Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル112円半ば、米暫定予算の期限先送りできるか注目
December 4, 2017 / 1:57 AM / 15 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル112円半ば、米暫定予算の期限先送りできるか注目

[東京 4日 ロイター] -

<10:52> ドル112円半ば、米暫定予算の期限先送りできるか注目  

ドルは112.68円付近。

市場では、8日に迎える18年度の暫定予算の期限を先送りできれば、米税制改革法案の年内の議会通過の確度がかなり高まるとの見方が出ている。

暫定予算の先送りは上院で民主党議員の賛成も必要だが、「大型ハリケーン後の復興支出の追加分を暫定予算に盛り込ませる可能性がある。それを持ち出されると民主党議員も容易に反対できない」(三井住友銀行の森谷亨チーフ・マーケット・エコノミスト)との指摘もある。

税制改革法案成立のめどが立てば、株高・米金利上昇の材料となり、ドルは114円台に向かって上昇する可能性もあるという。

<09:55> ドル112円後半、次の材料待ちで一進一退

ドルは112.75円付近。早朝は米上院の税制改革法案可決を織り込むかたちで112.98円まで上昇したが、その後は112円後半で一進一退となっている。

市場では「ドル/円はロシア疑惑の悪いニュースで急落した後、米上院の税制改革法案可決という良いニュースで急落前の水準に戻ってきた。これからドルが上がるのか下がるのかは続報次第」(外為アナリスト)との声が出ていた。

税制改革法案については下院案とのすり合わせなど法案成立にはなお調整が必要。一方、ロシア疑惑についても、トランプ政権中枢に捜査の手が及ぶ可能性も否定できない。

<07:59> ドル112.30─113.30円の見通し、ロシア疑惑と米税制改革の綱引き

ドル/円は112.74円付近、ユーロ/ドルは1.1868ドル付近、ユーロ/円は133.70円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が112.30―113.30円、ユーロ/ドルが1.1810─1.1910ドル、ユーロ/円が133.20―134.20円とみられている。

きょうは目立った経済指標がなく、「ロシアゲート」疑惑と米税制改革の進展期待の綱引きとなりそうだ。早朝は112.98円と、心理的節目の113円に迫る水準まで上昇したが、いったん上抜けに失敗している。東京時間は株価や米長期金利の動向をにらみながら上下動するとみられる。

先週末は、ドル/円が急落する場面があった。米上院で税制改革法案が可決されるとの思惑などで112.87円まで上昇していたが、フリン前米大統領補佐官がトランプ米大統領に不利な証言をする準備をしていると伝わり、ドル売りが加速。米株安と米長期金利の低下もあり、111.40円まで下落した。

その後、市場は落ち着き、ドル/円に買い戻しが入った。フリン氏のニュースで急落したが、税制改革への期待がサポートとなり底堅さも確認された格好となった。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below