October 25, 2018 / 12:17 AM / 20 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル111円後半に下落、株安と米長期金利低下で

[東京 25日 ロイター] -

<09:13> ドル111円後半に下落、株安と米長期金利低下で

ドルは111.85円付近。朝方の高値112.24円から下落した。日経平均が700円を超える下げ幅となったことや、米長期金利が低下していることが背景。

足元までは、円とドルが同時に買われるという、リスク回避相場のパターンを踏襲しているため、日米株の大幅安の割にはドル/円の下げ幅が限定的、との指摘も聞かれる。

しかし「米国株がきょうも続落すれば、リスク回避でドルが買われるものの、円がそれ以上に買われるという流れに転じ、円高が進行する可能性が高まる」(FX会社)との意見も出ている。

<08:14> ドル112円前半、クロス円主導の円高を警戒

ドルは112.09円付近で一時112.04円まで下落した。

ユーロ/円は127.81円付近。ユーロ/円は前日127.78円と8月22日以来の安値をつけた後、早朝の取引で127.73円と一段安となっている。

ユーロ/ドルは1.1397ドル付近で、前日一時1.1378ドルまで下落し8月17日以来の安値をつけた。

ユーロ安の背景はイタリアの財政赤字を巡る政治的混乱と、ユーロ圏諸国の製造業PMIの不調など景気指標の弱さ。

前日、米国株が引けにかけて大幅安となったことを受け、この日はアジア株の下落が警戒されており、リスク回避から「ユーロ/円などクロス円を中心に円高が進む可能性がある」(外為アナリスト)とみられている。

一方、米10年国債利回りは現在3.110/3.1091%の気配。前日は一時3.094%(ビッドサイド)まで下落し、ドル/円の重しとなった。前日のドル/円の安値は112.09円。

<07:45> ドル111.60─112.60円の見通し、日本や中国の株価動向を警戒

ドル/円は112.07円付近、ユーロ/ドルは1.1398ドル付近、ユーロ/円は127.74円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が111.60―112.60円、ユーロ/ドルが1.1350─1.1450ドル、ユーロ/円が127.10―128.30円とみられている。

前日の米国株式市場は終盤に大幅安となった。ダウ平均株価は600ドル超値下がりしたほか、ハイテク株の多いナスダック総合も300ポイント超の大幅な下げを記録した。

この日は五、十日なので仲値まではドル買いのフローが入る可能性があるとされるが、「株式市場がいたんでいるので、ドルの力強い上昇は見込めないだろう。ただ、111円台ではドル買いが入りやすい環境もあるため、大幅な下落もなさそうだ」(外為アナリスト)という。

「目先は23日につけた111.95円、および先週の安値111.60円付近が下値メドとなる」(同)という。

前日の米国債市場では、10年国債利回りが3週間ぶりの低水準を更新した。株安や米経済見通しの悪化に加え、米中間選挙を来月に控えて政治的不透明感が広がっていることも背景にある。

クリーブランド地区連銀のメスター総裁は24日、株式市場の下落が長引き、リスクがつみあがれば、米経済に対する重石になるとした。ただ、現時点ではリセッションの兆しは出ていないとした。

24日には、オバマ全米大統領やヒラリー・クリントン氏、CNNのニューヨーク支局宛ての郵便物から爆発物と見られる不審物が相次いで見つかったことも債券買いを誘った。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below