Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:際立った英ポンド急落、インフレ報告で利上げ期待が後退
2017年11月6日 / 00:11 / 14日後

〔マーケットアイ〕外為:際立った英ポンド急落、インフレ報告で利上げ期待が後退

[東京 6日 ロイター] -

<08:58> 際立った英ポンド急落、インフレ報告で利上げ期待が後退

この連休中、主要通貨間で最も大きな動きを見せたのは英ポンドの下げ。

イングランド銀行(BOE)は日本時間2日夜、市場予想通り0.5%へ政策金利を10年ぶりに引き上げたが、同時に発表したインフレ報告書で1年後のインフレ見通しを2.37%と8月の2.58%から引き下げたことなどが手がかり。先々の利上げ期待が急速に後退し売り材料視されたという。

ポンドは対米ドルで2日日中高値から3日にかけて260ポイント下落。10月以来の安値に迫った。対円でも同高値から3円弱売られた。

<07:57> ドル113.80─114.50円の見通し、上値の売り圧力が焦点

ドル/円は114.10円付近、ユーロ/ドルは1.1615ドル付近、ユーロ/円は132.39円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が113.80―114.50円、ユーロ/ドルが1.1590─1.1640ドル、ユーロ/円が131.90―133.30円。

日本の連休中はイングランド銀行(英中央銀行、BOE)の10年ぶりの利上げ、米下院共和党の税制改革法案発表、米連邦準備理事会(FRB)次期議長にジェローム・パウエルFRB理事を指名するとの正式発表、米10月雇用統計など数多くの重要イベントがあったが、結局ドルは113.53─114.43円と上下1円未満のレンジ取引に終始した。

市場では前週と同様、上値で投資家や実需の売りがどの程度強まるかが目先の焦点とする声が出ている。「そうした売りをこなすことができれば、次第に上昇基調が強まる可能性がある」(都銀)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below