July 5, 2018 / 7:00 AM / 4 months ago

ドル110円半ば、ユーロ堅調

[東京 5日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日東京市場の午後5時時点から小幅高の110円半ば。午後3時前にユーロが突然上昇した以外は、米国の休場明けで方向感に乏しく、全般小動きだった。

 7月5日、午後3時のドル/円は、前日東京市場の午後5時時点から小幅高の110円半ば。午後3時前にユーロが突然上昇した以外は、米国の休場明けで方向感に乏しく、全般小動きだった。写真は2016年1月撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

東京市場のドルは110円半ばで取引が本格化。きょうは実需の売買が集中する五・十日とあって仲値前に高値110.61円をつけたが、すぐ戻り売りに押され110.29円まで反落した。

その後は小動き。中国株が下げ幅を広げた場面で日経平均がつれ安となり、ドルも110円前半へ軟化したが、一段と売り込む動きは限られた。

その中で目立ったのはユーロ。午後3時前に突然動意を見せ、対円で128円半ばから129.51円まで、対ドルで1.16ドル半ばから1.1702ドルまで買われた。

米国が休場だった前日の米時間に、欧州中央銀行(ECB)の政策担当者の一部が、来年末まで利上げがないと市場で見込まれていることに神経をとがらせていると伝えたブルームバーグの報道が再び話題になったという。

<ドル/人民元、上限は6.9元付近か 報道で思惑>

下げに歯止めがかかるか注目を集めていた中国の上海総合株指数.SSECは寄り付き直後こそプラス圏で推移していたが、午後に入り0.9%安と下げ幅を拡大した。上海外為市場の人民元は6.64元前半と、前日終値の6.6330元から小幅下落した。

市場では、3日に中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁が、人民元を妥当な水準で基本的に安定維持するとの声明を発表したことが引き続き関心を集めている。

この日は、その「妥当な水準」に関連する中国政府関係者の発言が話題を呼んだ。ロイターは「ある内部関係者」が「政策決定者はある程度の元安は問題ないと考えている。ただ6.9元超の元安は望んでいない」と述べたと伝えた。「政府が望む(ドル/)人民元の上限は6.9元」(外銀)と読み取れるとの見方だ。

人民元は17年5月に6.9元台をつけた後、ドル安/元高基調が続き、今年3月に6.24元台まで上昇。6月以降は経済指標の下振れや預金準備率の引き下げなどを背景に、再び下げ足を速めている。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 110.65/67 1.1690/94 129.39/43

午前9時現在 110.49/51 1.1658/62 128.83/87

前日午後5時 110.47/48 1.1651/52 128.71/75

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below