May 28, 2018 / 5:10 AM / 5 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ128円前半で堅調、伊政治混乱の小康期待

[東京 28日 ロイター] -

<14:00> ユーロ128円前半で堅調、伊政治混乱の小康期待

ユーロは128円前半。アジア市場の取引開始時に前週末終値から気配値を切り上げて127円後半で寄り付いた後も、底堅い動きが続いている。

イタリアのマッタレッラ大統領が国際通貨基金(IMF)元高官のカルロ・コッタレッリ氏を28日午前の会議に招集したことで「当面の間、実務者内閣を発足させようとしているとの思惑」(外銀)が政治的混乱の小康期待となり、ユーロを支えているという。

イタリアでは新首相に指名されたジュセッペ・コンテ氏が組閣で、ユーロ懐疑派エコノミストであるパオロ・サボーナ氏を経済相へ指名し、大統領が拒否。コンテ氏が組閣を断念した一方、五つ星運動のディ・マイオ党首が大統領の弾劾を議会に要求するなど、波乱の展開となっている。

ユーロは対ドルでも同様の値動き。前週末終盤の1.16ドル半ばからじり高が続き1.17ドル前半へ切り返している。

<12:18> 正午のドルは109円前半、米原油先物の続落や株安を嫌気

正午のドル/円は、25日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ同水準の109.43/45円。

早朝の取引では、米朝首脳会談実現の思惑を背景にドルは109.83円まで上昇した。

しかし、その後、前週末に急落した米原油先物が続落し、一時1バレル=66ドルを下回ったことや、日経平均の下落、そして、今日は休場となっているニューヨーク株式市場が、休日明けの29日に下落する懸念などから、ドルは109.32円まで下落した。

ユーロ/円は朝方の高値128.36円から127.80円まで下落した。

ユーロ/ドルは1.1700ドルばさみ。イタリアとスペインの政治情勢を巡る不安感から、下値を切り下げ「復活の兆しがみられない」(FX会社)という。

米WTI原油先物は1バレル=65.80ドルまで下落し、4月17日以来の安値をつけた。

同原油先物の25日の清算値は67.88ドル。週足では約4.9%の値下がりと、2月初旬以来の大幅な下げを記録した。

<10:45> ドル109円前半、米原油先物が65ドル台に下落、休日明けの米株安も

ドルは109.35円まで下落。米原油先物が一段安となっていることや日経平均が全営業日比でマイナス圏を推移していることなどから、上値が重い。

米WTI原油先物は1バレル=65.80ドルまで下落し、4月17日以来の安値をつけた。

同原油先物の25日の清算値は67.88ドル。週足では約4.9%の値下がりと、2月初旬以来の大幅な下げを記録した。

「原油先物は減産緩和の話を手がかりに、先週末から下げ始めた。もともと原油先物の買い建て玉が、かなりの高水準に積みあがっていたので、崩れ始めると足が速い。さらに、この下げに乗じて、一稼ぎしようというモメンタムトレードが流入し、下げを強調している」とマーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表、亀井幸一郎氏は言う。

足元は、急な下げなので、いずれ原油先物は底を打つとみられるが、その際の反発力が弱ければ、再び下げトレンドに逆戻りする可能性があると同氏はいう。

また、きょうはロンドン、ニューヨーク市場が休場だが、休み明けの米国株市場では、原油先物の急落を嫌気して、安く始まる、と同氏は予想する。

ロシアのノバク・エネルギー相は26日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟産油国の協調減産の緩和について、現在の減産の基準になった2016年10月の水準に戻すのが選択肢の一つだとの考えを示した。ロシアの16年10月の原油生産量は日量1124万7000バレルと30年ぶりの高水準だった。

<09:40> ドル109円後半、ユーロは1.17ドルばさみで復活の兆しなし

ドルは109.65円付近。朝方から109.58―109.83円と小幅なレンジでの値動きとなっている。

ユーロ/ドルは1.1700ドルばさみ。イタリアとスペインの政治情勢を巡る不安感から、下値を切り下げ「復活の兆しがみられない」(FX会社)という。

ユーロ/ドルが弱い中で、「クロス円全般に下値めどが立ちにくい。ユーロが弱い間は、(クロス円の)上値は限られるだろう」(同)。

ユーロは現在128.26円付近。25日に一時127.17円まで下落し約1年ぶりの安値をつけた。

衆参両院の予算委員会は28日、森友・加計学園問題などを巡る集中審議を行う。

午前の参院予算委で、安倍晋三首相は、愛媛県資料に指摘された2015年2月25日前後に加計学園の加計孝太郎理事長と面会してはいない、と改めて否定。「加計氏とは何度も会っているが、獣医学部新設について話したことはない」と述べた。

