March 23, 2018 / 6:41 AM / 4 months ago

ドル104円後半、午前の売り買い一巡後は様子見

[東京 23日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の104円後半。心理的節目の105円を割り込んだことで市場参加者の目線が下方向を向いた。売り買いが一巡した後は様子見が強まったものの、海外時間の一段の下落が警戒されている、

 3月23日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の104円後半。心理的節目の105円を割り込んだことで市場参加者の目線が下方向を向いた。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

午後、日経平均が1000円超える下げとなる中、ドルは104円後半で下げ渋った。企業や個人投資家は朝方に取引を終え、午後は小休止ムードとなったという。

市場からは「単なる貿易の問題というより、米国を中心とする世界秩序の崩壊が想起され、ドルは買えない状況になっている」(運用機関ファンド・マネージャー)との声が聞かれた。欧州時間は、朝方の安値104.63円がいったんの下値めどとなり、これを下回れば104円ちょうどがターゲットになる。

一方、上値はこれまでサポートと意識されていた年初来安値105.24円レベルがレジスタンスに切り替わった可能性がある。まずはこの水準を上抜けできるかが焦点となる。

<午前のドルは1年4カ月安値に下落>

午前のドルは早朝に付けた高値105.45円から、104.63円まで下落。米大統領選が行われた2016年11月以来約1年4カ月ぶりの安値を付けた。

その後、国内輸入企業などから大きめのドル買いが観測され、105.09円まで反発したが、株価が下げ幅を拡大する中、105円台の定着に失敗した。

日本の個人投資家についても午前は売り買いが交錯していたという。

午前は、菅義偉官房長官が閣議後会見で、為替の安定が重要だとし、政府として引き続き緊張感を持って動向を注視すると述べた。相場の反応は限定的だったものの、さらに円高が進行した場合は、政府や当局者などから強めのけん制発言が出てくる可能性がある。

ドル/円の下落は、トランプ米大統領が最大600億ドル規模の中国製品に対して関税を課すことを目指す覚書に署名したことや、国家安全保障問題担当の大統領補佐官を解任し、強硬派のジョン・ボルトン氏を後任に充てると表明したことなど、米国発のリスクが警戒されたことが要因となった。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 104.78/80 1.2329/33 129.21/25

午前9時現在 104.94/96 1.2322/26 129.33/37

NY午後5時 105.26/29 1.2300/03 129.60/64

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below