Reuters logo
ドル112円後半で小動き、「嵐の前の静けさ」との声
2017年2月24日 / 09:25 / 9ヶ月前

ドル112円後半で小動き、「嵐の前の静けさ」との声

[東京 24日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べて、ドル高/円安の112円後半だった。午前は実需筋のフローなどで上昇したが、米財務長官などの発言が意識されて113円台には乗せきれなかった。午後は日経平均の下げ幅拡大に歩調を合わせる形で軟化したものの、その後は反発した。

ムニューシン米財務長官によるドル高懸念や、トランプ米大統領の中国為替操作批判などが意識され、ドルは朝方112.60円付近まで下落した。

その後、仲値に向けてドル買い優勢となり、112.96円まで上昇した。朝方ドルを売り込んだ短期筋がポジションを巻き戻したことや、スポ末の実需のドル買いフローなどが支援したという。

113円乗せに失敗して上値の重さが確認されると、日経平均の下げ幅拡大に連れ安となり、午後1時過ぎにかけて112.70円まで下押しされた。その後は、112円半ばにある国内勢の買い観測をバックにドルを買う動きが見られた。

目先の関心は来週28日のトランプ大統領の施政方針演説に集まっている。積極的にポジションを傾ける動きは出ていないが、市場からは「嵐の前の静けさかもしれない」との声も出ていた。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 112.82/84 1.0579/83 119.36/40

午前9時現在 112.69/71 1.0582/86 119.26/30

NY午後5時 112.57/62 1.0579/84 119.12/16

為替マーケットチーム

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below