また、同委員会で、麻生太郎財務相は森友問題で「事実と異なる国会答弁をしてきた。財務省のトップとして深くお詫び申し上げる」と陳謝した。

為替市場の反応は限定的。

<08:36> 米原油先物が67ドルまで下落、ユーロ/円の重しに  

米WTI原油先物は現在1バレル=67.28ドル付近。一時間ほど前に67ドルちょうどまで下落し、5月2日以来約1カ月ぶりの安値をつけた。

同原油先物の25日の清算値は、4%(2.83ドル)安の1バレル=67.88ドル。週足では約4.9%の値下がりと、2月初旬以来の大幅な下げを記録した。

背景は、サウジアラビアとロシアのエネルギー相が会合し、協調減産緩和を巡り協議したこと。ロシアのノバク・エネルギー相は26日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟産油国の協調減産の緩和について、現在の減産の基準になった2016年10月の水準に戻すのが選択肢の一つだとの考えを示した。ロシアの16年10月の原油生産量は日量1124万7000バレルと30年ぶりの高水準だった。

北海ブレント先物は25日、3%(2.35ドル)安の同76.44ドルで終了。週足では約2.7%下落し、4月初旬以来の大幅な下落となった。

こうした原油先物の下落は、ユーロ/円などクロス円の重しとなっている。

ユーロは現在128.11円付近。25日に127.17円まで下落し約1年ぶりの安値をつけたあと、早朝の取引では、米朝首脳会談実現の思惑から128.36円まで急反発したが、その後は、上昇分を徐々に手放している。

<08:04> ユーロ128.15円付近、約1年ぶり安値から反発後に失速

ユーロ/円は128.15円付近。

早朝の取引でユーロは、米朝首脳会談実現の思惑を背景に、一時128.36円まで勢いよく反発したが、その後は上昇が失速した。

25日のニューヨーク市場で、ユーロは一時127.17円まで下落し、昨年6月以来の安値をつけた。原油先物の急落や米国株の下落が背景要因。

また、イタリアに加え、スペインの政治情勢に対する懸念が広がり、ユーロは幅広い通貨に対して下落した。ユーロ/ドルは1.1646ドルと半年ぶりの安値をつけた。

米大手格付け会社のムーディーズは25日夜、イタリアのソブリン格付け「Baa2」を引き下げ方向で見直すとの方針を明らかにした。その理由として、イタリアの次期政権が歳出拡大に走る可能性を指摘した。

<07:45> ドル109.10─110.10円の見通し、米朝首脳会談実現の思惑で一時110円目指す

ドル/円は109.65円付近、ユーロ/ドルは1.1678ドル付近、ユーロ/円は128.04円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が109.10―110.10円、ユーロ/ドルが1.1620─1.1720ドル、ユーロ/円が127.60―128.60円とみられている。

早朝の取引でドルは一時109.83円まで上昇した。トランプ米大統領が27日、米朝首脳会談の開催に向けて協議するため、米国の当局者が北朝鮮に到着したとツイッターで明らかにしたことが背景。

これに先立ち、米国務省は米朝の政府当局者が、韓国と北朝鮮の軍事境界線にある板門店で会談したと発表した。

しかし、ドルの上昇はまもなく息切れし、109.63円付近まで押し戻された。

「きょうは英米市場が休場であり、北朝鮮がらみの思惑が一巡すれば、方向感に乏しい、まったりとした展開になるのではないか」(外為アナリスト)との意見が聞かれた。

米格付け会社のムーディーズは25日、イタリアのソブリン格付け「Baa2」を引き下げの方向で見直すとの方針を明らかにした。

さらに前週末はスペインの政局に対する不安感も持ち上がり、ユーロは1.1647ドルと約半年振りの安値をつけた。さらに原油先物相場の急落や米国株の下落などが加わり、ユーロ/円は127.17円と昨年6月以来の安値をつけた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below