June 3, 2018 / 11:58 PM / 15 days ago

〔マーケットアイ〕外為:米の6月利上げほぼ確実に、ドル/円の下支え

<08:53> 米の6月利上げほぼ確実に、ドル/円の下支え

米金利市場が織り込む6月利上げの確率が急速に持ち直してきた。CMEグループのフェドウォッチによると、6月12─13日の連邦公開市場委員会(FOMC)でFRBがFF金利誘導目標を引き上げる確率は、前週末段階で92.5%へ上昇。イタリアの政治不安が市場を揺るがした前週初には72.5%まで低下していたが、その後の政権発足や5月米雇用統計の堅調さなどから、市場では6月利上げが再び「ほぼ確実視」(ブローカー)される状況となってきた。

ドルは現在109.55円付近で底堅い動き。海外市場では雇用統計の後に一時109.73円まで上昇した。

<07:53> ドル109.00─110.00円の見通し、底堅い

きょうの予想レンジはドル/円が109.00―110.00円、ユーロ/ドルが1.1610─1.1710ドル、ユーロ/円が127.20―128.20円とみられている。

日中は海外市場の流れを引き継いで底堅い展開が続く見込み。イタリアとスペインの国債金利が低下したことなどを受けて、市場はややリスクオンムードに傾いている。ただ、前週から上値抵抗線となっている110円台が近づくと「来週に米朝首脳会談などを控えていることもあり、値動きが重くなる」(国内金融機関)見通しだという。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below