March 28, 2018 / 11:23 PM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル106円後半、北朝鮮リスク後退への期待感

[東京 29日 ロイター] -

<08:14> ドル106円後半、北朝鮮リスク後退への期待感

ドルは106.81円付近で小動き。

ドルは午前5時前に107.01円まで上昇し、約2週間ぶりの高値をつけた。「参加者の目線は下方向を向いているが、104円台は攻めあぐねた形になっていた。月末やイースター前にいったんポジションを閉じる動きも出たのだろう」(市場筋)との見方が出ていた。

期末・月末に絡んだフローに加え、「東アジアの地政学リスクが後退しつつあるとの思いがドル安・円高の巻き戻しを誘った」(上田ハーロー)との指摘もある。

トランプ米大統領は28日、中国の習近平国家主席から連絡があり、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談が順調に進み、金氏がトランプ氏との会談を楽しみにしているとの伝言を受け取ったことを明らかにした。

<07:56> ドル106.10─107.40円の見通し、高値では利益確定や戻り売り

ドル/円は106.86円付近、ユーロ/ドルは1.2310ドル付近、ユーロ/円は131.51円付近。   きょうの予想レンジはドル/円が106.10―107.40円、ユーロ/ドルが1.2250─1.2370ドル、ユーロ/円が130.80―132.10円とみられている。

東京時間のドルは106円後半を中心にもみ合う展開が予想される。日経平均が買い先行で始まるとみられ、期末・月末に絡むフローなどが入れば107円台に上昇する可能性がある。ただ、107円台は利益確定や戻り待ちの売りも出やすく、上値は抑えられそうだという。

経済指標の発表は、英10─12月期国内総生産(GDP)確報値、独3月消費者物価指数、米2月個人所得・消費支出などがある。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below