June 6, 2019 / 3:19 AM / in 3 months

正午のドルは108円前半、円高一服 短期筋は買い意欲

 6月6日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の108円前半。朝方にメキシコペソが売られた場面で108.18円まで下落したが、ペソが下げ止まるとドル/円ももみあいに転じた。写真はジャカルタで2005年7月撮影(2019年 ロイター/Beawiharta)

[東京 6日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の108円前半。朝方にメキシコペソが売られた場面で108.18円まで下落したが、ペソが下げ止まるとドル/円ももみあいに転じた。

市場では「107円後半のテクニカルポイントを抜け切れないと、いったん短期筋の買い戻しが入る可能性がある」(トレーダー)との指摘が出ていた。

ペソは5.47円付近でも上値の重い展開。アジア時間の序盤、大手格付け会社の格下げや、対米協議が進展していない点などを懸念する売りが広がった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below