September 7, 2018 / 12:38 AM / 2 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル110.38円まで下落、国内勢の買いが焦点

[東京 7日 ロイター] -

<09:25> ドル110.38円まで下落、国内勢の買いが焦点

ドルは110.38円までじり安。前日のWSJの報道を受け、円が堅調に推移している。日経平均が200円を超える下げとなったことも、円高地合いを後押ししているようだ。

市場では7月以降続いた取引レンジの下限となる110円付近を明確に割り込むかに関心が集中している。夏以降、110円割れが迫る場面では「レンジ下限とみた国内勢の直接投資や証券投資に関連する円売りが活発化する」(邦銀)ことが多かったためだ。

今回の報道をきっかけに円高地合いが優勢となり、国内勢がドル買い水準を切り下げるようなら、ドル/円の取引レンジは円高水準へ一段シフトする可能性も出てくるという。

<07:58> ドル110.00─110.90円の見通し、円高地合い

きょうの予想レンジはドル/円が110.00―110.90円、ユーロ/ドルが1.1580─1.1670ドル、ユーロ/円が128.00―129.00円とみられている。

日中は円に上昇圧力がかかりやすい展開が続きそうだ。トランプ米大統領と会談した米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)のコラムニスト、ジェームズ・フリーマン氏は、大統領は日本の指導者と良好な関係にあるが「もちろん私が彼らに対し、彼らがどれだけ支払う必要があるか告げた途端に終わるだろう」と述べたと伝えた。

報道のあった海外市場終盤、日米通商摩擦への懸念の高まりを受けてドル/円は急落。一時110.51円と8月23日以来2週間ぶり安値をつけた。

朝方の市場では「通商問題で日本にはこれまで具体的な言及はなかった。目先は円高圧力が強まりやすい」(信託銀)との声が出ていた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below