券業協会が20日発表した1月分の公社債店頭売買高(国債)によると、外国
人が利付債を過去最大となる4兆1190億円売り越したほか、生損保が超長期債を過去
最大の4462億円売り越した。
    みずほ証券のマーケットアナリスト、鈴木優理恵氏は「昨年12月に日銀がサプライ
ズ的に長期金利の許容変動幅を拡大させたことで、生損保もYCC(イールドカーブ・コ
ントロール)を含めた政策修正への警戒感が強まったのではないか」と指摘。その上で2
月以降は超長期金利がフラット化しており、生損保の売りは一時的だった可能性もあると
の見方を示している。
    現物市場の新発債は閑散。30年債は前日比0.5bp上昇の1.490%となった
が、2年債、5年債、20年債、40年債は、いずれも出合いがみられなかった。
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.010─マイナス0.005%
を中心に取引された。「週末要因は剥落したが、調達ニーズの強い地合いが続いている」
(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.051  -0.043  -0.002   11:00
 5年         0.204    0.21  -0.004   10:55
 10年        0.494     0.5  -0.001   11:00
 20年         1.31   1.324   0.005   11:00
 30年        1.482   1.495   0.002   11:01
 40年        1.683     1.7   0.004   11:01
    <10:10> 日銀が国債買入オペ通告、指し値も 国債先物はしっかり
    日銀は午前10時10分の金融調節で、国債の買い入れを通告した。対象は「残存期
間1年超3年以下」(買入予定額4250億円)、「同3年超5年以下」(同5000億
円)、「同5年超10年以下」(同6750億円)、「同25年超」(同1500億円)
。
    1─3月予定で示されたレンジは、1─3年:4250億─5750億円、3─5年
:5000億─6500億円、5─10年:5750億─7750億円、25年超:10
00億─3000億円だった。
    また日銀は、固定利回り入札方式による国債買い入れ(指し値オペ)も通告した。ス
タートは2月21日。対象は10年債の358回債、カレントの367回・368回・3
69回債。買い入れ利回りは0.500%となる。
    国債先物はしっかり。中心限月3月限は前営業日比8銭高の146円69銭付近で推
移している。新発10年債はまだ出合いがみられていない。
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年         -0.05  -0.043  -0.002    9:22
 5年         0.201   0.208  -0.006   10:07
 10年        0.495   0.499  -0.002    9:28
 20年        1.302   1.317  -0.002   10:05
 30年        1.482   1.496   0.003   10:11
 40年        1.686   1.705   0.009   10:11
    <08:49> 国債先物は反発で寄り付く、米金利上昇一服で買い先行
    国債先物中心限月3月限は、前営業日比7銭高の146円68銭と反発して寄り付い
た。強い1月の経済指標を受けた米金利上昇が前週末は一服。円債も買いが先行している
。日銀の国債買い入れもサポート要因。
    ただ、市場では「あすの20年債入札や24日の日銀正副総裁候補の所信聴取を控え
て上値は重い」(国内証券)との見方も出ている。
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.052  -0.045  -0.004    8:48
 5年         0.202   0.208  -0.006    8:48
 10年        0.495     0.5  -0.001    8:45
 20年        1.304   1.319       0    8:48
 30年        1.476    1.49  -0.003    8:48
 40年         1.68   1.698   0.002    8:48
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)<0#JPTSY4=JS
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 
    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up