May 24, 2018 / 11:38 PM / 6 months ago

北朝鮮問題、外為市場の反応は短期収束か 高官「対話の用意」

 5月25日、前日の外為市場では米朝首脳会談中止の決定を受けて、円とスイスフランが上昇。商品市場で金が1%超買われるなど、リスクオフ型の値動きが目立った。それでも市場では、北朝鮮情勢が市場の値動きに与える影響に関し、長続きしない傾向を指摘する声が出ている。北京で2016年1月撮影(2018年 ロイター/Jason Lee/Illustration)

[東京 25日 ロイター] - 前日の外為市場では米朝首脳会談中止の決定を受けて、円とスイスフランが上昇。商品市場で金が1%超買われるなど、リスクオフ型の値動きが目立った。それでも市場では、北朝鮮情勢が市場の値動きに与える影響に関し、長続きしない傾向を指摘する声が出ている。

実際、昨年相次いだミサイル発射時には、一報を受けて上昇した円相場が発射前の水準へ戻るまでの時間が、発射が度重なるごとに短縮化。最終的にはほとんど反応を見せないこともあった。その後の政治環境や実体経済への影響が乏しいことが次第に明確になってきたためだ。

北朝鮮はけさ、金桂冠・第1外務次官が国営朝鮮中央通信(KCNA)を通じて「米国に対していま一度、北朝鮮はいつ、いかなる方法での問題解決に対しても、オープンであることを主張する」と表明した。市場では「会談中止を残念がっているようだ」(邦銀)との声があがっている。

ドルは109.31円まで切り返した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below