September 4, 2018 / 6:38 AM / 19 days ago

〔マーケットアイ〕外為:豪ドル80円半ばへ上昇、ドル/円もしっかり

[東京 4日 ロイター] -

<15:23> 豪ドル80円半ばへ上昇、ドル/円もしっかり

豪ドルが79円後半から80円半ばへじりじりと上昇。豪準備銀行(中央銀行)の金利据え置きは予想通りだったが、声明に「(豪ドルは)他の主要通貨と同様に米ドルに対して下落した」と追記したことが、買い戻しを誘うきっかけになったという。

豪中銀は6月まで、声明で「為替レートが上昇する場合、経済活動の好転とインフレ率の上昇が現在想定されているペースより緩やかになることが予想される」と警戒感を示していた。

対豪ドルでの円売りが波及する形で、ドル/円も111.38円まで上昇した。

ただ市場では、豪ドルの上昇は「過去数週間の下げの反動」(外銀)の範囲とする声もあった。

<14:11> トルコリラ、8月個人の取引所取引が過去最大 急落で逆張りも

FX取引所「くりっく365」を運営する東京金融取引所(TFX)によると、8月月間のトルコリラ/円の取引数量は127万6416枚と、15年5月の上場来最大を記録した。

これまでの最大は、8月と同様にリラが急落した今年5月の72万2537枚。その水準を8割近く上回る大商いだったことがわかった。

リラ/円の取引数量は、普段トップのドル/円も大きく上回った。8月のドル/円の取引数量は59万5731枚だった。リラ/円の取引数量がドル/円を上回るのは、今年5月以来2度目。

リラの取引高が激増したのは10日。対立する米国との協議が物別れに終わり、トランプ米大統領がアルミと鉄鋼への追加関税発動を表明。通貨が下落する中、エルドアン大統領は「彼らにドルがあるなら、われわれには神がいる」などと強気の姿勢を崩さなかったが、リラは1日で20%超急落。01年の変動相場制移行後で最大の下げとなり、過去最安値を更新した。

10日の取引数量は1日で約29万枚と月間合計の2割強に達した。個人投資家の多くは金利差収益を狙ってリラを買い持ちにしていたため、急落で損失確定の売りを迫られたようだ。「建玉数量の減少幅等から見て、リラ急落を見て買いを入れた投資家も相応に存在したと考えられる」(TFX)という。

きょうのリラ/円は16円後半と、8月につけた過去最安値15円前半をやや上回る水準でもみあい。トルコ中央銀行は3日に声明を発表し、物価安定の「重大なリスク」に対応する考えを示した。

市場では、13日に行われる政策決定会合で利上げを実施すると示唆した、との受け止めが大勢。ただ、利上げが小幅にとどまるようなら、通貨安が再び加速する可能性があるとの指摘も出ている。

<12:09> 正午のドルは111円前半、NAFTA交渉など控え薄商い

正午のドル/円は、前日東京市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の111.12/14円。

111円前半にはドル買いニーズがあるとされるが、新興国通貨の不安定さが続くなか、逃避先通貨としての円に対する潜在的需要が、ドル/円の上値追い機運をそいでいる。

北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡る米国・カナダの2国間協議が5日再開するほか、6日は2000億ドル相当の中国製品に対する米国の追加関税措置を巡るパブリックオピニオンの期限となっており、これら不透明要素で投機筋の売買も低調だという。

前日下落が一服した豪ドルは再び下げ始め、0.7188米ドルまで下落した。

第2・四半期の経常収支は134億7200万豪ドルの赤字となり、ロイター予想の115億豪ドルの赤字幅を上回った。

アジア通貨ではマレーシアリンギと韓国ウォンが軟調推移となっている。

アルゼンチンペソは前日、政府が緊急経済対策を発表した後も3%超安となり、年初からの下落率は50%を超えている。

<11:34> ドル111円前半、アルゼンチンペソ危機はアジアにも波及

ドルは111.12円付近。小幅なレンジ内での取引が続いているが、新興国通貨不安が続くなか、逃避先通貨としての円の潜在的な需要があるため、円安が進みにくい。

通貨危機の状態にあるアルゼンチンペソは1ドル=38ペソ付近。

アルゼンチン政府は3日、輸出品への新たな課税や歳出大幅カットなどを含む緊急の経済対策を発表したほか、国際通貨基金(IMF)と追加支援について協議を継続していおり、世界銀行も強力な支持を表明している。

