March 30, 2018 / 6:45 AM / 21 days ago

ドル106円半ば、休暇モードで動意薄

[東京 30日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の106円前半。主要なアジア市場がグッドフライデーで休場となっており、参加者が少なかった。週末・期末も重なり、動意に乏しい展開となった。

 3月30日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の106円前半。主要なアジア市場がグッドフライデーで休場となっており、参加者が少なかった。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

アジア市場はオーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポールなどが休場。短期筋も期末を控えて動きが鈍く、午前に日本の実需筋の取引が一巡した後は「ひどい閑散具合」(邦銀)になった。

相場が薄い中、ドルは午後1時付近に106.48円まで急上昇したが、「どこかから少し大きめのドル買いが入っただけだろう」(同)との見方が出ていた。午後3時にかけては106.12円まで下押しした。

きょうは米国、英国、カナダも休場で、特段のニュースがなければ海外時間も基本的に方向感が出にくい。

<午前はユーロ/円の売り目立つ>

午前の取引は、ユーロ/円の売りが目立った。

ユーロは午前9時過ぎの131.00円付近から、仲値にかけて130.60円まで下落した。「月末期末に絡むクロス円の実需の売りフローがあったようだ。東京市場ではクロス円の中でユーロ/円が最も取引量に厚みがあるため、ユーロ/円でのオペレーションになったのだろう」(国内金融機関)との声が出ていた。

ドル/円は、ユーロ/円の下落の波及効果で、仲値にかけて下落し、仲値通過後に106.14円まで下値を切り下げ、正午にかけても弱含みで推移した。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 106.15/17 1.2304/08 130.63/67

午前9時現在 106.48/50 1.2300/04 130.98/02

NY午後5時 106.42/44 1.2301/01 130.89/93

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below