June 26, 2018 / 6:50 AM / 24 days ago

ドル109円半ば、安値圏から小幅に持ち直し

[東京 26日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の109円半ばだった。午後は安値圏で小動きが続いた後、日経平均の上げに連れ高となった。引き継き米中貿易摩擦に対する緊張感は高く、手掛けづらいという。

 6月26日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の109円半ばだった。午後は安値圏で小動きが続いた後、日経平均の上げに連れ高となった。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

ドル/円は朝方から上値の重さが意識された。午前にきょうの安値109.37円をつけた後、しばらく109.40円台を中心に推移。午後、日経平均がプラス転換し、米金利も小幅に上昇すると、ドルも連れて109.62円まで上昇した。中国株は、マイナス圏ながらも総じて落ち着いた値動きとなった。

今週末、米国が中国企業による米ハイテク企業への投資制限を公表するとみられ、ドルは積極的に買いづらいという。「投資制限の話が出てきた中、米中が貿易摩擦の落としどころを探るために交渉するとは思えない。このまま(米国が対中制裁関税を発動する)7月6日を迎えてしまうのではないか」(邦銀)と警戒されている。

貿易摩擦回避の期待が低くなっているだけに、ポジティブなニュースが出るとドル買いへの反応が大きくなりそうだが、何もなければじりじり下落していきそうだ。

目先、市場では今月8日につけた109.20円の攻防が注目点とする声が出ている。テクニカル的にも下値めどとなる水準で、割り込めば世界的な株安基調も手がかりとなって「円買いが加速しやすい」(アナリスト)という。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 109.58/60 1.1709/13 128.32/36

午前9時現在 109.63/65 1.1699/03 128.27/31

NY午後5時 109.76/79 1.1702/06 128.46/50

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below