for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

午後3時のドルは下落134円後半、世界的な景気後退懸念で売り優勢

[東京 24日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日のニューヨーク市場終盤(134.93/96円)から下落し、134.62/64円で推移している。世界的な景気減速懸念や週末を控えた持ち高調整のドル売り/円買いが優勢となった。

 6月24日、午後3時のドル/円は、前日のニューヨーク市場終盤(134.93/96円)から下落し、134.62/64円で推移している。写真は米ドル紙幣。2月撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

五・十日に伴い仲値にかけては国内輸入企業によるドル買いフローが入り、一時135.22円付近まで上昇。その後は米景気懸念後退への懸念や週末を控えた持ち高調整のドル売りに押され、じりじりと軟化。国内輸出企業によるドル売りや一部の海外勢がドルやユーロに対して円を買い戻す動きもでたとみられ、134.55円付近まで下落した。

ただ、時間外の米株先物や日経平均株価が堅調に推移したことが、ドル/円の下支えとなり、134円後半で小動きとなった。

海外主要中銀の利上げによる景気後退懸念を背景に、リスクオフの円買いが復活している。市場では「パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言をきっかけにドルは対円で売られやすくなった。米金利が低下基調となり、ドル/円は上昇モメンタムを維持できなかった」(国内金融機関)との声が聞かれる。

ステート・ストリート銀行の東京支店・共同支店長、若林徳広氏は「136円台に定着しないと判断した市場参加者が早めに利益確定売りに動いている」と指摘。ただ、ポジションがニュートラルな状態に戻れば、「日米金利差の観点から、ドル/円は再び上昇トレンドに戻る」と予想する。

ユーロ/円は141.92/96円。夕方発表される独IFO企業景況感指数が低調な結果となれば、「ユーロ売り/円買いが再燃する可能性がある」(前出の国内金融機関)との声が聞れた。

ユーロは前日141.45円付近と約1週間ぶりの安値水準まで下落。6月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値が予想を下回ったことや、独経済省が23日にロシアからの供給減と価格高騰を受け、天然ガスに関する3段階の緊急計画で第2段階の「警報」を発令したことから、ユーロの売り圧力が強まった。

ドル/円   ユーロ/ドル ユーロ/円

午後3時現在 134.62/64 1.0541/45 141.92/96

午前9時現在 134.81/83 1.0518/22 141.80/84

NY午後5時 134.93/96 1.0523/27 141.98/02

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up