しかし、財政赤字への政府の対応やインフレ抑制に対するマクリ大統領の手腕を疑問視する見方が強まっている。 前日の中南米市場では、アルゼンチンペソの売りがさらに強まり、前営業日比で3%を超えて下落した。 アルゼンチンペソは年初高値1ドル=18.39ペソから、足元までで50%以上下落している。

市場では「アルゼンチンの通貨危機は、メキシコ危機を思い出させる。アルゼンチンのデフォルトリスクもささやかれている。当時のメキシコより情勢が悪く、他の市場への波及が心配だ」(国内金融機関)という。

インドネシアのムルヤニ財務相は、アルゼンチンの経済混乱を受けて新興国に対するセンチメントで市場の圧力が長期化するとの見通しを示した。

通貨ルピアは3日、対ドルでアジア通貨危機のさなかの1998年以来の低水準を付けた。

ルピアは対ドルで1万4840ルピア付近。前日の終値は1万4810ルピアだった。

<10:33> ドル111円付近、豪ドルは0.72米ドル付近

ドルは111円付近。111円前半までは実需のドル買い需要がある一方で、依然不安定な新興国通貨を踏まえたリスク回避の円買い需要もあるとされ、上下ともに動きづらい。

豪ドルは0.72000米ドル付近。前日一時2016年12月以来の安値となる0.71655米ドルまで下落した。 豪ドル/円は79.95円付近。前日一時79.49円まで下落し、2016年11月以来の安値をつけた。

豪ドルを巡っては様々な弱材料が上がっている。

「国内政治の混乱のほか、経済のファンダメンタルズが弱く、政策金利が引き下げられる可能性、中国景気に対する懸念など、国内外に豪ドルの売り材料がある」とFXプライムbyGMO、常務取締役の上田眞理人氏は言う。

エコノミストを対象としたロイター調査によると、オーストラリア準備銀行(中央銀行)は来年末ごろまで政策金利を据え置くとの予想が大勢となっているが、利下げを見込むエコノミストもいた。

<09:16> ドル110円後半、豪ドル/円は1年10カ月ぶり安値から反発

ドルは110.93円付近。日経平均がさえない値動きとなっていることで上値が重い。きょうは、このところ軟調なアジア株全般の動きが注目されている。

豪ドル/円は79.84円付近。前日の取引では一時79.49円まで下落し、2016年11月以来の安値をつけた。

前日発表された7月の豪小売売上高は前月比横ばいと、予想の0.3%を下回り、3月以来の弱い結果となり、豪ドルが下落した。エコノミストの間では、緩慢な賃金上昇や住宅市場の減速による家計消費への影響が懸念されている。

また、「豪州は中国との結びつきが強いので、中国景気の減速懸念も豪ドル安の背景にある」(外為アナリスト)との意見が聞かれた。

<07:43> ドル110.60─111.60円の見通し、株価や新興国通貨動向を注視

ドル/円は111円付近、ユーロ/ドルは1.1615ドル付近、ユーロ/円は129円付近。

きょうの予想レンジはドル/円110.60―111.60円、ユーロ/ドルが1.1570─1.1670ドル、ユーロ/円が128.50―129.50円とみられている。

きょうの外為市場では、休場明けの米国市場の動向が注目されるが、アジア時間には株価の値動きに関心が集まっている。

「日経平均は2万3000円台になかなか定着できない。昨日は中国株や香港株も下落しており、引き続きアジア主要株式市場の動向が注目される」(外為アナリスト)という。

個人投資家の証拠金取引(FX)が多いトルコ/円は16.72円付近。前日一時16.21円付近まで下落した。

トルコ中央銀行は3日、物価安定への「重大なリスク」に対応する考えを示した。

3日発表された8月消費者物価指数(CPI)が約15年ぶりの高い伸びである前年比17.9%になったことを受けたもので、金融市場の沈静化を図る狙いだ。

通貨危機の中、脆弱な物価見通しを浮き彫りにした形だ。トルコリラは対ドルで年初から約40%下落しており、食料品から燃料までさまざまな製品コストが跳ね上がっている。

このCPI発表された直後に中銀はコメントを発表。「インフレ見通しに関する最近の動向は、物価安定への重大なリスクを示している。中銀は物価安定を支援するために必要な対応を取る方針だ」とし、「金融スタンスは最近の動向を踏まえ、9月の金融政策委員会で調整される」との見解を明らかにした。

トルコリラは現在1ドル=6.6400リラ。前日日本時間午後8時半には1ドル=6.6100リラだった。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below