June 7, 2018 / 10:54 PM / 2 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル109.20─110.20円の見通し、新興国通貨の動向を注視

[東京 8日 ロイター] -

<07:48> ドル109.20─110.20円の見通し、新興国通貨の動向を注視

ドル/円は109.71円付近、ユーロ/ドルは1.1799ドル付近、ユーロ/円は129.44円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が109.20―110.20円、ユーロ/ドルが1.1640─1.1740ドル、ユーロ/円が128.80―130.00円とみられている。

きょうは実質的な五・十日にあたることから、仲値公示までは輸入の買いが先行する可能性がある。しかし、前日、ブラジルレアルや南アフリカ・ランドなど新興国通貨が軒並み下落したことから、「リスク回避のムードが残っており、株価が下落幅を広げるようであれば、前日ニューヨーク市場の安値まで下落する可能性がある」(外為アナリスト)との意見が出ていた。

早朝の東京市場では、ブラジルのテメル大統領が、ブラジルに通貨危機のリスクはないと発言したことが伝わった。また、ブラジル中銀の総裁は、金利と為替市場に介入する姿勢を明らかにした。

前日のニューヨーク市場の正午過ぎには、トランプ大統領が、北朝鮮が核プログラムを放棄しなければ、合意はない、と発言したことが伝わり、米長期金利が低下し、ドルも109.48円まで下落した。

トランプ氏はまた、安倍首相との会談後の共同記者会見で、来週の米朝首脳会談が成功裏に終われば、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長をワシントンのホワイトハウスに招待する可能性があることを明らかにしたが、首脳会談がうまくいかなかった場合は、北朝鮮に対する制裁措置を強化する可能性もあるとした。

また、12日の金委員長との会談で拉致問題を取り上げることを確約した。

共同記者会見での両氏の発言について、為替市場は目立った反応を示していない。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below